堺伝統産業会館。堺刃物と鍛冶技術の集約

古代から鍛冶の一大産業地

千利休と茶の湯の文化で知られる町、堺市。安土桃山時代の文化を象徴し、現代の日本まで続く伝統文化を生み出した堺市には、もう一つ、戦国時代の象徴的なものの生産地として知られていました。それが鉄砲生産です。

鉄砲、当時の火縄銃は、1543年に薩摩の種子島にポルトガルからもたらされたといわれています。その種子島にもたらされた鉄砲は、その後日本全国に普及しました。鉄砲の登場と普及によって、戦国時代の合戦は一変したとされ、これまでの山城から本格的な壁による平山城や平城へと移行しました。

また、織田信長が長篠の戦いで大量の鉄砲を配備し武田勝頼の軍勢を打ち破るなど、戦術をも変えるほどになりました。そんな日本の戦いの歴史を一遍させた鉄砲の一大生産地として知られていたのが、紀州の根来、近江の国友、そして今回ご紹介する堺です。

堺は茶の湯の文化を生み出した商人の町という顔だけではなく、同時に鉄砲生産をはじめとする鍛冶産業の一大集積地でもありました。そんな堺の鍛冶は、実は非常に歴史が古く、遠く古代から続くといわれています。

また、その鍛冶の技術は現代においても脈々と受け継がれ、堺刃物といえばプロの料理人に必須の包丁として有名です。また、堺には刃物以外にも多くの伝統産業が残されており、今に伝えられています。本日はそんな堺の伝統産業が見れて、お土産も購入することができる堺伝統産業会館をご紹介します。

大阪 観光スポット 堺市産業会館

堺伝統産業会館へのアクセスと周辺の観光スポット

堺伝統産業会館は、路面電車の阪堺電車の妙国寺から徒歩2分ほどの場所にあります。堺市にはさまざまな観光スポットがあり、堺伝統産業会館とともに阪堺電車の駅沿いにあります。

例えば、戦国時代、堺の鉄砲生産を行っていた鉄砲梶屋敷や千利休の屋敷跡があり茶の湯体験もできる博物館、利晶の杜、利休やその師匠である武野紹鴎が修行を行い、高名な戦国大名三好氏の菩提寺である南宋寺などがあります。

また、堺市にはこれからご紹介するように、鍛冶技術とかかわりが深い存在として古代からの古墳が多数残されています。世界最大規模の古墳である仁徳天皇陵古墳をはじめ、多くの古墳を巡ることも可能です。

 堺伝統産業会館の見所とは

堺伝統産業会館は堺に存在するさまざまな伝統産業を集めた場所です。堺には冒頭でご紹介したように鍛冶から系譜をひく刃物以外にも、線香や注染和晒、緞通、昆布、自転車、鯉幟、和菓子といった伝統産業があり、こうした産業の展示を見ることができます。

主に1階と2階に分かれており、1階には体験学習コーナーと展示コーナー、お土産も購入することができるショップが。2階は堺刃物にフォーカスした刃物工程の展示と、実際の堺打刃物が展示される堺刃物ミュージアムを見ることができます。

とりわけ壮観なのが堺刃物の展示で、プロ料理人の9割近い人が所有するといわれる堺刃物が目の当たりにすることができます。(「堺刃物」と「堺打刃物」は「刃物商工業協同組合連合会」の登録商標です)

大阪 観光スポット 堺市産業会館 大阪 観光スポット 堺市産業会館

 堺刃物。プロの料理人が90%以上所有する刃物の一品

堺刃物は、日本を代表する堺の伝統工芸の一つです。既にご紹介しましたが、プロの料理人のなんと90パーセント以上もの人が所有するといわれる一品で、堺の高い鍛冶技術の集約ともいえる伝統工芸なのです。

またこの堺刃物は経済産業大臣が指定する伝統工芸品にも認定されており、古代から続く堺の鍛冶技術の結集ともいえる存在です。

 

 江戸時代のタバコ包丁「堺極」から続く

堺刃物の発祥は、戦国時代に普及したタバコを刻むためのタバコ包丁だったといわれています。タバコと喫煙の習慣は16世紀にポルトガルから伝わったとされ、国内でタバコの葉が栽培されるようになりました。

そのさい、タバコを葉っぱから刻み、加工するための包丁が大量に必要になり、日本でもタバコ専用の包丁が生産されるようになったのです。

とりわけ堺はそのタバコ包丁の生産では格段の切れ味を見せ、江戸幕府から「堺極」の刻印を入れることを認められたほど。堺の刃物は江戸時代のタバコ包丁から発展し、現在でもその切れ味のよさを高く評価されています。

 

堺と鍛冶の歴史

冒頭で堺の鍛冶技術について鉄砲生産についてご紹介しましたが、堺の鍛冶産業の歴史は実は古代から続く伝統産業なのです。堺には仁徳天皇陵古墳など古代、5世紀近くから残る数多くの古墳が存在しますが、この古墳を作る際に多くの工具が必要なのは言うまでもありません。

日本では1世紀から3世紀の間に製鉄の技術が大陸から伝えられていましたが、工具や農具の刃物部分を鉄を装着することで、生産力が飛躍的に向上します。そのため巨大な古墳を作るためには多数の鉄製の工具を作る必要があり、この地域に必然的に鍛冶が集まったのです。

その後戦国時代には鉄砲が伝来するとともに鉄砲の一大産地として、更には江戸時代には刃物の一大産地として現代まで堺市の中心的な伝統産業として続いているのです。

大阪 観光スポット 堺市産業会館大阪 観光スポット 堺市産業会館

堺伝統産業会館の利用案内

  • 所在地:堺市堺区材木町西1丁1-30
  • TEL:072-227-1001
  • FAX:072-227-5006
  • 営業時間:10時から17時
  • 入場料:無料
  • 定休日:年末年始(12月29日~1月3日)

 

 堺の伝統工芸とかかわりの深い観光スポット

これまで堺伝統産業会館と代表的な伝統産業である鍛冶についてご紹介してまいりましたが、ここからは、堺市の伝統産業である鍛冶とかかわりが深い観光スポットをご紹介しましょう。

特に堺の鍛冶技術のもう一つの顔ともいえる鉄砲鍛冶と、鍛冶技術が普及するきっかけともなった古墳のスポットは堺の観光スポットの中では、一度は訪れておきたいスポットです。

 

 鉄砲鍛冶屋敷

堺市の鉄砲鍛冶がわかるスポットとして代表的な存在が鉄砲鍛冶屋敷です。こちらの鉄砲梶屋敷は江戸時代から続く、堺の鉄砲鍛冶職人井上関右衛門の屋敷跡です。こちらの建物は内部には入ることができませんが、堺市の有形文化財に登録されている建物で、外部から見るだけでも当時の様子がしのばれます。

かつては鉄砲の生産場所として使用されていた場所であるとともに貴重な江戸時代の建物を目の当たりにすることができます。堺の鉄砲鍛冶は、1543年に種子島に鉄砲が伝来したのち、堺に伝わり生産が普及します。堺の鉄砲は戦国時代を通して、各地に普及し、江戸時代には徳川幕府の御用生産地となりましたが、太平の世であることや、江戸幕府が軍事技術の改良を禁止していたことから次第に衰退していきました。

この鉄砲鍛冶屋敷は堺の鉄砲生産を忍ばせてくれる観光スポットです。

大阪 観光スポット 鉄砲鍛冶屋敷 大阪 観光スポット 鉄砲鍛冶屋敷 大阪 観光スポット 鉄砲鍛冶屋敷

 鉄砲鍛冶屋敷の利用案内

  • 所在地:堺市堺区北旅籠町西1丁3-22
  • 料金:無料
  • 内部:非公開
  • アクセス:阪堺線、高須神社駅

古墳群

堺の伝統産業でもある鍛冶技術が普及したきっかけともなったのが古代から残る古墳です。堺にはなんと古代からの古墳が大小合わせて44個も存在します。その形状もさまざまで、シンプルな円墳から、有名な前方後円墳までさまざまです。

特に有名な古墳が仁徳天皇陵古墳で、その大きさは平面の面積では秦の始皇帝陵や、クフ王のピラミッドをしのぐほど。全長486メートルもの巨大な古墳です。

この多数残されている古墳の数々は中に入ることはできませんが、堺の鍛冶技術は、この古墳製造の過程において培われ、現在へ続く基礎ができたのかと思うと、感慨深いモノがあります。

中でもその最大の規模を誇る仁徳天皇陵古墳は、入り口でもある拝所からでもその迫力が感じられ、堺市の主力観光スポットとして見応えがあります。

大阪 観光スポット 仁徳天皇陵古墳 大阪 観光スポット 仁徳天皇陵古墳 大阪 観光スポット 仁徳天皇陵古墳

仁徳天皇陵古墳の利用案内

所在地:堺市堺区大仙町

大仙公園駐車場/乗用車108台(2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)、バス18台(1台1回1,000円)

内部:非公開

 

堺市博物館

仁徳天皇陵古墳のすぐ近くにあり、堺市の伝統工芸や鉄砲技術の展示がなされているのが堺市博物館です。堺市博物館では、堺市の歴史から美術、工芸に至るまであらゆる知識が知れる博物館で、古墳時代から、鉄砲生産が盛んであった自由貿易都市の時代なども展示を通して知ることができます。

特にここでは当時の鉄砲鍛冶によって製造された火縄銃なども展示されており、他では見ることができない長大な大砲といってもふさわしい鉄砲なども展示されています。

こちらは仁徳天皇陵古墳からも歩いてすぐの場所にあり、公園の中にあるので、古墳散策の一環として訪れてみてはいかがでしょうか。

大阪 観光スポット 堺市博物館

 堺市博物館の利用案内

  • 〒590-0802 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
  • 電話:072-245-6201
  • FAX:072-245-6263
  • 開館時間:9時30分から5時15分、入館は4時30分まで
  • 休館日:月曜日(祝日・休日の場合は開館)年末年始
  • 観覧料:大人200円、大学生・高校生100円、小学生50円

 まとめ

堺伝統産業会館ではこれまでご紹介してきたように、古代から続く鍛冶技術による刃物製造を知ることができます。その技術は、がいまから1500年以上も昔から脈々と受け継がれ同時に発展してきたもので、戦国時代に盛んであった鉄砲鍛冶や、江戸時代に江戸幕府からもお墨付きをもらい、現在の堺刃物の原型ともなったタバコ包丁からもうかがうことができます。

またこの堺の鍛冶産業の発展の基礎をきずいた古墳群たちは堺市の観光スポットの中心として一度は目にしておきたい場所です。

更に、今回はご紹介しませんでしたが、堺市の伝統産業としては、線香や和菓子など様々なモノがあり、こうした伝統産業を知れ、なおかつお土産として購入することができるのも堺伝統産業会館だけです。

ぜひ観光のお土産に、更には観光スポットをより一層充実したものにするために、訪れてみてはいかがでしょうか。

カンデオホテルズ大阪なんば