寺と坂の町尾道と巨岩の千光寺が見渡せる。千光寺山ロープウェイ

尾道ならではの絶景を堪能。千光寺山ロープウェイ

寺巡りと坂の町として知られる尾道。尾道は街全体が坂状になっており、市街からは瀬戸内海の尾道水道が見渡せる絶景が広がります。また、街中には数々のお寺が存在し寺巡りの観光スポットとしても有名。まさに尾道で坂とお寺の代表的とも言えるスポットが千光寺と千光寺山と言えるでしょう。

千光寺は平安時代に空海によって創建されたお寺で中国地方の代表的なお寺です。境内に存在する巨大な岩が特徴的で、目の当たりで見る鏡岩やくさり山は圧巻。

また千光寺山は頂上に公園や展望台、尾道市立美術館を備え遊歩道で散策が楽しめます。いわばこの千光寺と千光寺山は尾道最大のメイン観光スポットとも言えるでしょう。

そんな千光寺と千光寺山に登るためには寺巡りの一部として坂道を登るという方法もありますが、もう一つ、尾道の街を象徴する存在が、千光寺山ロープウェイです。

千光寺公園までわずか3分の乗車時間ですが、そこから眺める景色は圧巻の一言につきます。瀬戸内海の尾道水道が見渡せるだけではなく、千光寺の巨大な岩々の景色を空中から見ることができます。本日は尾道を象徴する交通観光、千光寺山ロープウェイをご紹介しましょう。

福山 尾道 観光スポット

千光寺山ロープウェイへのアクセス

千光寺山ロープウェイは、坂の街の山嶺駅から千光寺山の頂上である山頂駅二つを結ぶロープウェイです。乗車時間は片道3分ほど。ちなみに高低差は115メートル、店員は30名です。どちらからの乗り場からも乗車可能です。

山嶺駅はJR尾道駅から徒歩で15分ほどの場所にあり、寺巡りの途中で乗車することが可能。坂道を登りながら千光寺まで登るのは結構大変なので、山嶺駅と山頂駅の往復がオススメです。

料金は中学生以上が片道320円、往復500円。小学生以上が片道160円、往復250円です。千光寺山ロープウェイは15分おきに運行しています。

カンデオホテルズ福山から尾道までは車で約20分ほど、駅前の駐車場に止めて街歩きをするのがオススメです。

快晴の日には島の先の海も見える。尾道水道と坂の街の絶景

千光寺山ロープウェイの最大の見所は、片道わずか3分の乗車時間ながら、尾道ならではの絶景が堪能できるという点です。山頂駅がある千光寺山自体が日本100景に選出されるほどの絶景スポットですが、そこまで運行するロープウェイからは変化に富んだ独特の景色を堪能できます。

特に坂道状で構成されている尾道の町と、そこからさらに先に展開する瀬戸内海ならではの尾道水道の景色は絶景。

尾道水道は目の前に造船所などの瀬戸内海の島々が見えるのが特徴的ですが、実はさらにその先にも海が広がっており、快晴の日には1年に数回、島々のさらにその先の海まで見ることが出来るとか。

千光寺山に至るまでの眼下に広がる瀬戸内海ならではの景色は一度は見ておきたい風景です。

福山 尾道 観光スポット

福山 尾道 観光スポット

千光寺の巨岩が空中から見れる

千光寺山ロープウェイのもう一つの見所が、空中から望む千光寺の景色です。千光寺は千光寺山の山頂下に作られたお寺ですが、古来からある巨大な岩が参拝の目玉ともなっていました。

高さ15メートルにもなる千光寺の象徴、玉の岩や、くさりで登る巨大な岩、くさり山、さらには太陽の光を反射させた巨大な岩の鏡、鏡岩など、千光寺ならではの見所が満載です。

こうした千光寺の巨岩たちは、お寺の境内の中からもその圧巻ぶりを目の当たりにすることができますが、ロープウェイから見る眺めも境内から見るのとは違った迫力を提供してくれます

山の木々と朱塗りの境内、さらにはそびえる巨岩で構成される千光寺の景色はまさに一つの絵と言っても過言ではないほど美しい姿です。

福山 尾道 観光スポット

福山 尾道 観光スポット

まとめ 尾道観光の目玉

千光寺山ロープウェイは尾道市街にある山嶺駅と山頂駅のわずか3分の乗車ですが、ほかでは決して見ることができない景色を堪能させてくれます。

瀬戸内海ならではの独特の風景と、千光寺のおりなす巨岩の景色は尾道の町を訪れた際には一度は体験しておきたいものです。寺巡りや文学の町としての観光も充実する尾道ですが、千光寺と千光寺山ロープウェイは外すことができないオススメスポットです。

予約バナー福山