宇和島の四国八十八箇所霊場。稲荷山龍光寺

空海ゆかりおお稲荷さん龍光寺

宇和島は伊達家10万石の城下町として栄えた歴史を持ち、江戸時代や幕末の時代には、小藩ながらもいち早く西洋化の政策をとった藩として知られています。そんな宇和島の観光は伊達家や蘭学にちなんだスポットが数多く存在しますが、宇和島にも四国ならではのお遍路さんのお寺が存在します。

宇和島には四国八十八箇所霊場のお寺が何箇所が存在しますが、本日はそのうちの一つ第41番札所の龍光寺をご紹介しましょう。

龍光寺は稲荷山龍光寺と言われるお寺で、地元ではお稲荷さんの愛称で親しまれるお寺です。その創建は非常に古く、807年、大同2年までさかのぼります。開基は四国八十八箇所霊場にゆかりとされる弘法大師空海その人とされ、お稲荷さんの愛称の元ともなる伝説も残されています。

龍光寺の伝説によれば空海がこの地を訪れた際に白髪の老人が登場し、その言動からその老人は五穀大明神の化身とされ、空海が稲荷大明神像を刻んで安置したことが始まりとされます。

そんな龍光寺は現在も宇和島のお寺スポットの一つとして地元の人々に親しまれています。

愛媛 松山南部 観光スポット愛媛 松山南部 観光スポット

龍光寺へのアクセスと周辺の観光スポット

龍光寺は伊達家ゆかりの観光スポットが揃う宇和島市外からは少し離れた場所にあり車で約20分ほどで行くことができます。周辺には同じ四国八十八箇所霊場の一つで四十二番目札所に当たる仏木寺があります。

龍光寺から仏木寺までの距離はおよそ車で7分ほど。この二つのお寺は宇和島市の中心観光スポットのついでにセットでみたい場所と言えるでしょう。ちなみに宇和島市内の有名な観光スポットでは宇和島城を始め伊達家ゆかりの大名庭園である天赦公園、さらには日本に数少ない闘牛場などがあり、宇和島ならではの観光を楽しむことができるのです。

ちなみにこの龍光寺は宇和島市と西予市の中間にあり、西予市の一大観光スポットで重要伝統的建造物群保存地区が広がる宇和町卯之町の観光を楽しむ途中に訪れることができます。カンデオホテルズ松山大街道から龍光寺、宇和島市一体までは車で約1時間10分程で行くことが可能です。

三間平野を望むお寺

龍光寺は宇和島から西予市の宇和町卯之町に向かう途中にあり、高台の上に位置しています。このあたり一体は三間平野と言われる南予を代表する穀倉地帯とされ、龍光寺の境内からはこの三間平野一体を見渡すことができます。

境内にはご本尊である十一面観音が祀られている本堂と、太子堂、鐘楼、狛犬などを見ることができるのです。この龍光寺の本堂は新たに建立されたもので、かつて神仏習合のお寺だった時代には三間の稲荷として地元の人々から親しまれました。

ちなみに神仏習合とは日本に古くから存在する神様と、後に仏教伝来で伝わった仏様が一緒に同居していることを指し、日本のお寺ではこの龍光寺のような神仏習合であったお寺が数多く見受けられます。

また、この龍光寺には創建時の伝説以外にも、龍の目玉という伝説が残っており土地の庄屋がうたた寝をしているところ龍に襲われたが腰の刀が自然に抜けて龍の目玉をくり抜いたという言い伝えがあり、この龍の目玉も龍光寺の本堂には残されています。愛媛 松山南部 観光スポット

愛媛 松山南部 観光スポット 愛媛 松山南部 観光スポット

まとめ 三間平野のハイキングも楽しめる。

この龍光寺がある一体の三間平野はコスモスの季節には平野一面に咲き誇るハイキングコースとして知られています。

南予一の穀倉地帯として三間米の産地として知られるだけではなく、四季折々には美しい自然の景色を堪能することができるスポットとして知られているのです。

龍光寺はこうした三間平野をのぞむ場所にあることから、こうした隠れたハイキングコースの一つとしても楽しめる場所です。

また周囲には道の駅などの特産品を購入できるスポットがあるため、おすすめです。隠れた宇和島観光の楽しみを体験することができます。

予約バナー松山大街道