静岡県庁別館展望ロビー。静岡市内だけじゃない富士山や駿河湾が見れる

静岡市内を一望できる隠れた景観スポット

静岡市は静岡県の県庁所在地でもあり、総人口70万人を超える政令指定都市です。観光地としても盛んで、世界遺産に登録されている三保の松原や、重要文化財の久能山東照宮、そして久能山東照宮に行くことができる日本平ロープウェーなど、さまざまな観光スポットが存在するのです。

また清水港では新鮮な魚介類を味わうことができる食の名スポットが目白押し。まさに東海地方の入口として、豊富な観光資源を持っています。その一方で、政令指定都市として、行政機関の中心地としての役割も担っており、かつての徳川家康の隠居城でもあった駿府城付近に県庁を構えているのです。そんな静岡の中心部ですが、駿府城観光とともに、訪れておきたいスポットがいくつかあるのです。

そのうちの一つが駿府城公園の目の間で有り、県庁のとなりにもある静岡県庁別館です。この静岡県庁別館は、基本的に静岡県警が入所する建物ですが、21階が展望ロビーになっており、すぐ下に広がる駿府城公園だけではなく静岡市内が一望することができるのです。また、景色が晴れている時には、さらにその先の駿河湾や富士山まで見ることが可能。是非静岡市内の観光には訪れておきたいスポットの一つです。

静岡 眺めスポット 静岡県庁別館 展望ロビー

静岡県庁別館展望ロビーへのアクセス

静岡県庁別館展望ロビーは、駿府城公園の目の前にあります。また隣は静岡県庁で、展望ロビーは別館のエレベーターで21階まであがります。静岡駅から静岡県庁別館展望ロビーまでは徒歩で約10分ほどで行くことが可能です。駿府城公園の観光とセットで訪れることをオススメします。ちなみにカンデオホテルズ静岡島田からは車で約50分ほどで行くことができます。

静岡県庁別館展望ロビーはこちらです

駿府城の構造がまるわかりで見れる

静岡県庁別館に入りエレベーターに登って21階までいくと、そこには右と左にそれぞれフロアが広がる広大な展望ロビーが登場します。四方がガラスで囲まれており、静岡市内から景色のいい日には遠く富士山まで見ることができるのです。そんな展望ロビーの一つの特徴が目の前にある巨大な駿府城公園が眼下に広がっているのを一望することができます。

駿府城公園は、江戸時代に徳川家康が隠居城として使っていた巨大な城で、現在も広大な掘りと、城壁、復元された東御門櫓門などが残っており、正方形の巨大な城です。県庁と県庁別館がある場所も昔は駿府城の内部だったのですが、眼下に広がるのは本丸の部分。

広大な公園を見ることが可能です。また、駿府城公園には、日本庭園である紅葉山庭園があるのですが、この紅葉山庭園もこの静岡県庁別館の展望ロビーからはまるわかりで見ることができます。駿府城を見学したあとは、すぐ目の前にある静岡県庁展望ロビーで全体の構造を見てみても面白いかもしれません。オススメのスポットです。

静岡 眺めスポット 静岡県庁別館 展望ロビー

眼下には駿府城が広がります

静岡 眺めスポット 静岡県庁別館 展望ロビー

巨大な城がまるわかりに

静岡 眺めスポット 静岡県庁別館 展望ロビー

遠く駿河湾も望めます

静岡 眺めスポット 静岡県庁別館 展望ロビー

天気がいい日は富士山も見えるとか

まとめ 夜景や富士山や駿河湾まで見渡せる絶景スポット

もう一つ、この静岡県庁21階の展望ロビーの特徴として挙げられるのが、駿河湾や富士山まで見渡せるという眺めのよさが挙げられます。富士山は曇っていなければ見えるとのことで、快晴の日には最高の眺望が楽しめるでしょう。また、静岡市街が四方さまざまな場所を見ることができ、有名な静岡浅間神社や、JR静岡駅、さらにはその先にある駿河湾まで広大な景色を見渡すことができます。

またこの展望ロビーは季節によっても異なりますが、最大で20時まで入ることができます。そのため昼間とは違う夜景の景色も楽しめますので、オススメです。展望ロビーは無料ですので是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

カンデオホテルズ静岡島田