仙酔島。福山鞆の浦を代表する景勝と観光スポット

仙人も酔っ払うほど美しい。福山・鞆の浦を代表する景勝地

福山の名勝といえば鞆の浦が有名ですが、弁天島とともに鞆の浦のシンボル的な存在として知られるのが仙酔島です。仙酔島とは、その名前のとおり、仙人も酔っ払ってしまうほど美しい島ということから名付けられました。

鞆の浦の船渡場からはわずか5分で渡れる距離にあり、その途中にある弁天島とともに、鞆の浦を代表する景勝と言えるスポットです。鞆の浦はかつて江戸時代に朝鮮から訪れた外交官、朝鮮通信使たちが訪れた場所としても有名です。

この朝鮮通信使たちを招くための迎賓館でもあった福禅寺対潮楼から眺める、弁天島と仙酔島の形式は、「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地の意)」としての賞賛も得てきたほど。また現代では、瀬戸内海を中心とする瀬戸内海国立公園のほぼ中央部に位置する島として、五色の色の岩が見える遊歩道や海水浴場、キャンプ場など、数々のレジャースポットが存在します。

まさに鞆の浦観光の際には必ず訪れてみたい一大スポットと言えるでしょう。本日は福山、鞆の浦を代表する一大観光スポット仙酔島をご紹介します。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

仙酔島へのアクセス

仙酔島は、鞆の浦にある福山市営渡船場から渡船「平成いろは丸」で5分ほどでいくことができます。この福山市営渡船場の目の前には有料の市営駐車場もあるため、車を止めて鞆の浦観光の拠点としても使用できます。仙酔島へ渡る平成いろは丸は幕末の英雄坂本竜馬のいろは丸を復刻して作られた船で、歴史情緒を感じながら渡ることができます。ちなみに鞆の浦は福山市の中心部である福山駅中心から20分程の場所にあり、カンデオホテルズ福山からも25分ほどでいくことができます。

仙酔島はこちらです

まさに国の名勝。変化に富む景色、いろんな風景を楽しめる仙酔島

仙酔島は、冒頭で述べたとおりその手前にある弁天島とともに、瀬戸内海を代表する美しい景色として有名です。仙酔島に渡ってからも充実した観光スポットとしてお楽しみがいっぱいですが、景色として堪能することもできます。

渡船である平成いろは丸でわずか5分で渡ることができる距離にあるため、鞆の浦の陸地からも比較的近い距離にある島としてその景色を楽しめます。この風景は瀬戸内海国立公園の中でもとりわけ代表とされる景色であり、国の名勝にも指定されるほど。

島々によって織り成される瀬戸内海の風景は、まさにこの地方でしか見ることができない独特の風合いを醸し出しています。また後ほどご紹介しますが、仙酔島自体も、火山岩によって構成され変化に富む景色を見せてくれることから、さまざまな風景の楽しみかたがあります。

市営渡船場のすぐ上にある福禅寺対潮楼から、かつて「日東第一景勝」といわれた眺めを見るもよし、鞆の浦の陸地から眺めるもよし、渡船である平成いろは丸から変化に富む岸壁を眺めるもよしと、さまざまな景色の楽しみかたがあります。

平成いろは丸

鞆の浦から平成いろは丸でアクセスします。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

瀬戸内海の島々の間を船でアクセスします。

隠れ家のような海水浴場とキャンプ場

平成いろは丸のわずか5分間の船旅を終え、仙酔島に上陸すると、そこにはひっそりとした海岸と森に囲まれた橋のトンネルが登場します。その橋の下を抜けるとそこに登場するのは、まさに隠れ家とも言えるような海水浴場。

瀬戸内海の島々にある海水浴場の一つの特徴は、内海にあることから海が穏やかで波も静かな点。こうした静かな海水浴場と、島々にあるという立地条件から、隠れ家という表現がまさにぴったりと言えるでしょう。とりわけ仙酔島は森や山々に囲まれていることから、隠れ家感が強い海水浴場です。

また一般的な海水浴場とは違い、海岸からすぐ目の前に小さい島々があり、その自然の風景もここ、瀬戸内海ならではの海水浴場と言えます。仙酔島の海水浴場は砂浜のすぐ後ろが芝生のキャンプ場になっており、海水浴といっしょにバーベキューも楽しめます。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

船着場から山に入ると、海水浴場が広がります。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

瀬戸内海ならではの静かな海が登場します。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

バーベキューもできる海水浴場です。

日本で唯一の景色。5色の岩

仙酔島の楽しみは、隠れ家的な海水浴場やバーベキューだけではありません。そこには日本で唯一ここだけでしか見ることができない貴重な五色岩の風景を見ることができます。仙酔島は約9000万年前の大規模な火山活動によって溶結凝灰岩で形成されたため、地質的に非常に珍しいものとされています。

その火山活動によって島ができたという圧巻の景色は、海水浴場から繋がっている岸壁の遊歩道を通ることで目の当たりにすることが。そこでは日本でここ仙酔島にしか存在しないとされる5色の岩や、さまざまなカタチ、大きさの変化に富んだ岩の風景が楽しめます。

貴重な断層や岩が動いた層なども残されており、その巨大な岩の大きさには圧倒されること間違いなし。海水浴やバーベキューとは違った巨大な岩が織り成す大自然の雄大な風景を堪能しましょう。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

海水浴場のすぐ隣から、岩場を歩く散策コースが登場します。

鞆の浦 仙酔島 景勝地

瀬戸内海ならではの変化に富む景色が楽しめます。

まとめ レジャーから自然まで楽しみ方は千差万別

仙酔島はこのように、単なる海のレジャースポットとしてだけではなく、ここでしか見ることができない貴重な景色や大自然を目の当たりにすることができます。その楽しみ方は千差万別。鞆の浦からの景観としても、海を満喫する海水浴としても、また岩の大自然の満喫など、多くの楽しみ方を提供してくれるでしょう。また本日は紹介しませんでしたが、島の大自然を堪能するハイキングなどでも充実した時間を提供してくれます。丸一日楽しめる鞆の浦の一大観光スポットです。

予約バナー福山