八ヶ岳高原ライン。南八ヶ岳と清里の自然を体感

水や緑、牧場の自然を満喫できる八ヶ岳のもう一つのドライブコース

夏の避暑地として人気の八ヶ岳。八ヶ岳というと一つの山のように聞こえますが、実際は長野県から山梨県にかけて連なる長大な山脈の総称です。この八ヶ岳の周辺は一大観光スポットとして知られ、夏には高原地帯の涼しい避暑地として、多くの観光客が訪れます。

北は長野県諏訪市や茅野市周辺に、南は山梨県の北杜市、清里周辺にかけてひろがります。そんな高原観光のメッカとも言える八ヶ岳周辺には高原と自然を体感できるドライブコースが有名。

長野県側は、湖や高原を堪能できるビーナスラインが広がりますが、南の清里側も新緑や大自然に囲まれた八ヶ岳高原ラインがオススメ。ビーナスラインのザ、高原といった感じとは異なる、牧場や大自然に囲まれたもう一つの八ヶ岳の顔を見せてくれます。

また、古くから清里では70年以上もの歴史を誇るリゾート地清泉寮など、数々の見所スポットも登場し、充実したドライブの時間にしてくれることでしょう。本日は八ヶ岳のもう一つのドライブ観光スポット、八ヶ岳高原ラインをご紹介します。長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット

八ヶ岳高原ラインへのアクセス

八ヶ岳高原ラインの正式名称は長野県道11号北杜富士見線といい、中央自動車道の小淵沢インターから清里方面へ向かう道路です。その距離は全長約20キロほどで、車で走るだけならば、小淵沢から清里まで30分ほどで行くことができます。カンデオホテルズ茅野から、スタート地点である小淵沢インターの出口まではおよそ、20分ほどで行くことができます。カンデオホテルズ茅野は、八ヶ岳北側のビーナスラインへも30分ほどでいくことができるため、八ヶ岳高原ラインとともにアクセスしやすい場所にあります。

八ヶ岳高原ラインはこちらです

牧場のまきば公園から清泉寮と、緑と水の大自然スポットが満載

八ヶ岳高原ラインはドライブコースとしても楽しむこともできますが、そのコース内にはさまざまな自然を生かした観光スポットが存在します。例えば「まきば公園」は八ヶ岳牧場の一部を開放された牧場公園で、標高1200メートルの高地での牧場を体感できます。

そこでは高原内に放牧された馬やヤギ、羊といった動物たちと触れ合えることも。公園内に設けられたレストランでは、ワインや野菜、牧場の肉など、山梨の地元食材を使用した美味しいご馳走が味わえます。

長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット

また、八ヶ岳高原ラインで最大のリゾート地といえば清泉寮が挙げられるでしょう。清泉寮は70年以上つづく宿泊施設つきリゾートですが、お土産や高原散策だけの利用も盛んな観光地。

ドライブ途中に足をとめ、散策を楽しめます。この清泉寮では清泉寮ソフトクリームと言われるほど有名な牧場ならではの新鮮なソフトクリームが有名。夏の暑い季節にはこの清泉寮ソフトクリームとともにドライブの休憩地点としてオススメです。

長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット

景色としても、トレッキングとしても楽しめる川俣川渓谷と吐竜の滝

八ヶ岳高原ラインや清里を代表する景色として知られるのが、川俣川東沢渓谷地獄谷にかかる赤い橋東沢大橋。八ヶ岳牧場を開放したまきば公園を抜けるとすぐ登場するのがこの赤い橋です。

東沢大橋は秋には紅葉に囲まれた周囲の山々とともに、赤い橋が映え、八ヶ岳高原ラインの見所スポットの一つとして有名です。秋ではなくてもこの景色は雄大で、橋を渡ったすぐの場所に車を止めるビュースポットがあります。

長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット

この東沢大橋には実はもう一つの楽しみがあり、橋の下を流れる川俣川渓谷のトレッキングが楽しめるのです。清里の自然スポットの一つとして有名な吐竜の滝まで遊歩道が整備されており、車をとめて水と自然を存分に堪能することも可能です。

ちなみに渓谷のトレッキングは初夏から秋にかけて、東沢大橋周辺の紅葉の見頃は10月中旬から11月上旬あたりと言われています。

長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット長野 八ヶ岳 清里 ドライブスポット

まとめ

八ヶ岳高原ラインは、もともと八ヶ岳横断有料道路として有料でした。今では無料になっており、八ヶ岳の南側の大自然を体感することができます。

この道路は冬の大雪の時などでは通行止めになることがあるので、オススメの季節は初夏から秋にかけて楽しむことができます。

八ヶ岳は長野県側のビーナスラインでは高原地帯ならではの景色と景観が見所ですが、この八ヶ岳高原ラインの方では、牧場と緑と水の大自然が味わえ、違ったもう一つの楽しみを提供してくれます。

予約バナー茅野