ビーナスラインを完全網羅。見所観光スポットから回り方まで一挙にご紹介

ビーナスラインとは。全長76キロの高原ドライブコース

ビーナスラインは、日本有数の山岳地帯である長野県の高原ドライブコースです。長野県には、北アルプスから南アルプス、八ヶ岳連峰など、数々の山岳地帯が存在しますが、こうした美しい山の大自然を一望することができるのがビーナスラインなのです。

全長76キロメートルにも及ぶそのドライブコースには、数々の見所スポットが登場します。そこでは標高1000メートルから2000メートルクラスの高地ならではの絶景や、独特の景色が登場します。

また、白樺湖や蓼科湖のような夏のリゾートには欠かすことが出来ない湖畔の景色など、日常の疲れをいやしてくれる大自然の姿が味わえます。

カンデオホテルズ茅野がある茅野市から、上田市にある美ヶ原高原まで、あらゆる観光スポットが登場するビーナスライン。本日はその全貌と、おすすめの観光スポットたちをご紹介しましょう。ひと夏の思い出にはおすすめのドライブコースです。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

信州ビーナスラインへのアクセスと全貌

ビーナスラインは、冒頭でご紹介した通り、その距離なんと全長76キロメートルにも及びます。諏訪湖がある諏訪市に隣接する茅野市をスタート地点に、北八ヶ岳連峰を望める蓼科方面に北上し、標高1416メートルの高地にある白樺湖まで進みます。

その後白樺湖から、西に進み、霧ヶ峰連峰や八島ヶ原湿原を経て、上田市にある美ヶ原高原まで北上するルートです。この八島ヶ原湿原から美ヶ原高原までは、11月下旬から4月上旬までは冬季閉鎖される区間なので、注意が必要です。

ちなみに茅野市は、このビーナスラインのスタート地点としても最適な場所にありますが、お隣の諏訪湖へもスムーズにアクセスできる立地条件を整えています。

白樺湖から美ヶ原まではおよそ距離にして40キロ、その間にはさまざまな高原地帯が出現します。ちなみにカンデオホテルズ茅野から白樺湖までは車で約35分ほどの場所にあります。

ビーナスライン

ビーナスラインの回り方

ビーナスラインは、全長76キロメートルの間に、さまざまな観光スポットや絶景スポットが登場します。また、場合によっては、一つの観光スポットをじっくり楽しもうと思うと、一日では、すべてのルートを回ることが難しいかもしれません。

そのため、エリアを絞ったり、ポイントを絞ったりして、各エリアや各スポットを自分なりに組み合わせて回ってみてもいいでしょう。ここでは、ビーナスラインの代表的な回り方をご紹介します。

白樺湖から八島ヶ原湿原まで。ビーナスラインの王道ルート

ビーナスラインで最も王道ともいえるエリアが、白樺湖から八島ヶ原湿原までのおよそ15キロメートルのルートです。

この白樺湖から八島ヶ原湿原までの間には、標高1500メートルクラスの絶景スポットが登場し、日常では決して見ることが出来ない圧巻の風景を目の当たりにすることができます。例えば、のちに詳しくご紹介しますが、白樺湖の美しい景色は湖畔を散策するだけで癒されます。

また、車山高原や霧ヶ峰一体からの眺めは、圧巻の大パノラマを堪能することができるでしょう。更に八島ヶ原湿原では、広大な湿原という珍しい風景に加え、そこでしか目にすることができない高原地帯ならではの植物が登場します。

このように、白樺湖から八島ヶ原湿原までは、ビーナスラインの魅力が凝縮されたエリアといえるでしょう。まさにビーナスラインを代表する王道コースと言えます。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

ビーナスラインのスタート地点、白樺湖周辺

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

ビーナスラインでは高地からの白樺湖も見れます

美ヶ原高原エリア。圧巻の絶景から美術館まで

お次にご紹介するエリアが、美ヶ原高原エリアです。

この美ヶ原高原エリアはビーナスラインの終点ともいえる場所ですが、ここだけでさまざまな見所スポットが登場するのです。

また、美ヶ原高原エリアは、上記でご紹介した王道ルートの延長線上にもあり、八島ヶ原湿原からおよそ24キロメートルほど、車で約50分ほどで行くことができます。そのため、上記の王道ルートに加え、美ヶ原高原エリアまで足を延ばしてもいいでしょう。

こちらの美ヶ原高原エリアでは、なんといっても標高2000メートルから眺める大迫力の絶景が魅力です。また、高地ならでは風景が堪能することが出来ます。

更に、美ヶ原高原には、箱根彫刻の森美術館の姉妹館ともいえる、美ヶ原高原美術館があり、さまざまな美術作品に触れることができます。

美ヶ原高原

北八ヶ岳エリア。遺跡からロープウェイまで

最後に、ビーナスラインの中でも、一番最初に登場するエリアが北八ヶ岳エリアといえる場所です。こちらでは、珍しい縄文時代の遺跡や、蓼科湖、北八ヶ岳ロープウェイなどが登場します。

こちらのエリアの特長は、それぞれ観光スポットが独立してあるため、一つ一つ回るかたちになります。そのため、こちらの観光スポットは、自由に選択して回る方法がおススメです。

北八ヶ岳

ビーナスラインのルート1.北八ヶ岳エリア

それでは、ここから、ビーナスラインの各観光スポットを詳しくご紹介しましょう。ご紹介の仕方ですが、スタート地点である茅野市にあるカンデオホテルズ茅野からスタートし、美ヶ原高原をゴールにした順番でご紹介します。一応、上記で分類した3つのおすすめエリア別に分けてご紹介します。最初は、北八ヶ岳エリアからになります。

尖石・与助尾根遺跡。縄文時代の遺跡が見れる

最初にご紹介するスポットが、尖石・与助尾根遺跡です。こちらはビーナスラインのメイン通りから少し離れた場所にありますが、すぐ近くにあるため、ビーナスラインの観光スポットの一つとして訪れることができます。

尖石・与助尾根遺跡は、縄文時代の遺跡で竪穴式住居などが多数発掘されました。長野県には縄文時代の遺跡などが観光スポットとしいくつか存在しますが、この尖石・与助尾根遺跡もそのうちの一つです。

こちらの遺跡は尖石・与助尾根と二つの遺跡の名前がセットになっていますが、国道をはさんだかたちで、南側が尖石遺跡、北側が与助尾根遺跡です。尖石遺跡は今からさかのぼること約80年以上昔、1929年に発掘が進められ、なんと33カ所にも及ぶ竪穴式住居跡が発掘されました。

現在は、野原になっていますが、その広さがうかがえます。一方、与助尾根遺跡でも28カ所にも上る住居跡が発掘され、そのうちのいくつかが復元され見ることができます。さらにこちらの遺跡では、自然学習スポットとしても利用される場所で、博物館も見学することができます。

尖石・与助尾根遺跡

尖石・与助尾根遺跡の利用案内

所在地: 〒391-0213 長野県茅野市豊平
電話: 0266-76-2270

蓼科湖。美しい湖畔と散策が楽しめる

ビーナスラインには二つの湖が楽しめます。有名な白樺湖とそしてもう一つが、今回ご紹介する蓼科湖です。蓼科湖は、周囲1キロメートルほどの小さな人口湖ですが、周辺は大自然に囲まれ、ゆったりとした時間が流れる場所です。

ちなみに人口湖とはいえ、標高1250メートルの場所に存在するため、周囲に生えている木々は、シラカバやカラマツといった高地の植物が見ることができます。

こちらの蓼科湖は、散策やサイクリング、ボートなどが楽しめるほか、周辺に美術館や彫刻の森公園があることから、レジャーと芸術が味わえる観光スポットとしておすすめです。また春の季節や夏の樹木、秋冬の紅葉など、春夏秋冬で移り変わる景色も魅力の一つです。

蓼科湖

北八ヶ岳と北八ヶ岳ロープウェイ。大絶景の景色と溶岩庭園

ビーナスラインの北八ヶ岳エリアの最大の見所ともいえるのが、北八ヶ岳です。こちらの北八ヶ岳は日本三大アルプスの一つである八ヶ岳連峰のうちの北部の山、北八ヶ岳にロープウェイで登ることができ、さまざまな絶景や珍しい風景、などが楽しめるのが特長です。ここでは、北八ヶ岳の様々な魅力についてご紹介します。

北八ヶ岳

北八ヶ岳ロープウエイ。高低差466メートルの絶景

北八ヶ岳は標高2000メートルにも及び、また険しい山岳地帯であることからロープウェイでのアクセスが可能です。この北八ヶ岳ロープウェイは、ロープウェイ乗り場から山頂駅までの高低差がなんと466メートルにも達し、その距離をわずか7分ほどであがっていきます。

その間、眼下には広大な八ヶ岳が広がり、圧倒的な景色を堪能することができます。また出発地点である山嶺駅ではレストランやお土産などもあり休憩場所としても利用可能。

こちらの駅では、八ヶ岳ならではの存在として「コケモモ」を使ったソフトクリームが味わえます。ちなみにこの「コケモモ」は国定公園である八ヶ岳ならではの高山植物として知られ、採取は一切禁止されています。

北八ヶ岳

縞枯山と坪庭。山頂の溶岩岩の庭園がみどころ

北八ヶ岳ロープウェイで山頂に到着すると、ひときわ目を引く一体があります。それが溶岩石でできている縞枯山と坪庭です。

この北八ヶ岳一体はかつて火山が噴火したという歴史があり、その溶岩が固まって残されている部分があります。それが縞枯山です。

まるで溶岩の部分が縞模様に見えるこの小さい山は、坪庭という庭園として散策が可能。非常にめずらしい高山植物が多数生い茂っており、約30分で一周することができるので、ぜひ散策してみてはいかがでしょうか。

またここからは八ヶ岳連峰と南アルプスの大絶景が見渡すことができます。

北八ヶ岳

北八ヶ岳ロープウェイの利用案内

ロープウェイ料金:おとな1900円、小学生:950円
乗車時間:7分
運転間隔:通常20分間隔
運行時間:季節によって異なる

白樺湖から八島ヶ原湿原までのコース。全長15キロに目白押し

さて、北八ヶ岳ロープウェイの乗り場から13キロほど北上した場所に登場するのが、ビーナスラインのメインコースの象徴ともいえる白樺湖です。

ここ白樺湖から八島ヶ原湿原まで西に15キロのラインに、ビーナスラインのメインの観光スポットたちが集中して登場します。そこでは標高1500メートルクラスの高地ならではの絶景と、珍しい風景が続々と登場します。

白樺湖。大自然のレジャーから食事スポットまで

ビーナスラインのメインスポットのうち最初のスタート地点として登場する場所が白樺湖です。白樺湖は、このあたりに生えている高山植物であるシラカバから名づけられた湖で、人工的に作られた湖です。

この場所も標高1416メートルもの高地にあり、澄んだ空気と美しい風景が見所です。この白樺湖の周辺には、散策道やボート乗り場、美術館、ゴルフ場などが設けられておりリゾート地としてお楽しみがいっぱいです。

ちなみに白樺湖はもともと農地用の貯水池として作られたもので、周囲3.8キロメートルの広さを誇り、ビーナスラインの観光の象徴的な存在ともいえるでしょう。何よりも初夏から夏にかけては美しい新緑や白樺とともに、湖畔の散策が最高の癒しとなります。

また、周辺には、ぬいぐるみのテディベアで有名なテディベア美術館や、世界の影絵・切り絵美術館といったアート作品に親しめる場所もあり、湖畔にある池の平レイクサイドプラザでは食事やお土産が完備されています。

白樺湖周辺でも1日ゆったりと過ごすのにはいいでしょう。

白樺湖

白樺湖の利用案内

所在地:〒391-0301 長野県茅野市北山白樺湖

車山高原。日本アルプスや白樺湖の絶景

さていよいよ、白樺湖から美ヶ原高原までのドライブコースが始まりますが、全長40キロメートルほどの間には3つの高原に一つの湿原が登場します。まずはじめに登場するのが車山高原で、この車山高原は日本百名山の一つにも挙げられる霧ヶ峰の主峰とされています。

冬の時期はスキー場として利用が盛んな場所ですが暑い時期にはリフトを利用して山頂付近まで一気に登ることができます。車山高原の場所は標高1566メートルですが、リフトで到達する山頂はなんと標高1925メートルという高さ。2本のリフトを乗り継いで山頂まで到達します。その時間は約15分ほどで、そのてっぺんからは雄大な高原パノラマを目の当たりにできるのが魅力。

蓼科山や蓼科湖を始め八ヶ岳連峰、天気が良ければ富士山からアルプス山脈まで見える景色です。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

車山高原

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

ロープウェーで山頂まで登ります

霧ヶ峰高原。標高1900メートルの絶景

続いて登場するのがもう一つの高原、霧ヶ峰高原です。先にご紹介した車山高原も霧ヶ峰の一部で、次にご紹介する八島ヶ原湿原も霧ヶ峰高原の一部なのですが、この霧ヶ峰として絶景が見られるビューポイントがビーナスラインには存在します。

霧ヶ峰高原は、車山の一部で、標高1900メートルにも上ります。この霧ヶ峰高原からも車山高原と同じくらいの大パノラマが堪能することができます。ちなみにこの霧ヶ峰は火山で、130万年前から75万年前に活動していました。

この霧ヶ峰は非常に広く、車山から、お次にご紹介する八島ヶ原湿原までの一体を含み、独特の高山植物や高地ならではの風景が楽しめます。また、こちらは日本におけるグライダー発祥の地とされており、現在もグライダーが飛行する場所といわれています。

この霧ヶ峰富士見台といわれる展望スポットからは八ヶ岳連峰だけではなく、富士山や南アルプス、中央アルプスなどが雄大に広がり、圧巻の景色を目の当たりにしてくれます。

また、展望スポットから降りられる遊歩道があり、そこでは日常なかなか目にすることができない高山植物が生い茂ります。

また霧ヶ峰高原は非常に広く、ビーナスラインのずっと先に、歩いて回れる高原の遊歩道が整備され、近くにお土産や休憩、ガソリンスタンドがあります。ちなみにここのガソリンスタンドは、このビーナスラインで唯一のガソリンスタンドになるため、ガソリンはしっかり給油しておきましょう。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

霧ヶ峰全体が広がり、展望スポットが点在します

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

八ヶ岳や南アルプスが広がります

八島ヶ原湿原。広大な湿原地帯の絶景と珍しい高山植物

ビーナスラインの中でも最大の見所の一つが八島ヶ原湿原です。八島ヶ原湿原は、上記でご紹介した霧ヶ峰の一部に含まれる場所で、湿原全体が国の天然記念物に指定されています。

この八島ヶ原湿原の最大の見所は、他では中々見ることが出来ない広大な湿原を目の当たりにできるのです。湿原とは湿地帯の一種類ですが、泥炭といわれる死んだ植物の遺体が体積されて形成されている場所です。

特にこの湿原は日本でも数カ所しかなく、八島ヶ原湿原はそのうちの貴重な一つといえるでしょう。ちなみになぜ死んだ植物がそのまま体積するかというと標高1600メートルクラスの高地にあることで、常に寒冷な気候であることから、死んだ植物が分解されることがなく、そのまま積み重なってしまうのです。

八島ヶ原湿原の植物たちもなんと、1万2千年前の植物の遺体が積み重なってできたものでありその層の厚さはなんと8メートルにも達するとされています。

この八島ヶ原湿原では、入り口がちょっと小高い丘になっており、湿原全体を見下ろすことができるのです。その広さや独得の風景は他の絶景スポットとは異なる、貴重な姿を見せてくれることでしょう。また、八島ヶ原湿原の見所は絶景だけではありません。

そこでは約400種類にも及ぶ貴重な高山植物が生息しており、四季折々によってその姿を変えることで知られています。新緑の季節や秋の紅葉など、八島ヶ原湿原ならではの美しい姿を見ることができます。

この八島ヶ原湿原の散策には、駐車場にある八島ビジターセンターでガイドウォークなども行っているため、より知りたい方には最適です。散策すると1時間ほどで巡ることができます。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

天然記念物の湿原

美ヶ原高原エリアへ。標高2000メートルクラスの風景

ビーナスラインの終点ともいえるエリアが美ヶ原高原エリアです。上記でご紹介した八島ヶ原湿原から車で約50分ほど、更に北上すると標高2000メートルクラスの美ヶ原高原が登場します。この美ヶ原高原では、ビーナスラインで登場してきたこれまでの風景をさらに超える高さから眺める大パノラマが堪能することができます。

また同時に標高2000メートルならではの風景が堪能できます。更に美しい芸術作品に親しめる美ヶ原高原美術館など、魅力的な様々なスポットが登場します。ぜひビーナスラインの終点として中々見ることが出来ない境地に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

長野 ドライブコース 蓼科 ビーナスライン

ビーナスラインの終点スポット

牧場散策。雲の中を進む散策ルート

美ヶ原高原は、ビーナスラインの観光スポットの中でもひときわ高い場所にあります。既にご紹介した通りその標高は2000メートル級に達しますが、そこはもはや自分の周りに雲があるレベルです。

この雲の回りを歩ける散策コースが、美ヶ原高原の最大の見所の一つでもあり、他では見ることが出来ない独得の風景を楽しむことができます。このコースは美ヶ原パノラマコースといわれ、テレビ塔や美しの塔といった見所スポットが登場します。

この美ヶ原パノラマコースは、歩くと約1時間ほどの周遊コースで、その中では様々な風景が登場します。また、夏季には牧草地帯として知られ、数多くの放牧された牛が見れることでしょう。

ちなみに、美ヶ原高原の牧草地帯としての歴史は古く、なんと今から1000年以上も昔、平安時代から牧草地帯として使用されてきた歴史があります。

平安時代には、朝廷専用の牧場もあり、勅使牧といわれる専用の牧場が16カ所もあったことで知られます。この牧場としての歴史は延喜式にも記録されているほどです。

周囲を雲に取り囲まれ、さまざまな高山植物が生い茂る標高2000メートルならではの風景が楽しめます。美ヶ原高原にはもう一つの周遊コースがあり、それが美ヶ原高原美術館にいくコースです。

この周遊コースでは、美ヶ原高原美術館の彫刻作品が横にかいま見れるコースで、美術館への期待が高まります。

美ヶ原高原

美ヶ原高原美術館

美ヶ原高原のもう一つの見所スポットが美ヶ原高原美術館です。先に美ヶ原高原の散策コースについてご紹介しましたが、もう一つのルートをとおっていくことが出来ます。またこの美ヶ原高原美術館は車でも行くことが可能です。

こちらの美ヶ原高原美術館は、箱根にある箱根彫刻の森美術館の姉妹美術館として知られ、箱根彫刻の森美術館と同様、野外での彫刻作品が見所です。美ヶ原高原美術館で見れる野外彫刻の作品はおよそ350点、4万坪の敷地内に自然とともにある彫刻作品に心が癒されることでしょう。

この彫刻作品は日本だけではなく海外のアーティストのものもあり、芸術と自然を体感することができます。この美ヶ原高原美術館では、アート作品以外にも見所が存在します。

それがおよそ200種類にも及ぶ高山植物です。ここの植物が見ることができるのが5月から9月の間で、雪に閉ざされる前の期間で見ることができます。この美ヶ原高原美術館で見ることができる植物たちも、国定公園の一部であることから、持ち出しは絶対禁止です。

美ヶ原高原美術館

美ヶ原高原美術館の利用案内

所在地:〒386-0507 長野県上田市武石上本入美ヶ原高原
TEL:0268-86-2331(代表)0268-85-2111(冬季:12月~3月)
開館期間:年度ごとに決まる。大体4月から11月
入場料金:大人1000円、大学生・高校生800円、小中学生700円
駐車場:あり 800台

ビーナスラインの観光の注意点

これまで茅野市から上田市の美ヶ原高原までのビーナスラインの観光スポットをご紹介してきましたが、ここではビーナスラインの観光の際の注意点もご紹介しておきましょう。

ガソリンには注意。ガソリンスタンドも少ない

ビーナスラインは全長76キロメートルにも及ぶことから、ガソリンには十分注意が必要です。回るルートや訪れる観光スポットにもよりますが、全部のルートをドライブする場合には、ガソリンスタンドがほとんどないため、残りの燃料に注意して走行する必要があります。

唯一あるガソリンスタンドが、霧ヶ峰高原から八島ヶ原湿原へいく途中にある霧ヶ峰SSです。こちらでは、食事処やお土産なども販売しているので休憩にもいいでしょう。

冬季の季節は通行止め、しまっている場所も

ビーナスラインを観光する上でもう一つの注意点が、季節によっては、観光スポットが閉まっている可能性もあり、事前に確認が必要です。

例えば冬の季節が始まる11月から4月までは通行止めになっている区間もあります。例えば、先にご紹介した美ヶ原高原へ行くルートや、美ヶ原高原美術館などは、冬季にかぶる場合は、通行可能な時期や開催期間をチェックしてから行くようにしましょう。

ビーナスラインの周辺観光エリア

ビーナスラインは、全長76キロメートルのドライブコースですが、周辺の観光エリアへアクセスするルートとして利用しながら、絶景スポットを見てみてもいいかもしれません。

基本的には茅野市をスタートラインにして北上する感じですがルートによってはそのほかの観光スポットへ抜けることも可能です。

諏訪湖周辺

ビーナスラインの見所スポットのひとつに八島ヶ原湿原があげられますが、八島ヶ原湿原から北上すると美ヶ原高原になります。

一般的にはそのまま美ヶ原高原に行くルートがビーナスラインとされていますが、そのまま西に進むとわずか30分ほどで諏訪湖へアクセスすることが可能です。

特に諏訪大社下社がある下諏訪方面へは八島ヶ原湿原から13キロメートルほどの距離で行くことが可能なため、ビーナスラインを八島ヶ原湿原で切り上げ、そのまま下諏訪観光へ行く方法もあります。

諏訪湖は、ビーナスラインとともに、長野の中心的な観光スポットであり、有名な諏訪大社が4カ所あったり、有名な水城といわれる高島城跡、また諏訪市湖畔公園など多数の見所があります。

諏訪湖

松本周辺

八島ヶ原湿原から諏訪湖周辺にもアクセス可能ですが、1時間ほどで松本まで行くことが可能です。松本は、長野県の観光スポットの中でも、ひときわ有名なエリアで、国宝松本城など、数多くの見所スポットが存在します。

また長野市についで長野県の中では第2位の商業販売額を誇る都市で、商店街なども充実しています。また大王わさび農場などがある安曇野市などにもアクセスが良く、松本は一つの見所エリアとしておすすめです。

松本城

上田市周辺

ビーナスラインの終点ともいえる美ヶ原高原は、実は上田市に所属しています。そのためそのまま北上し上田市の観光をスポットを訪れるという方法もあります。上田市は、かの有名な戦国武将真田昌幸、幸村親子で有名な地域で、真田昌幸が築城した上田城をはじめ真田氏ゆかりの観光スポットがおススメといわれています。

更には、信州最古の温泉といわれる別所温泉があり、歴史と温泉が楽しめるエリアが豊富です。

上田城

南八ヶ岳のドライブコースも

ビーナスラインと続いてはいませんが、ビーナスラインと双璧を成すエリアとして見所があるのが南八ヶ岳のドライブコースである八ヶ岳高原ラインです。

八ヶ岳高原ラインは、その名前の通り南八ヶ岳周辺を巡るコースであり、ビーナスラインが北八ヶ岳連峰を望むのとは対照をなしているといえるでしょう。

この八ヶ岳高原ラインで見れる風景は、ビーナスラインとは異なる、牧草地帯の新緑の風景が見所で、八ヶ岳牧場や清泉寮、吐竜の滝など、美しい自然観光スポットが目白押しです。

また、こちらでは八ヶ岳アウトレットなど、他では味わえない、大自然の中のアウトレットも楽しめます。ビーナスラインがある諏訪インターとは少し離れていますが、同じ八ヶ岳周辺やドライブコースとして、こちらもおすすめです。

南八ヶ岳

まとめ

これまでご紹介してきた通りビーナスラインは、長野の高原観光が集約された観光スポットです。特に新緑の季節から夏、秋にかけては、季節ごとの美しい風景を目の当たりに擦ることができるでしょう。

蓼科湖や白樺湖、八島ヶ原湿原から美ヶ原高原まで、他の観光スポットでは中々見ることが出来ない貴重な風景が楽しめます。また回り方や観光スポットは自由に選択して回ってみてもいいでしょう。