天神の名前はここから、学問の神様「水鏡天満宮」

天神の由来にもなった神社

福岡市の中心部と言われる博多天神。天神駅周辺からその一体にかけては、福岡だけではなく日本全国から多くの人が集まる九州最大の繁華街です。最新ファッションだけではなく歴史的観光スポットなどが数多く残る見所満載の地域としてもしられています。そんな博多天神ですが、実は天神の名前の由来にもなった歴史的スポットが今も現存しているのをご存知でしょうか。

本日ご紹介する水鏡天満宮が天神の由来になった神社なんです。現在はオフィスビルの間に密かに佇むその神社は、今では学問の神様として有名な菅原道真を祀る神社として親しまれています。

水鏡天満宮

アクセス

水鏡天満宮へのアクセスは天神駅からわずか徒歩5分の距離。福岡市役所のすぐ近辺にあります。もちろん、天神駅すぐ近くにあるカンデオホテルズ福岡天神や、カンデオホテルズ ザ博多テラスからもすぐに行くことができます。繁華街の観光に疲れたら、学問の神様由来のひっそりとした神社を訪ねてみてはいかがでしょうか。

カンデオホテルズ福岡天神から水鏡天満宮はこちらです

カンデオホテルズ ザ・博多テラスから水鏡天満宮はこちらです

菅原道真由来の神社

水鏡天満宮はかの有名な菅原道真が、都から左遷され、太宰府天満宮に赴任する途中この地にある現在の薬院新川、当時は四十川と言いましたが、川の水面に映った自分のやつれ切った姿を見て悲しんだとされることに由来します。これにちなみ、社殿が建設された際に、水鏡天神と付けられました。

別名容見天神(すがたみてんじん)とも言われるのはこの菅原道真のエピソードから。ちなみに菅原道真は今では学問の神様として知られていますが、当時は右大臣になるまで政権の中枢にいた人物で、太宰府に左遷された後、不遇の死を遂げました。その後菅原道真が亡くなったあと、京の都では次々に異変がおき、相次いで皇子がなくなったり、清涼殿に落雷が落ちて多くの死傷者が出たり、菅原道真を重用していた醍醐天皇が崩御されたりとしたため、菅原道真の祟りと恐れられたといいます。

平安時代当時は今以上に怨念や祟りが信じられていた時代で、清涼殿落雷の事件から、菅原道真の怨念が雷神と結び付けられ天神様としての信仰が全国にひろまることに。こうした当時の歴史エピソードが元になって、天神様を祀る水鏡天満宮を中心のこの地域を「天神」と呼ぶようになったといいます。

水鏡天満宮

菅原道真に由来の神社です

水鏡天満宮

都会の中に佇む神社です

水鏡天満宮

池や鯉も残っています

水鏡天満宮

朱色の境内

ちなみに現代の水鏡天満宮は、当初建設された場所から移転された場所になっています。それは戦国時代に福岡藩の初代藩主になった黒田長政が水鏡天満宮を福岡城の鬼門に当たる場所、東の鎮守の思いを込めて移したためで、そのまま現在の場所で続いています。

ちなみに、余談ですが、福岡にはここ水鏡天満宮以外にも菅原道真由来の神社がいくつかあるんです。たとえば、博多区網場町にある綱敷天満宮は、菅原道真が袖の湊に上陸した際に、地元の漁師が船の網を輪にして敷物を作って出迎えたという伝説が残っていたり、筑紫市にある武蔵寺は、飛鳥時代に建立された寺で境内のすぐそばにある滝で菅原道真が身を清めたともいわれています。

ちなみに福岡市中央区西公園にある立帰天満宮は元禄年間に筑紫市の武蔵寺の境内にあったものを移築したものとも。菅原道真公は、太宰府を中心にした九州各地でしたしまれているのですね。

水鏡天満宮

美しい境内です

まとめ 夏祭りや秋祭り、社宝もある

ここ水鏡天満宮は、菅原道真公の伝説以外にも見所がたくさんあります。7月24日と25日に行われる夏祭りや、10月24日、25日に催される秋祭りは一見の価値ありです。また、社宝としても県指定文化財に指定されている神像や、鳥居扁額の(北側)は黒田家13代目で貴族院副議長にもなった黒田長成揮毫のもの。ちなみに南側は昭和の首相広田弘毅の小学生の時の揮毫ともいわれています。密かに楽しみどころ見所たっぷりの水鏡天満宮をぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

予約バナー福岡

予約バナー博多