諏訪大社と周辺の観光スポット

諏訪大社とは。

日本全国におよそ25000社存在する諏訪神社。そんな諏訪神社の総本社といわれる存在が諏訪大社です。諏訪大社の始まりは日本最古の歴史書とされる古事記に書かれているほど古く、天照大神の孫とされる瓊瓊杵尊が降臨したことによって、大国主命が国を譲るように言われ、その次男である建御名方命が相撲で負けた結果、諏訪に逃れ、その地からでないことを誓ったのが始まりとされています。

この創建のお話しは神話とされていますが、実際に諏訪神社が記録に登場するのは持統天皇の時代で、平安時代には社の記載もあるとされています。

ちなみに諏訪大社というと、一つの神社のような印象を受けますが、実際には、4カ所存在します。大きく分類すると上社と下社の二つに分類されており、それぞれで境内が二つに分かれているのです。

そんな諏訪大社ですが、古くから戦いの神様、武家の守護神としてあがめられており、古い時代では、蝦夷の追討で有名な征夷大将軍坂上田村麻呂が戦勝祈願を行い、鎌倉時代には源頼朝が神馬を奉納するなどその庇護を受け、戦国時代には有名な武田信玄に再興され、信玄の諏訪法性の兜はあまりにも有名です。江戸時代に入ったのちも、会津藩主で徳川一門の保科正之から寄進を受けるなど、武家の信仰を長くあつめた神社でもあるのです。

本日はそんな諏訪大社と、一緒に楽しめる周辺の観光スポットをご紹介しましょう。諏訪湖や旧中山道の宿場町跡など、このエリアならではの観光が楽しめます。

長野 観光スポット 諏訪大社

諏訪大社の場所、上社と下社

諏訪大社は冒頭でもご紹介しました通り、上社と下社、更にはそれぞれ2つの境内と、合計4カ所にわかれて存在するのです。大きく分けると、上社が諏訪湖の南岸にあり、下社は諏訪湖の北岸にあります。その距離は約11キロメートルほど離れており、車で約30分ほどかかります。

また上社は本宮と前宮とで分かれており、それぞれの距離は2キロメートルほど離れています。一方、下社は秋宮と春宮の二カ所に分かれており、距離は1.2キロメートルほど離れています。4カ所一気に回るのはかなり大変なので、上社と下社どちらかに絞って散策も含めて回るのがベストでしょう。

 

 諏訪大社。上社とその見所

諏訪大社のうち、最初にご紹介するのが上社です。上社は先にも述べた通り、本宮と前宮の二つに分かれており、それぞれの場所は2キロメートルほど離れています。この諏訪大社上社が、下社の上流にあるとされ、上諏訪地方の中心的な存在でしたが、江戸時代の幕藩体制のもとでは、諏訪湖のほとりの高島城の城下町が中心として栄えました。

諏訪大社の面白い点は、ご神体として現人神がなっており、上社では諏訪地方を代表する氏族である諏訪氏が大祝、すなわち現人神として祀られています。ちなみにこの諏訪氏は、この諏訪大社の大祝を務めるだけではなく、武家としてこの地方をおさめ、鎌倉時代、室町時代、戦国時代を経て、江戸時代には、諏訪地方を納める高島藩として明治時代まで続いています。

 

本宮。社殿6棟が国の重要文化財

諏訪大社上社の社殿のうち6棟が国の重要文化財に指定されています。また境内の配置は、諏訪造りといわれる独自の配置方式をとっており、拝殿の後ろに幣殿があり、左右に方拝殿が続くという作りです。また、周囲は落葉樹の自然林となっており長野県の天然記念物にも指定されています。

長野 観光スポット 諏訪大社 長野 観光スポット 諏訪大社 長野 観光スポット 諏訪大社 長野 観光スポット 諏訪大社 長野 観光スポット 諏訪大社

前宮。諏訪の祭祀の発祥

諏訪大社上社の前宮は、本宮の2キロメートル離れた場所に存在します。この前宮は、諏訪の祭祀の発祥の地とされており、もともと諏訪大社の大祝いである諏訪氏の居館が設けられていたのがこの前宮です。

先に諏訪氏について、この諏訪大社の現人神であると同時に、武家としてこの地をおさめていたとご紹介しましたが、諏訪氏が武家化する過程において、兵馬をつかさどる惣領家と、祭祀をつかさどる大祝家とに分かれ、兵馬と政治を担う惣領家が移り、1601年まで、祭事の中心として栄えました。

 

諏訪大社上社の利用案内

本宮:長野県諏訪市中洲宮山1TEL:0266-52-1919

前宮:長野県茅野市宮川2030 TEL:0266-72-1606

諏訪大社。下社とその見所

諏訪大社のもう一つの存在が、下社です。この諏訪大社下社は、上記でご紹介した上社から11キロメートルほど離れた諏訪湖の北岸にあります。また、この諏訪大社下社は江戸時代の五街道のひとつである中山道、甲州街道の宿場町である下諏訪宿が設けられ商業の中心地としても栄えました。

こちらの下社も、上社と同様二つの社に分かれており、秋宮と春宮の二つにわかれています。また、上社が諏訪氏を祀っているのと同様、この下社のご神体、大祝も現人神で、金刺氏、のちに武居氏という武士団が神官を務めています。

金刺氏は室町時代に上社の大祝である諏訪氏と争って、他国へ去り、その後武居氏が後を継いだといわれています。この下社も立派な境内をそろえており、上社とともに荘厳な社殿を目の当たりにできるのです。

長野 観光スポット 諏訪大社 下社 長野 観光スポット 諏訪大社 下社 長野 観光スポット 諏訪大社 下社 長野 観光スポット 諏訪大社 下社 長野 観光スポット 諏訪大社 下社

秋宮。4つの社殿が国の重要文化財に

諏訪大社下社にある秋宮は、上社の本宮と同じく、4つの社殿が国の重要文化財に登録されています。こちらの秋宮は下諏訪の東端にあり、次にご紹介する春宮と同じ作りをしています。この建物は江戸時代、1781年に落成した建物として知られ、幣殿と拝殿が一体となった構造をしています。

長野 観光スポット 諏訪大社 下社 秋宮 長野 観光スポット 諏訪大社 下社 秋宮 長野 観光スポット 諏訪大社 下社 秋宮

春宮

秋宮の1.2キロメートル離れた場所に鎮座するのが春宮です。この春宮の建物も秋宮とおなじ構造をしており、社殿の3棟が国の重要文化財として登録されています。

 

諏訪大社下社の利用案内

春宮:長野県諏訪郡下諏訪町193  TEL:0266-27-8316

秋宮:長野県諏訪郡下諏訪町5828  TEL:0266-27-8035

 御柱。諏訪大社の見どころ

諏訪大社は神社そのものが見どころですが、それ以外にもいろいろな催し物を行っています。中でも最大の物は7年毎に行われる22万人が参加するお祭り御柱祭りがあげられるでしょう。

この御柱祭りは、重さ12トン、長さ17メートル、直径1メートルにも上る巨大なモミの木を山から切り出し、上社、下社それぞれに建てるというお祭りです。その数なんと16本という、何とも言えず勇壮なお祭りなのです。この御柱祭りは、珍しいお祭りである日本三大奇祭の一つにもなっており、歴史的にも古くからおこなわれているお祭りと言えるでしょう。

その起源は平安時代以前とも。モミの巨木を山から里へと曳きだす「山出し」は4月に行われ、里から各社殿へと曳き建てる「里曳き」は5月に開催する行程です。そして最後には上社と下社合計4つの宮の四隅に建てることになります。この7年に1回のお祭りは前回行われたのが2010年ですので、次回は平成28年2017年の予定です。

長野 観光スポット 諏訪大社 御柱

万治の石仏

諏訪大社の見所スポットとして、もう一つご紹介したいのが万治の石仏です。万治の石仏は、諏訪大社下社の春宮のすぐ横にある石の仏像で、重要文化財にも指定されてるスポットです。万治の石仏はいわば諏訪大社春宮の造営とともに関連して建てられた仏像で、大鳥居建設のエピソードにちなんでいます。

万治の石仏の大鳥居を江戸時代に建設しようとしたところ、大工が造影用の巨大な石にノミをいれたところ、その傷口から血が噴き出したため、急いで造営を中止したとのエピソードがあります。その後、大鳥居の材料として使用できる石を見つけ建設を始めましたが、当初の石を石仏として祀ったのが始まりとされています。

この石仏は高さ約2.7メートルにも上り、奥行きが4メートルの大きな石で、周辺を3回回って願い事をするとご利益があるとされています。この万治の石仏は春宮の境内から横の道を通り、小川沿いに少し歩くと到着します。諏訪大社下社への参拝とセットで訪れてみてはいかがでしょうか。

長野 観光スポット 諏訪大社 卍の石仏 長野 観光スポット 諏訪大社 卍の石仏

諏訪大社周辺。昔ながらの宿場町も見れる

諏訪大社下社の周辺でもう一つ見所とされているのが、その古い町並みです。特に下社がある一体は江戸時代の五街道として多くの旅人や参勤交代に使用された宿場町がある場所です。

特に下諏訪宿は、諏訪大社の門前町としても栄えた宿場町で、甲州街道の終点、中山道の宿場町として当時の雰囲気を濃厚に残しています。また、この下諏訪宿周辺は参勤交代の大名が滞在するための本陣や脇本陣、さらには旅人が泊まる旅籠などが設けられていた場所で、昔ながらの建物や街並みが残されています。

 

まとめ

諏訪大社は、日本の神社の中においてもひときわ歴史ある神社として知られ、その始まりは古事記や日本書紀といった日本最古の歴史書などにも記載がある神社です。

また諏訪造りといわれる独特の建築や、荘厳な拝殿は見応えがあり、上社と下社双方ともに諏訪地方を代表する建築、観光スポットとして訪れておきたい場所といえるでしょう。

また、諏訪大社の周辺には、江戸時代や明治時代の情緒が感じられる観光スポットが存在します。万治の石仏や、下諏訪宿など、江戸時代の宿場町やその雰囲気が感じられる場所はぜひともセットで訪れておきたいものです。

カンデオホテルズ茅野からも車ですぐアクセス可能な諏訪湖と諏訪大社は、長野県ではおすすめの観光スポットのひとつです。

予約バナー茅野