佐野に残る洞窟スポット。宇津野洞窟

自然の石灰岩を溶かしてできた佐野の洞窟スポット

栃木県佐野市は佐野ラーメンいもフライといったB級グルメで有名な栃木県の観光スポットです。他にも最近では佐野プレミアムアウトレットのようなショッピングの利用も盛んな町。そんな佐野市にはかつての関東ローム層を彷彿とさせる観光スポットが残されているのです。

その代表とも言えるのが佐野市葛生化石館ですが、この葛生化石館のすぐ近くにもう一つの自然観光スポットが残されています。それが本日ご紹介する宇津野洞窟です。宇津野洞窟は標高165メートルという場所にある洞窟ながら関東ローム層の象徴とも言える石灰岩によって形成された地層にあり、石灰岩が長年の地下水によって溶かされ自然にできた洞窟です。

小規模な鍾乳洞ながら、普通に大人が入ることができる規模を持ち、ほかでは体験することができないちょっとした自然観光スポットになっています。ちなみに関東ローム層とは昔の富士山の大噴火によって関東地方に多数の灰が降り積もり形成された地層のことで、宇津野洞窟はその石灰岩ドロマイトを中心とした地層が見れる貴重なスポットでもあるのです。

この関東ローム層つながりとして上記でご紹介した葛生化石館の化石たちがありますが、貴重な関東ローム層観光としておとずれてみてはいかがでしょうか。

佐野 宇津野洞窟

宇津野洞窟へのアクセスと周辺の観光スポット

宇津野洞窟は佐野市の山奥にあります。上記でご紹介した同じ関東ローム層関連の観光スポットである葛生化石館とは車でわずか8分ほどの距離にあり、セットで見られることをおすすめします。ちなみに佐野市の主要観光でもある佐野厄除け大師や佐野市の中心部までは車で約20分ほど。佐野プレミアムアウトレットまでは車で30分ほどでいくことが可能です。ちなみに佐野プレミアムアウトレットのすぐ近くにあるカンデオホテルズ佐野までも車で30分ほどで行くことが可能です。宇津野洞窟は駐車場もあり車を数台とめることができます。

宇津野洞窟はこちらです

独特の雰囲気が漂う洞窟

宇津野洞窟は佐野の山中にあり、車でしか行くことはできません。駐車場であるスペースに車をとめると山をのぼるルートがあり、駐車場から徒歩5分ほどで洞窟の入口に到達します。洞窟の入口には木の扉が取り付けられており、ちょっとひとりで行くのには怖い感じが漂います。

佐野 宇津野洞窟

駐車場を降りると、山をのぼる道があります。

佐野 宇津野洞窟

山道を上っていくと、

佐野 宇津野洞窟

これが入口です、、、

佐野 宇津野洞窟

一人で足を踏み入れるにはかなりの勇気が

内部は小規模ながらも鍾乳石や石荀がある自然の洞窟になっており、ひんやりとした中を進めば2億5千万年前から作られた自然の鍾乳洞が見られます。またこの鍾乳石や石荀は500年かけて1センチ程も伸びると言われるもので、上記でご紹介した葛生化石館の化石とともに、関東地方の成り立ちを知るには格好の自然体験スポットと言えるでしょう。

佐野 宇津野洞窟

内部は以外に広い洞窟です。

佐野 宇津野洞窟

ライトが付いており、下にも行けます。

ちなみに、この宇津野洞窟は佐野坂東三十三箇所と言われる観音菩薩霊場巡りの三十二番目にあり、一種神秘的な雰囲気が漂います。坂東三十三箇所とは源頼朝によって発願され、源実朝によって制定された巡礼であり、四国八十八箇所の霊場などが模範とされている霊場めぐり。その中でも佐野坂東三十三箇所とはこの坂東三十三箇所をモデルに佐野市から栃木市にかけての三十三箇所の観音菩薩霊場を巡るものとなっています。

佐野 宇津野洞窟

上には展望台も

まとめ

宇津野洞窟は佐野市の中心部からも車で30分ほどで手軽にいくことができる自然観光スポットです。栃木県は坂東平野を象徴する土地ですが、とりわけ坂東平野はかつての富士山の噴火によって降り積もった関東ローム層によって形成されています。宇津野洞窟はそんな石灰岩によって作られた地層を長年の自然の力によって形成さらた貴重な洞窟と言えるでしょう。是非、すぐ近くの葛生化石館とセットでおすすめです。

予約バナー佐野