約240年前の建物が現存。末光家住宅

江戸時代から残る貴重な町家の建築物

江戸時代から明治時代、大正時代の建物を多数残す宇和町卯之町。江戸時代には宇和島藩の在郷町としてさかえ、現代までも多くの古い建物を残します。その町並みは町ごとが価値があるため重要伝統的建造物群保存地区に指定され、さまざまな古い建物が見所なのです。

本日ご紹介する末光家住宅も、宇和町卯之町の重要伝統的建造物群保存地区の見所の一つ。

なんと江戸時代の明和7年、1770年に建設された造り酒屋で、今から246年前の建物なのです。一度明治28年、1895年に改築されましたが、現在まで江戸時代の当初の姿をそのまま残しているとされています。

この末光家住宅は今から遡ること10年前、2005年に二年間の歳月をかけて復元され、一般公開されています。

現在は西予市指定文化財に認定されており、宇和町卯之町の重要伝統的建造物群保存地区の名スポットの一つとしてその歴史ある建物をまのあたりにすることができます。

その最大の見所は、回転式の格子戸やジャバラ式のすり戸、収納階段など、江戸時代ならではの建築物を体感することができます。

愛媛 松山 宇和市 観光スポット

末光家住宅のアクセスと周辺の観光スポット

末光家住宅は重要伝統的建造物群保存地区の見所スポットの一つ、開明学校の手前あたりにあります。重要伝統的建造物群保存地区のとおりは、宇和先哲記念館から開明学校までにいたるわずか数百メートルのとおりですが、この末光家住宅ももっとも古い建物の一つとして見ることができます。

ちなみに宇和町卯之町にはこの重要伝統的建造物群保存地区の一体以外に、四国八十八箇所霊場の第四十三番札所である明石寺や、愛媛県の歴史や文化が分かる愛媛県歴史文化博物館、昭和初期の小学校校舎をそのまま残す、宇和米博物館などがスポット的にあり、重要伝統的建造物群の町並みとセットで訪れることをオススメします。

また、宇和町卯之町がある西予市は標高1000メートルもの高低差がある地域で、新鮮な食物の宝庫と言われ、道の駅どんぶり館でこうした新鮮な食材を購入することができるのです。この宇和町卯之町へは、カンデオホテルズ松山大街道から車でおよそ1時間10分ほどでいくことが可能です。

豪壮な造りが見ものの町家

末光家は冒頭でご紹介したとおり1770年、江戸時代の明和7年に建築されました。もともと末光家は宇和清沢村の庄屋だった家で、1709年に宇和町の中町に移住してきたと言われています。

末光家住宅は大正時代まで造り酒屋の建物として、また昭和12年までは醤油の製造業として続きました。

この末光家住宅は、こうした商売を営んできた江戸時代からの住宅としてその姿を残しているのです。ちなみにこの歴史的な建物は間口が8間、およそ16メートル、奥行が6.5間およそ13メートルもあるたてもので、町家としては非常に豪壮な作りをしています。観光スポット愛媛 松山 宇和市 観光スポット

まとめ

宇和町卯之町にはこの末光家住宅をはじめとして江戸時代、明治時代、大正時代に作られたさまざまな建物がその姿を残しています。

すなわち一つの建物だけが残るのではなく、町並みそのものが伝統的にも重要な存在として残され、一つのおおきな魅力になっていると言えます。

是非重要伝統的建造物群保存地区の町並み散策をする際には、一つ一つの建物に立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

予約バナー松山大街道