初詣や厄除けならここ!佐野厄除け大師

初詣や厄除けならここ!関東の三大師の一つ

関東地方では年末年始のテレビCMでお馴染みの佐野厄除け大師。初詣や厄除けで知らない人はいない一大スポットです。年始の初詣では地元佐野や栃木県ばかりではなく、関東全域から多くの人が集まる超有名寺院ですね。その数なんと百万人の参拝者が訪れるほど。一年の始まりや、厄年の人には欠かすことができない佐野の中心的存在。

一般的には佐野厄除け大師という名称で親しまれていますが、本当の名前は惣宗寺という名前です。その始まりも西暦937年に創設されたとするほど歴史の深いお寺。開山当初は日本の仏教でもっとも古いとされている南都六宗の法相宗でしたが、その300年後の1297年に天台宗に組み込まれ、そこからが佐野厄除け大師の厄除けの歴史が始まったと言えるでしょう。

その際に安置されたのが厄除け大師と言われる第18台天台座主である慈恵大師。それ以来関東の一大厄除け寺院として多くの人々が参拝しています。本日は佐野や栃木だけではなく関東地方で有名な関東三大師の一つ佐野厄除け大師をご紹介します。

佐野厄除け大師

アクセス

佐野厄除け大師は電車でも車でもどちらでも行くことができます。JR両毛線佐野駅からは徒歩15分ほど。東武佐野線佐野市駅からは徒歩10分ほど。またカンデオホテルズ佐野からはなんと15分ほどで行くことができます。年末年始の時期には非常に多くの人が参拝に訪れますので早めに参拝されることをおすすめします。ちなみに佐野厄除け大師では無料の駐車場を用意しており、本殿の周辺地域にたくさんの駐車場がありますので安心ですね。

佐野厄除け大師へはこちらです

佐野厄除け大師の歴史やゆかりの地

佐野厄除け大師は惣宗寺というお寺の名前で、山号は春日岡山といわれています。既に冒頭で述べましたが、その始まりは西暦937年という古さ。創立者は、以前出流原弁財天を開設した藤原秀郷だと言われています。藤原秀郷は、ここ佐野の地におけるさまざまな史跡の開設を行った武将として知られ、地元の人々から今でもしたわれています。

ここ佐野厄除け大師もそんな佐野にゆかりの武将藤原秀郷が作った代表的な寺社の一つ。元々は、現在の地ではなく春日丘、現在の佐野城跡の地に作られたことから春日岡山と言われています。そのご1602年に現在の場所に移転されました。ちなみに当初佐野厄除け大師があった佐野城跡は、現在は佐野城山公園として、往時を偲ぶことができます。

佐野厄除け大師

関東の三大師で有名です

佐野厄除け大師

やってまいりました。

佐野厄除け大師

有名な大師だけあって荘厳な作りです

実はおみくじを作ったのも厄除け大師

佐野厄除け大師の大師である慈恵大師とは、12歳のときに出家して比叡山に上り、良源と称しました。966年に第18代の天台座主になり、比叡山中興の祖と言われています。慈恵大師すなわち良源は、中世以降、厄除け大師として独特の信仰を集め現代まで続いています。

この良源を祀る天台宗の寺院が関東に三つあり、佐野厄除け大師のほかに群馬県前橋市の龍蔵寺である青柳大師、埼玉県川越市にある喜多院、すなわち川越大師と合わせ、関東の三大師といわれています。ちなみに現在多くの神社や寺社で必ず設置されてあるおみくじは、この良源が創始者だという説もあるほど。昔から一般の人々の厄除けのために親しまれていたんですね。

佐野厄除け大師

厄除けで年末年始はにぎあいます

佐野厄除け大師

厄年、前厄、後厄の方にオススメ

まとめ

佐野厄除け大師は、その成り立ちや歴史を見てみても、厄除けにとってもっとも古い寺社といってもいいでしょう。まさに厄除けやおみくじの創設者といってもいい。年末年始の初詣や厄除けにはぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。また1月には大祭も行っていますので、オススメです。

予約バナー佐野