宇和民具館。江戸から明治の民具が大集結

宇和民具館とは。情緒あふれる街の民具たち

今回ご紹介する宇和民具館は、江戸時代や明治の街並みが残る宇和町卯之町に存在する観光スポットです。宇和町卯之町は建物だけではなく街並みそのものが重要文化財である重要伝統的建造物群保存地区に登録されている町のこと。

宇和町卯之町は江戸時代には宇和島藩の在郷町としてさかえ、四国八十八箇所霊場の一つ明石寺の門前町としても栄えました歴史を持つ町です。街並みや観光スポットなどもさることながら、そんな歴史ある宇和町卯之町には、この街で生産されていた貴重の民具も歴史的なものとして見所が盛りだくさんです。

ちなみに民具とは日常生活の中においてさまざまな用途に応じて作られた道具のことで、一般的には現代の大量生産される道具とは一線を画す、前時代の道具とも言える存在です。

現在の日用品はその大半がプラスチックなどで大量生産されたものですが、民具とは、木材がベースとなっており、生活の知恵が数多く含まれた道具たちです。

また、その範囲は非常に幅広く、例えば家具や衣服なども生活に関わるものも民具に含まれますし、農具や狩猟、染色、畜産といった生業に関わるものも民具に含まれます。更には民具は生活必需品としてだけではなく全く別の用途で用いられるものも含まれます。

それは婚礼や葬式、お祭りなどの儀礼、行事に使用される道具のことで、いうなれば、その地域ならではの文化や風習が色濃く反映されるのが特長といえるでしょう。この宇和町卯之町においても、重要伝統的建造物群保存地区の建物と同様に、かつてこの街で作られた民具も数多く残されており、その姿をまのあたりにすることができます。

本日は宇和町卯之町の見所スポットの一つ宇和民具館をご紹介します。

宇和民具館

宇和民具館の見所 5000点の民具が集結

宇和民具館の最大の見所は、宇和町卯之町で生産され、使用されていた様々な民具を多数見ることができる点です。

先にご紹介した通り、民具には生活用品から婚礼などの祭事で用いられるものなどさまざまな道具が存在しますが、宇和民具館では、その数はなんと5000点にも上ります。中には、商売用に使用されていた民具まで、そのレパートリーは非常に豊富です。

また民具館としても国内有数の規模を誇り、1階から地下1階にかけて多数のさまざまな民具が展示されています。展示方法は、常設展示室・収蔵展示室・企画展示室の3種類に分けられており、宇和町卯之町の文化や風土だけではなく古き良き日本の昔を味わうことができるでしょう。

ちなみにこの宇和民具館が面白いのは、5000点にも及ぶ民具だけではありません。その入口は重要伝統的建造物群保存地区の街並みから開明学校の入口の坂道を登った先に有りますが、地下1階の方は、重要伝統的建造物群保存地区のとおりに面しているのが特長です。

とりわけ地下1階では、かつての古民家のようなものをそのまま使用されており、単純に民具が展示されるだけではなく、生活スタイルに則った形で民具が展示されており、実際の当時の生活スタイルを体験することができるのです。

宇和民具館

宇和民具館の利用案内

所在地:愛媛県西予市宇和町卯之町三丁目106番地

TEL:0894-62-1334

営業時間:9時~17時(入館は16時30分まで)

定休日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日が休館)、年末年始

入館料:大人500円、小人300円 開明学校とセット

駐車場   市営駐車場あり

宇和民具館へのアクセス

宇和民具館は宇和町卯之町の重要伝統的建造物群保存地区の最大の見所でもある開明学校の手前にあります。開明学校の入場チケットもこの宇和民具館で購入することができるため、セットで見られることをオススメします。

重要伝統的建造物群保存地区は、およそ数百メートルの街並みですが、そこに江戸や明治の時代に紛れ込んだような街が広がります。その回り方は、電車でアクセスする場合には予讃線の卯之町駅から徒歩5分ほど、車で訪れる場合には、宇和先哲記念館の駐車場なども利用可能です。

周辺には上記で述べた開明学校以外に高野長英の隠れ家などもあります。ちなみにカンデオホテルズ松山大街道から宇和町卯之町までは高速道路を使って車で約1時間10分ほどで行くことが可能です。

宇和民具館とセットで回りたい宇和町卯之町の観光スポット

宇和民具館には、宇和町卯之町にあるということからその周辺にさまざまな観光スポットが登場します。その多くが、江戸時代や明治時代の名残を感じさせてくれる建物ばかりです。

また、宇和民具館自体も、宇和町卯之町で最大の見所スポットともいえる開明学校と共通券であることから、開明学校の観光は外すことができません。ここでは宇和民具館とセットで楽しめるおすすめ観光スポットをご紹介しましょう。

宇和町

開明学校。宇和民具館とセットで見れる

開明学校は、宇和民具館と共通券で見ることができる四国最古の小学校です。その建物はなんと130年前に作られたもので、その貴重な姿を目の当たりにすることができます。

もともと日本の江戸時代は非常に教育が行き届いており、江戸時代には武士は藩校、町人は寺子屋で読み書きを習い覚え、しっかりとした教育がなされていました。しかも宇和町卯之町がある宇和島藩は伊達家10万石の藩として、蘭学をはじめ非常に教育熱心な藩でした。

そんな流れから、明治維新を迎えて近代化の道を歩き始めた後も、教育への取組は素早いものだったのです。もともと宇和町卯之町にはた私塾である申義堂が存在しましたが、近代的な学校体制ができると、この街でもいち早く学校を作ろうという動きが起こります。

そうして1882年、明治15年に完成したのが開明学校です。四国最古ということは四国で一番早い時期に作られた小学校の一つであり、その姿は大変貴重です。この開明学校の校舎は、木造2階建てで、明治時代の建築物らしく和洋折衷です。

しかもこの校舎は外から見るだけではなく実際に中に入ることが可能で、二階の教室にも上がることができるのです。そこでは現在は失われてしまった木造の教室と机があり、懐かしい日本の小学校の原型が登場します。更にこの開明学校の見所は建物だけではありません。

貴重な教育関連の資料も残されており、その数は6000点にも上るとか。宇和町卯之町で最大の見所スポットです。

開明学校

宇和米博物館。109メートルの廊下が見れる

学校つながりの観光スポットとして、もう一つご紹介したいのが宇和米博物館です。宇和米博物館は、現在お米に関する博物館になっていますが、もともとは昭和3年に建てられた小学校の校舎です。

そのため最大の見所も昔ながらの小学校の校舎そのものなのです。開明学校が明治時代の小学校が楽しめるとすれば、宇和米博物館は昭和の古き良き懐かしい小学校が楽しめます。なんといっても最大の見所は全長109メートルにも及ぶ長大な木造の廊下です。

こうした廊下は今では見ることができません。この109メートルの廊下は、雑巾がけコンテストという珍しい取組があり、200円で参加することができます。この廊下の雑巾がけを行いタイムを競うというものです。また、宇和米博物館では、各部屋に展示されたさまざまな農耕具を見ることができます。

現在農業もその多くが機械化されており、木製など昔ながらの農耕具は中々見ることができません。そうした点からも宇和民具館と共通の感じが楽しめます。ちなみにこの校舎は実はつい最近まで実際にしようされていたとのことで、現在は目の前にある宇和町小学校に移転しています。

宇和民具館

宇和米博物館の利用案内

所在地:〒797-0015 愛媛県西予市宇和町卯之町2-24

TEL:0894-62-6517

営業時間: 9時~17時

定休日:月曜日

高野長英の隠れ家と二宮敬作住居跡

宇和町卯之町は、宇和島藩の在郷町として、存在していましたが、ここには日本の医学界を代表する三人の人物にゆかりがある場所なのです。江戸時代後期に、蘭学、いわゆるオランダから医学がつたわりましたが、宇和島藩は特にこの蘭学を取り入れ、自国の近代化につとめたことで知られます。それを代表する人物の一人が高野長英です。高野長英は、オランダからきたシーボルトの開いた塾、鳴滝塾の熟成で、医者としても蘭学者としても有名な人物です。幕府の鎖国政策を批判して追われ、この宇和町卯之町に隠れていたことがあるのです。そんな高野長英の隠れ家もここで見ることができるのです。

また、この高野長英をかくまったのが、同じくシーボルト門下であった二宮敬作です。高野長英の隠れ家は二宮敬作の家の離れで、二宮敬作は高野長英をかくまうだけではなく、宇和島藩の殿様である伊達宗城に紹介し、兵書の翻訳や藩の兵器の洋式化に勤めました。

この二宮敬作はまた、シーボルトが日本に残した娘で、日本で最初の女医でもあるイネを養育したことでも知られています。この宇和町卯之町では、二宮敬作とイネの済んだ場所でもあるのです。

二宮敬作がこの地にすんだのは天保元年1833年から安政5年1858年までの25年間といわれており、その間、地元の開業医として人々の健康を見るとともに、イネを養育したと言われています。

また、この二宮敬作とイネとも関係があった近代兵制を作ったとされる大村益次郎は、当初宇和島藩に雇われる際、この宇和町卯之町を訪れて、二宮敬作を訪問したともいわれています。

高野長英

まとめ

重要伝統的建造物群保存地区が宇和町卯之町の街並みを残すのであれば、宇和民具館は道具や生活、風習といったモノを残すものとして、一見の価値ありです。江戸から明治にかけての街並みと実際のその暮らしぶりをまのあたりにすることでより旅が奥深いものになることでしょう。

また、この宇和民具館は宇和町卯之町の最大の見所スポットでもある重要文化財の開明学校の目の前でもあるためセットで見られることをオススメします。更に宇和米博物館や宇和町卯之町の古き良き町並みなど、充実した観光が楽しめます。