石の教会内村鑑三記念館。軽井沢の芸術スポット

内村鑑三の顕彰を目的とした石の教会

日本で最初の避暑地としてしられ、明治時代から多くの政治家、経済人、文人などが多く訪れた軽井沢。長野県の北部にあり、古くから自然や建物など美しい観光スポットが存在する場所として知られています。

この軽井沢には自然や文学に関する多くの見所が存在し、文化的にも価値のある場所が多くあるのです。本日ご紹介する石の教会も軽井沢の最大の見所の一つです。石の教会は内村鑑三の顕彰を目的として建てられた教会で、石とガラスで作られたほかでは決して目にすることができない独特の教会です。

ちなみに内村鑑三は明治時代を代表する歴史上の人物で、日本のキリスト教の思想家として知られます。クラーク博士の札幌農学校に学び、その後はアメリカに留学、帰国後は教員などを経て多くの社会問題と闘った人物です。

とりわけ内村鑑三は足尾銅山の鉱毒問題などでも活躍し日本の社会問題などに多くの影響を与えました。石の教会はそんな日本の近代のキリスト教思想者の功績をたたえ表彰するために建てられた教会なのです。

そんな石の教会は今では多くの人が訪れる観光スポットとして知られ、また結婚式の式場としても利用される美しいスポットです。軽井沢観光の最大の見所の一つと言えるでしょう。

長野 軽井沢 観光スポット dscn5013

石の教会内村鑑三記念館へのアクセスと周辺の観光スポット

石の教会内村鑑三記念館は軽井沢の観光スポットの一つでもある中軽井沢にあります。中軽井沢の駅からは車で約10分ほど。

すぐ近くには自然の中で食事ができるレストランやショッピングのお店が立ち並ぶハレニテラスなどがあり、自然と文化に触れながらゆったり過ごすという軽井沢ならではの楽しみがあじわえる一体にあります。

またもう一つの軽井沢の観光スポットでもある軽井沢駅周辺には車で15分から20分程で行くことが可能です。こちらの軽井沢駅周辺には旧三笠ホテルやショッピングなどが楽しめる軽井沢アウトレットなどもあります。ちなみにカンデオホテルズ茅野から石の教会内村鑑三記念館や軽井沢一体までは車で1時間50分ほどかかります。

石とガラスで作られたオーガニック建築が見所

石の教会内村鑑三記念館の最大の見所は、石とガラスで作られた独特のオーガニック建築です。軽井沢の自然の中に石をベースに作られた教会は建築物というよりは自然そのものの中にいるという感覚を味あわせてくれるでしょう。

この石の教会を手がけた建築家はアメリカカリフォルニア出身のケンドリック・ケロッグと言われる建築家で、アメリカを代表する大学カリフォルニア大学バークレー校を始め4つの大学で建築を学び、ケンドリック・ケロッグが手がける作品はどれも自然と建築物が調和する見事なものだとされています。

その基本思想は自然と地形を活かしそこに溶け込ませるということが徹底されており、テーマは「唯一無二」という点が特長的。軽井沢の地でまのあたりにできる石の教会内村鑑三記念館もこうした「唯一無二」の考えが徹底しているのです。

長野 軽井沢 観光スポット   長野 軽井沢 観光スポット 長野 軽井沢 観光スポット 長野 軽井沢 観光スポット

 

軽井沢の自然と地形を活かした世界でも希少な存在

こうした「唯一無二」の考え方のもと、石の教会内村鑑三記念館も軽井沢の自然と地形をそのまま活かして作られています。ケンドリック・ケロッグはこの石の教会を設計するにあたり、この軽井沢の自然をくまなく歩き回ったとされています。

そしてその土地の特長を活かした形で石の教会を設計したとも。例えば、この「唯一無二」の特長として常に太陽の光が教会の堂内に入るように太陽の軌道に合わせて円形を描いてます。

また石の教会の特長の一つでもあるアーチは表面のテクスチャーが重なり合うように見えそれが自然に溶け込んでいるという感覚を味あわせてくれることでしょう。

さらに石は男性で、ガラスは女性を象徴しているとも。石の教会はまさに建築物そのものを自然と一体となって味わうことができる貴重なスポットと言えます。

長野 軽井沢 観光スポット

長野 軽井沢 観光スポット長野 軽井沢 観光スポット長野 軽井沢 観光スポット

まとめ

石の教会内村鑑三記念館は軽井沢を代表する観光スポットとして、今では全国的にも有名になっています。軽井沢はこの石の教会がある中軽井沢一体と、軽井沢駅周辺にさまざまな観光スポットがあり、自然をたくさん堪能することができます。

予約バナー茅野