西予市の一大観光スポット。宇和町卯之町と周辺エリア

愛媛県の隠れた観光スポット。西予市の宇和町卯之町

愛媛県にはさまざまな観光スポットが存在します。最も代表的な観光都市は松山ですが、松山以外にも歴史深い数々の観光スポットが存在するのです。特に南予地方は昔ながらの町並みをそのまま残す地域が多く残っており、こうした町並みは、建物単体ではなく町並みそのものが伝統的な価値を持つとされる重要伝統的建造物群保存地区とされているのです。

本日ご紹介する宇和町卯之町もそんな愛媛県西予市が誇る重要伝統的建造物群保存地区に指定されている場所。西予市は人口わずか3万8千人の小さい都市ですが、宇和町卯之町を始め数多くの観光スポット残す都市として知られています。

その特長は江戸時代から幕末にかけて教育や人材育成に力を入れていた宇和島藩の在郷町としての名残を残す点にあるでしょう。全長数百メートルの町並みには、江戸から明治、大正までと続く多くの建物を残し、さらには歴史上の有名人物達の軌跡を見て取れます。本日は愛媛の隠れた歴史観光スポット、西予市の宇和町卯之町をご紹介します。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

西予市の一大観光スポット、宇和町卯之町では、重要伝統的建造物群保存地区に指定された美しい町並みが登場します。

宇和島藩の在郷町として栄えた宇和町卯之町

西予市の宇和町卯之町の最大の特長は、冒頭でもご紹介したとおり、宇和島藩の在郷町として栄えた名残が街全体に残されているのです。宇和島藩は、現在の宇和島市に本境地を構えていた伊達家10万石の大名家で、この宇和町卯之町も江戸時代には宇和島藩の領地でした。

宇和島はわずか10万石ながら教育と殖産興業に力を入れていた藩で、特に多くの蘭学者(オランダ語を通じた医学などの学問)を招聘した藩としても知られます。高野長英や二宮敬作、村田蔵六など江戸後期に活躍した多くの人物が宇和島藩と関係を持ちました。またこうした蘭学者を通じて、藩士の教育にも熱心な藩として知られ、この教育と蘭学者に関する名残が、宇和町卯之町には多く残されています。

宇和町卯之町へのアクセスはこちらです

西予市の4つの観光スポット

西予市の宇和町卯之町一体の観光スポットは、大きく分類して4つのスポットに分けることができます。第一が全長数百メートルほどの重要伝統的建造物群保存地区である町並み。第二が昭和の小学校校舎を生かした宇和米博物館、第三が愛媛県歴史文化博物館、第四が四国八十八箇所霊場の第四十三番札所の明石寺です。この4つの観光スポットは、それぞれ非常に近い場所にありますが、道が入り組んでおり、個別に車でアクセスすることをオススメします。

西予市の観光スポット①宇和町卯之町の町並み

西予市の宇和町卯之町で最大の見所が、第一のスポットでもある重要伝統的建造物群保存地区の町並みです。この重要伝統的建造物群保存地区の町並みは、わずか数百メートルほどの町並みですが、江戸時代から明治、大正へと続く古き良き町並みが残されています。そこには江戸時代の宇和島藩の名残を感じられる数々のスポットが存在し、散策するだけで歴史情緒を味わうことができます。この宇和町卯之町の町並み散策は、宇和先哲記念館をスタート地点として、開明学校までに至る短いルートですが、見所が盛りだくさんです。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

かつて宇和島藩の在郷町として栄えた美しい町並みがつづきます。

宇和先哲記念館

宇和町卯之町の観光のスタート地点として始まるのが宇和先哲記念館です。宇和先哲記念館では、宇和町卯之町ゆかりの人物とその歴史を知ることができます。冒頭でご紹介したとおり宇和町卯之町は宇和島藩の在郷町として栄、多くの蘭学者が住み、訪れた場所ですが、その代表的な人物が二宮敬作です。

二宮敬作は高名なシーボルトの弟子で、日本初の女医となったシーボルトの娘、イネを養育したことでも知られています。また、二宮敬作は同じシーボルト門下である高野長英を匿ったり、日本の近代兵制を確立した村田蔵六(大村益次郎)を招聘した人物としても知られており、宇和先哲記念館では、こうした宇和にゆかりの人物の展示や紹介を行っています。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

宇和先哲記念館です。宇和町卯之町を代表する先人たちの歴史がわかります。

宇和先哲記念館の利用案内

  • 住所:西予市宇和町卯之町4-327
  • 電話番号:0894-62-6700
  • 営業時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)
  • 駐車場:あり/無料約15台
  • 料金:無料

二宮敬作の住居跡と女医イネ発祥の地

前述の宇和先哲記念館から徒歩1分程の場所にあるのが、二宮敬作の住居跡地と女医イネ発祥の地の碑です。二宮敬作は天保元年1833年から安政5年1858年までの25年間、宇和町卯之町で開業医として地元の人々を診察し、シーボルトの娘イネを養育したことで知られています。その二宮敬作とイネが住んでいたとされる住居跡が、現在の宇和町卯之町には碑とともに残されています。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

司馬遼太郎の小説「花神」にも登場する二宮敬作とシーボルトの娘イネの住居跡が。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

二宮敬作は長崎でなくなりましたが、お墓はこちらにもあります。

高野長英の隠れ家

この二宮敬作の住居跡とセットで見ることができるのが高野長英の隠れ家です。高野長英も二宮敬作と一緒にシーボルトの弟子でしたが、幕府を批判したことで追われ、一時期、宇和島藩に庇護され、藩の洋式化に従事していた時期があります。その際、二宮敬作の住居の離れに隠れ住んでいたとされています。この高野長英の隠れ家跡も跡地として見ることができます。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

高野長英はシーボルト門下で同窓でもあった二宮敬作の住居跡に隠れ住んでいました。

高野長英の隠れ家と二宮敬作の住居跡の利用案内

  • 住所:宇和島市新町2-3
  • 電話番号:0895-24-1111(宇和島市役所)
  • 営業時間:なし
  • 定休日:なし
  • 駐車場;なし
  • 料金:無料

高野長英の隠れ家についてはこちらの記事もどうぞ

文化の里休憩所 無料で利用できる休憩スポット

宇和町卯之町の街歩きの休憩所として訪れておきたいのが、文化の里休憩所です。文化の里休憩所は着物の着付け体験もできる名スポットで、宇和町卯之町に残る古民家を改装して作られた休憩所です。ちなみに休憩は無料で利用することが可能で、樹齢500年近いと言われているカゴノキお大火鉢で暖を取ることができます。100着以上ある着物から1着を選んで、江戸から明治の情緒あふれる街歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

宇和町卯之町の町並みを形成するかつての住居跡を改装して作られました。

文化の里休憩所の利用案内

  • 住所:西予市宇和町卯之町3-223
  • 電話番号:0894-62-3843
  • 営業時間:9:00~17:00(着付の受付16時まで) ※着付は要予約
  • 定休日:月曜(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/28~1/3)
  • 駐車場:なし(近くに中町広場駐車場あり)/30台
  • 料金:[着物着付体験]着付3000円

松屋旅館:幕末から明治の著名人が多数泊まる

宇和町卯之町が重要伝統的建造物群保存地区に指定されている所以として、街の至る所に、江戸時代や明治、大正時代の建物が多く残されている点が挙げられます。そのうちの代表的な建物の一つが、今でも現役の旅館として営業を続けている松屋旅館です。松屋旅館は江戸時代から続く旅籠として運営されていた旅館で、その歴史はゆうに百数十年以上にのぼります。

また明治から昭和にかけて活躍した政治家や完了、財界人などが多く宿泊しており、首相を務めた犬養毅や浜口雄幸、若槻礼次郎といった人物から、武士道を書いた新渡戸稲造など、多くの人物が宿泊したという歴史を持っています。この松屋旅館は宿泊だけではなくランチとしての利用も可能で、南予の郷土料理である「ひゅうが飯」が有名な食事スポットでもあるのです。宇和町卯之町のランチに利用してみてはいかがでしょうか。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

かつての旅籠であった松屋旅館。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

明治時代の政財界や文人んどが数多く訪れています。

松屋旅館の利用案内

  • 住所:愛媛県西予市宇和町卯之町3丁目218番地
  • 電話:0894-62-0013

宇和民具館 5000点の民具が集結

宇和町卯之町の見所の一つは、江戸時代からの数多くの建物が残されていることと同時に、数多くの民具が残されている点にあります。民具とは日常生活で使用されてきた日用品などの道具のことをいい、その地域ならではの独特のものが存在します。宇和町卯之町にもこの地域ならではの生活用品が存在し、主に商売用の民具から生活用の民具まで、その数なんと5000点にものぼります。こうした民具の数々が一堂に会し、見ることができるスポットが宇和民具館なのです。この宇和民具館は次にご紹介する宇和町卯之町最大の見所、開明学校とセットで見ることができます。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

宇和町卯之町に残る数多くの民具が展示されています。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

開明学校とセットで見ることができます。

宇和民具館の利用案内(開明学校と共通)

  • 住所:西予市宇和町卯之町3-106
  • 電話番号:0894-62-1334
  • 営業時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)
  • 駐車場:なし(近くの中町広場駐車場に駐車可)/無料30台
  • 料金:入館料(一般)大人500円/小人(中学生以下)300円
  • 障害者手帳(身体・精神)、療育手帳保持者は利用料免除
  • 就学前は無料

開明学校 宇和町卯之町で最大の見所。明治時代の小学校

宇和町卯之町で最大の見所が、開明学校です。宇和町卯之町は宇和島藩の頃から教育に力を入れてきた場所で、先に述べた二宮敬作を始め、学問の盛んな街として知られています。そんな学問の街としての宇和町卯之町を象徴する場所が開明学校なのです。開明学校は江戸時代の私塾、申義堂が発展して明治時代の学校となったもので、木造2階建てのアーチ状の洋風建築の学校としてその貴重な姿をとどめています。

1997年には国の重要文化財にも登録され、明治時代の小学校教育も模擬体験できるという珍しい観光スポットでもあるのです。宇和町卯之町の最大の見所として絶対に見ておきたい場所です。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

明治時代の学校、開明学校です。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

開明学校の前進でもある申義堂も見られます。

開明学校の利用案内(宇和民具館と共通)

  • 住所:西予市宇和町卯之町3-109
  • 電話番号:0894-62-1334
  • 営業時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)
  • 駐車場:なし(近くの中町広場駐車場に駐車可)/無料30台
  • 料金:入館料(一般)大人500円/小人(中学生以下)300円
  • 障害者手帳(身体・精神)、療育手帳保持者は利用料免除
  • 就学前は無料

開明学校についてはこちらの記事もどうぞ

れんげの里 西予市の特産品が集結

この宇和町卯之町の町並みから一歩路地を抜けると、西予市の特産品が集結するれんげの里が登場します。西予市は実は標高1000メートルに位置する立地条件から、新鮮な農産物の産地として有名なのです。れんげの里では、西予市ならではの山の幸、海の幸といった美味しい特産品が集結しており、街歩きのお土産スポットとして購入することができます。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

西予市のお土産が盛りだくさんのれんげの里

れんげの里の利用案内

  • 住所:愛媛県西予市宇和町卯之町3丁目297
  • 電話番号: 0894(62)6260
  • 営業時間:平日:9:30~17:00、土・祝日:9:30~13:00
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:有り(大型観光バス駐車場もあり)

宇和町卯之町の重要伝統的建造物群保存地区である町並みは、ゆっくり歩いて回っても2時間から3時間ほどでまわることができます。現代ではなかなか感じることができない江戸から明治・大正の歴史をたっぷりと感じながら、宇和町卯之町ならではの町並みを楽しむことができます。

西予市の観光スポット② 宇和米博物館

宇和町卯之町の町並みは、街歩きとセットで周辺の3つの観光スポットを合わせていくことで、旅がより充実したものになります。その第一が、宇和米博物館です。宇和米博物館は昭和の昔ながらの校舎をそのまま利用した米生産の博物館で、いまでは見ることができない長大な小学校の廊下を堪能することができます。この米博物館は校舎内の教室をそのまま農耕具などの展示場にしながら、校舎を歩き回れる作りになっており、109メートルにも及ぶ長い廊下の雑巾がけ体験もできる観光スポットでもあります。こちらの宇和米博物館は、宇和町卯之町から少し離れているため、車でのアクセスをオススメします。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

かつての小学校を改装したコメの博物館です。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

いまでは珍しい長大な廊下が見れます。

宇和米博物館の利用案内

  • 住所:西予市宇和町卯之町2-24
  • 電話番号:0894-62-6517
  • 営業時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29~1/3)
  • 駐車場:あり/無料 普通車50台/大型車4台
  • 料金:入館無料 [雑巾がけ]200円

西予市の観光スポット③ 愛媛県歴史文化博物館

もう一つ、宇和町卯之町のすぐ隣にあるスポットが愛媛県歴史文化博物館です。愛媛県歴史文化博物館は、愛媛県の歴史や民俗に関する展示が行われている博物館で、テーマパーク的な楽しみ方ができる博物館です。歴史博物館というと、一般的に文献や展示といったイメージですが愛媛県歴史文化博物館では、戦前の松山大街道の町並みの再現して雰囲気を味わうなど、他の歴史博物館では味わえない展示を堪能することができます。こちらの愛媛県歴史文化博物館へも山を登っていくため車でのアクセスが最適です。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

西予市にある巨大な博物館です。

愛媛県歴史文化博物館の利用案内

  • 住所: 愛媛県西予市宇和町卯之町四丁目11番地2
  • 電話: 0894-62-6222
  • 料金: 一般 500円

西予市の観光スポット④ 明石寺、門前町としての宇和町卯之町

宇和町卯之町は、宇和島藩の在郷町として栄えましたが、その一方で門前町としての顔も持っているのです。門前町とは主にお寺や神社などの周辺にできた街のことで、宇和町卯之町も門前町として栄えた歴史を持っています。門前町として成り立たしめているお寺が明石寺です。

明石寺は四国八十八箇所霊場の第43番札所で、国の登録有形文化財に登録されている建造物が数多く存在します。例えば仁王門や、本堂、太子堂や地蔵堂、鐘楼堂、客殿などほ全て文化財として指定されており、古い歴史あるお寺として見ごたえがあります。こちらの明石寺も、宇和町卯之町周辺の観光スポットとして、車で訪れることをオススメします。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

門前町の中心的存在でもあった明石寺です。

明石寺の利用案内

  • 住 所: 〒797-0007 愛媛県西予市宇和町明石201
  • 電 話: 0894-62-0032
  • 駐車場: 普通200台・終日・無料

西予市のお土産スポット:道の駅どんぶり館

最後にご紹介するのが、西予市の宇和町宇野町のお土産スポットである道の駅どんぶり館です。れんげの里とは別に、道の駅どんぶり館では本格的な青空市場と特産品が集結する道の駅として、西予市の特産を購入することができます。西予市は温暖な気候を持つ愛媛県の中でも標高の高低差1000メートルにも及ぶ地理的条件から新鮮な農作物が多数あります。また、西予市は海に面していることから海の幸も豊富。道の駅どんぶり館は、宇和町宇野町のお土産どころを購入するには最適な場所です。

愛媛県 西予市 観光スポット 宇和町卯之町

西予市のお土産スポットです。

道の駅どんぶり館の利用案内

  • 住所:〒797-0013愛媛県西予市宇和町稲生118
  • 駐車場:普通車:41台、大型車:4台、身障者用:2台
  • 営業時間:レストラン10:00 – 18:00、青空市場8:00 – 18:00、物産品販売所8:00 – 18:00、観光案内所8:00 – 18:00
  • 休館日:1月1日、1月2日

まとめ 西予市は歴史と文化が街に残る観光スポットが特長

西予市の宇和町宇野町はコンパクトな街なみながら、観光資源が充実した街です。とりわけ現代の日本ではなかなか目にすることができない貴重な町並みや、歴史上の人物にゆかりのスポットが目白押しです。また宇和島藩の在郷町として栄えたことから、すぐ南にある宇和島の観光とセットで訪れるとより一層旅が充実したものになることでしょう。

予約バナー松山大街道