坂東平野が見渡せる栃木の自然観光スポット。太平山と太平山神社

栃木の自然観光スポット太平山

栃木県がある場所は古来から坂東平野と呼ばれ、武士勃興のきっかけとなった地でもあります。広大な平野部に拠点を持ち、開墾によって農地を増やし、一族郎党を入植させて拡大していった農民たちが、武士の源流と言われています。そんなかつての武士を育んだ巨大な平野は今も農業の生産地として主流となっています。

そんな坂東平野が広がる栃木ですが、その平野部を一望のもとに見ることができる自然観光スポットがあります。それが本日ご紹介する太平山と太平山神社です。今では太平山は栃木県立自然公園として認定され、大自然を体感できる観光スポットです。

山歩きの散策路としても楽しめ、その頂上には太平山神社が登場します。瓊瓊杵命・天照皇大御神・豊受姫大神を祀るこの神社は、太平山の麓にある紫陽花通りから進み、1000段にも及ぶ長大な階段を登ったうえに展開する神社。太平山の象徴的な存在として、散策の一つのゴール地点として訪れてみてはいかがでしょうか。

栃木 太平山 大平山神社

太平山と太平山神社へのアクセス

太平山は栃木市にあり、蔵の街として知られる栃木市街からも車で15分ほどでいくことができます。山全体が公園として、山登りや景観スポットとして楽しめるのでオススメです。ちなみにお隣の佐野市にあり佐野藤岡インター付近にあるカンデオホテルズ佐野からも車で25分ほどでいくことが可能です。

太平山と太平山神社はこちらです

快晴時にはスカイツリーや高層ビルも。霧の時には陸に松島になる眺め

太平山は標高341メートルの山ですが、その頂上までの距離は長く、歩いて回ると本格的なハイキングになりそうです。その最大の見所は、大自然の中の山歩きの途中で見られる坂東平野を一望できる景色です。以前ご紹介した謙信平もこの太平山の一スポット。

かつて坂東平野をめぐって北条氏と戦った謙信は度々この坂東平野に越後から侵入しました。その際、あまりの見晴らしの良さから騎馬隊の演習をしたのがこの太平山の謙信平です。また、この太平山の眺めは、天気のいい日には、遠く東京新宿の高層ビルや、東京スカイツリーまで見渡すことができる眺めが堪能できます。

さらに、地上が霧に包まれた時の景色は、霧の中から付近の山々が顔をだし、「陸の松島」とも言われるほど。日本夜景遺産にも登録されています。

栃木 太平山 大平山神社

有名な紫陽花通りを通ってのぼる山頂にあります

栃木 太平山 大平山神社

巨大な山門も見所です

栃木 太平山 大平山神社

歩いてアクセスする場合、長大な石段を登らなければなりません

紫陽花の季節に訪れたい太平山神社

太平山の頂上には太平山神社があります。この神社が創建されたのは827年、円仁慈覚大師が創建したと言われています。この太平山神社の最大の特長は、広大で眺めがいい境内もそうですが、この境内までにいたる長大な階段と言えます。太平山の麓から続く表参道が紫陽花通りになっており、紫陽花が咲き誇る季節には両側が紫陽花で埋め尽くされます。

この階段状の紫陽花通りを上り、さらに階段を1000段以上登るとようやく登場するのが太平山神社。山頂から雄大な景色を望むことができます。また境内では、多くの社があり、さらには富士浅間神社、太平山城跡があります。太平山のゴールスポットとして太平山神社へ訪れることをオススメします。

栃木 太平山 大平山神社

石段をのぼるとようやく入口が見えてきました

栃木 太平山 大平山神社

頂上には雄大な境内が広がります

栃木 太平山 大平山神社

眺めも最高ですね

まとめ

栃木は広大な坂東平野とともに、平野の中に佇む山々で構成されており、山から眺める坂東平野は独特の風合いを示しています。とりわけ本日ご紹介した太平山からの眺めは、ならではのものであり、霧に包まれた際の「陸の松島」は滅多に目にすることができない貴重な眺めとされています。

また太平山自体が巨大な自然公園になっていることから、山歩きや紫陽花通りの山登りで頂上の神社まで行くこともできます。またこうした謙信平や太平山神社のスポットは車でもいくことができるので楽しみ方を選んで訪れることができます。

カンデオホテルズ佐野