天王寺動物園。100年以上の歴史を持つ動物園

 日本で2番目に古く100年以上の歴史を持つ

商人の町として有名な大阪。大阪のグルメが集う道頓堀から、西日本最大の商業エリアである梅田、更にはかつての水の都を連想させる大阪城周辺まで、歴史や食、ショッピングなど、さまざまなジャンルの観光が楽しめます。そんな大阪の観光で、憩いの場としてゆったりとした時間を過ごせるおすすめな場所が天王寺公園です。

天王寺公園の中には美術館や日本庭園、動物園など様々な見所スポットが存在します。本日はその中でも、100年以上の歴史を誇る天王寺動物園をご紹介しましょう。天王寺動物園は、その始まりは今からさかのぼること100年以上昔、1915年、なんと大正4年の創業です。

この古さは、東京の上野動物公園に次いで2位(ちなみに上野動物園は1882年)で、2006年には総入場者数が1億人をこえたとの記録もあるほどです。現在、天王寺動物園は、11ヘクタールにも及ぶ敷地内に、およそ200種類900点の動物が存在します。

本日は、そんな100年以上もの歴史を持つ動物園で、大阪の憩いの観光スポットである天王寺動物園と、その周辺の観光スポットをご紹介します。

大阪 観光スポット 天王寺公園 大阪 観光スポット 天王寺公園 大阪 観光スポット 天王寺公園

天王寺動物園の全体図とその見所

天王寺動物園は、総面積11ヘクタールという敷地内に、およそ200種900点にも及ぶ動物たちが収容されています。その構造は大きく分けると、アフリカサバンナゾーン、アジアの熱帯雨林ゾーン、ふれあい広場ゾーン、鳥の楽園ゾーンと4つのエリアに分かれています。

基本的に入り口のエントランスを中心にその4つのエリアが取り囲む形で展開されており自由に回ることができます。

大阪 観光スポット 天王寺動物園

アフリカサバンナゾーン。サバンナの雰囲気とカバの餌やりが見所

天王寺動物園の中において、最も大きな面積を占めるエリアがアフリカサバンナゾーンです。アフリカサバンナゾーンでは、動物園の醍醐味ともいえる猛獣や大きな動物が展示されており、ライオンやトラ、ジャガー、オオカミといった猛獣類、カバやサイ、キリンといった大きな動物が見所です。

周遊する周辺の環境もサバンナの環境を忠実に再現されており、岩山を歩きながら回る生体展示が見所です。また、アフリカサバンナゾーンの最大の見所の一つとして、カバの餌やりがあります。巨大な口を開いて食べるカバの大迫力の食事が楽しめます。

大阪 観光スポット 天王寺動物園 大阪 観光スポット 天王寺動物園

 ふれあい広場ゾーン。動物たちと触れ合える

アフリカサバンナゾーンの上、ちょうど動物園の中央部の半分を占めるのがふれあい広場ゾーンです。このふれあい広場ゾーンは、その名前の通り実際に動物たちと身近に触れ合えることを目的としたゾーンで、平成27年に開設した比較的新しいエリアです。

ヒツジやヤギに餌をあげられることや、ペンギンや鶴といった動物も目の当たりにすることができます。

大阪 観光スポット 天王寺動物園 大阪 観光スポット 天王寺動物園大阪 観光スポット 天王寺動物園

アジアの熱帯雨林ゾーン。大迫力のゾウが見所

こちらのアジアの熱帯雨林ゾーンも、アフリカサバンナゾーンと同じック生体的展示を取り入れ、アジアの熱帯雨林を再現した環境で見学が楽しめます。特にこちらのゾーンでは、最大の大きさを誇る動物ゾウが見ることができます。

更に夜行性動物専用の展示も設けられ、天王寺動物園でしか見ることが出来ないキーウィも見ることができます。また、子供たちに人気なコアラのコアラ館や、ヒヒ舎など、アジアの動物たちが見所です。

大阪 観光スポット 天王寺動物園

鳥の楽園ゾーン。ホッキョクグマやアシカなど、水族館の動物も見れる

最後に、天王寺動物園の中でも水族館のような動物たちが見れるエリアが鳥の楽園ゾーンです。こちらの展示は泉やダム、小川といった自然環境が再現されたエリアに鳥を中心にした展示を楽しめるのが特長です。

また、こちらではアシカやホッキョクグマといった水族館でしか見れない動物たちが存在しているのが特長で、特にホッキョクグマはプールで泳ぐさまやおやつタイムの食事が目の当たりにできるのが見所です。

 

天王寺動物園の特長。生態展示によるランドスケープ

動物園の展示方法は実は様々な展示方法が存在します。最近有名なのが北海道の旭山動物園のような行動展示といわれるもので、動物それぞれの行動や特技などによって、自然な生態を誘発する展示が人気ですが、動物園の展示方法は多種多様に存在するのです。

一般的には単なる展示だけ行う形態展示や、同じ地域に住む動物をひとまとめにした地理学展示など、が一般的ですが、天王寺動物園は生態展示といわれる独特の手法を使用して展示しているのです。生態展示とは、ランドスケープすなわち空間をそのまま現地の動物たちが生息している環境を再現する手法で、動物の多様性を引き出し、異常行動を減らす効果があるとされています。

動物園は、その特殊な構造や環境から動物たちにとっても、本来の生息場所とは異なるということから、極力同じような環境を再現することで、動物たちに優しい環境を造るという配慮の元作られました。また、訪れる人にとっても、実際にサバンナや熱帯雨林のような雰囲気の中動物が見れることで、非日常を体感できるとして人気となっています。

大阪 観光スポット 天王寺動物園 大阪 観光スポット 天王寺動物園 大阪 観光スポット 天王寺動物園

天王寺動物園の利用案合

所在地:〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108

TEL : 06-6771-8401

開園時間:9時30分~17時00分(入園は16時まで)(5月・9月の土日祝日は18時まで開園、入園は17時まで)

入園料:大人500円、小中学生200円、団体割引あり

休園日:毎週月曜日(休日にあたる場合は翌平日休)

天王寺動物園の周辺観光スポット。合わせて見たい観光スポット

天王寺動物園は、冒頭でもご紹介しました通り、天王寺公園の中の一角を占める動物園です。そのため、周辺には天王寺公園の観光スポットや、さまざまな見所スポットが存在するのです。

ここでは天王寺動物園の観光と合わせて見たい、周辺の見所スポットをご紹介しましょう。

 

 新世界と通天閣

天王寺動物園の入り口の手前にあるのが、新世界といわれる繁華街です。新世界の繁華街としての歴史は非常に古く、大阪で内国博覧会が開催された1903年、明治36年にさかのぼるといわれています。

ちなみにもともと天王寺公園は内国博覧会の敷地として整備されたもので、新世界はその博覧会に来る人々に向けて作られた商業エリアだったのです。この新世界は昭和の名残を濃厚に残している街並みが特長で、大阪ならではの串カツやお好み焼きなど様々な飲み屋が存在します。

また新世界の中心的な存在として有名なのが通天閣で、通天閣は大阪の観光の象徴的な存在です。通天閣は高さ108メートルの高さを誇り、周辺の天王寺エリアが見渡すことができるだけではなく、中ではザ・大阪ともいえる展示が楽しめます。

こちらは天王寺動物園からも歩いてすぐの場所にあるので、セットで訪れるのもいいでしょう。

大阪 観光スポット 新世界 通天閣 大阪 観光スポット 新世界 通天閣 大阪 観光スポット 新世界 通天閣

天王寺公園。茶臼山や日本庭園の慶沢園、大阪市立美術館

天王寺動物園は先にもご紹介した通り天王寺公園の一部です。そのため天王寺動物園から先に広がる天王寺公園には様々な見所スポットが登場します。その中でも特に見所といえる場所が、茶臼山や日本庭園の慶沢園、大阪市立美術館です。

茶臼山は、かつて古墳として知られる場所でしたが、戦国時代の最後の戦いともいえる大阪夏の陣で、有名な真田幸村が本陣を構えた場所として知られています。真田幸村は2016年の大河ドラマにもなった日本を代表する武将で、幸村はこの茶臼山を中心に、何度も徳川家康の本陣に突撃したとされています。

ちなみに、天王寺公園のすぐ北にある安居神社は幸村最後の地として知られ、戦いで疲れ果てたところを討たれた場所としても有名です。天王寺公園はこの茶臼山のすぐ南に、日本庭園である慶沢園と大阪市立美術館があります。慶沢園は純日本風の庭園で、現在の住友グループの元ともなっている豪商住友家が所有していた日本庭園に入ることができます。この庭園は林泉回遊式庭園で、茶室などの利用も可能です。

また、大阪市立美術館ももともとは住友家の本邸宅であった場所で、日本・中国の絵画・彫刻・工芸など8000件が収蔵されています。

大阪 観光スポット 天王寺 茶臼山 大阪 観光スポット 天王寺 茶臼山大阪 観光スポット 天王寺 大阪市立美術館 大阪 観光スポット 天王寺公園

あべのハルカス展望台。日本一高いビルの大絶景

天王寺動物園と天王寺公園の最寄り駅は天王寺駅です。この天王寺 

駅の駅ビルとして、2014年に開業したのが高さ300メートルを誇る日本一高いビルあべのハルカスです。このあべのハルカスはデパートやホテルなどの複合商業施設ですが、その見所は最上階の展望台です。展望フロアは地上278メートルから300メートルにも及ぶフロアで、58階から60階、更には屋上のヘリポートまでを含みます。

この展望フロア、ハルカス300は大阪市街だけではなく、兵庫県や淡路島など、他のビルでは味わうことが出来ない大絶景が見ることができるのです。また超高速で278メートルまで上がるエレベーターや、有料のヘリポート見学など、見所が盛りだくさんです。

大阪 観光スポット あべのハルカス  大阪 観光スポット あべのハルカス 展望台

四天王寺。聖徳太子建立、飛鳥時代の伽藍配置が見所の寺

大阪の天王寺エリアの名前の由来ともなったお寺が四天王寺です。四天王寺は、日本の歴史で有名な聖徳太子が建立したとされる非常に歴史があるお寺で、日本で最初の官寺のひとつともいわれています。

特に中国や朝鮮に残る伽藍配置を取り入れた飛鳥時代の伽藍は他では見ることが出来ません。創建は推古天皇の時代593年といわれており、その伽藍内に配置されている建物の多くは国の重要文化財にも登録されています。こちらの四天王寺は天王寺動物園や天王寺公園とセットで訪れるといいでしょう。

大阪 観光スポット 四天王寺 大阪 観光スポット 四天王寺

まとめ

天王寺動物園は、日本で2番目に古い動物園として累計1億人を超える入場者数を誇る動物園です。その特長は、生態展示といわれる、動物が生息している場所を忠実に再現したランドスケープの展示で、見る人も楽しく、動物たちにとっても優しい環境を作り上げているのです。

また、天王寺動物園の周辺には通天閣に代表される新世界や、天王寺公園、日本で一番高いビルであるあべのハルカス、聖徳太子ゆかりの四天王寺など、さまざまな観光スポットが存在します。ぜひセットで訪れるといいでしょう。

カンデオホテルズ大阪なんば