臨済寺。今川氏ゆかりのお寺

臨済寺とは。今川氏ゆかりのお寺

現在の静岡市は、かつて江戸時代までは駿河といわれた国でした。

この駿河の国ゆかりの人物として徳川幕府を開設した徳川家康が有名ですが、それ以前に、この地をおさめていた今川家の方が、地元の人々にはなじみがあるかもしれません。

もともと徳川家康も今川家の人質として、駿河で幼少期を送り、成人するにあたっては、今川家の部将として有名な桶狭間の戦いに参戦し、先鋒の将として、織田家の砦を攻略したことで知られています。

そんな今川家ですが、もともと駿河の守護職として、室町時代に赴任して以来、戦国時代には戦国大名化します。多くの大名家が下剋上の風潮の中、下からのし上がって大名になりますが、今川家は駿河の大名として勢力を拡大させました。

今川義元の代には、駿河と遠江、三河にまで領土を広げ、桶狭間の戦いでは2万人以上もの軍勢を動員することが出来るほどでした。

その後、今川氏は桶狭間の戦いで敗れてのち、今川義元の後を今川氏真が継ぎますが、三河で独立した徳川家康と、武田信玄に攻め込まれ、戦国大名としての今川家は滅びてしまうのです。

その後今川氏真は徳川幕府に高家として仕えました。本日ご紹介する臨済寺は、そんな駿河ゆかりの今川家の菩提寺なのです。

この臨済寺は、今川義元の父である今川氏親が、義元のために建てたお寺です。今川氏親は、叔父である北条早雲の元、今川家を従来の守護大名から戦国大名へと進化させていった人物です。父今川義忠が亡くなった跡、一族の今川範満に専横されており、家督争いや戦いが絶えなかった中、5男の義元を僧として育てるために高名な太原雪斎を招き建立したお寺なのです。

また、この臨済寺は氏輝の母でもあり、北条早雲の妹(一説には姉)とされる北川殿の邸宅があった場所でもあり、戦国時代の今川家を象徴する場所ともいえるでしょう。また境内には重要文化財の本堂や山門などが残されており、文化財としてもその美しい姿を見ることができます。静岡観光の歴史スポットとしてオススメの場所です。

静岡 観光スポット 臨済寺

臨済寺のストーリーと見所

臨済寺は先に述べたとおり、今川義元のために、父、今川氏輝が建てたお寺です。また、今川氏輝の母である北川殿は、戦国時代を開いたと言われる北条早雲の妹(もしくは姉)で、その邸宅出会った場所でもあります。

更に、臨済寺の僧として招かれた太原雪斎は、黒衣の宰相という異名をとった人物で、今川家の軍師として、軍事に外交、内政など多くの面で活躍した人物です。

この臨済寺には、そんな戦国時代を代表する人物たちのさまざまなストーリーが存在するのです。

静岡 観光スポット 臨済寺

今川義元誕生のストーリー

臨済寺は元の名前を善得院という名前でした。これは今川家の5男として生まれた今川義元(当時は栴岳承芳)のために建てられたお寺です。

臨済寺という名前に変わったのは、今川義元が、家督を継いだ後のことです。もともと今川家の家督は、義元の兄の今川氏輝が継いでいましたが、亡くなり、更にその下の弟も亡くなったため、家督争いがおき、義元が、兄で同じく僧籍に入っていた玄広恵探と争い、勝利した後に今川氏の当主となったのです。

この家督相続の争いは花倉の乱として有名です。その後臨済寺となった善徳院は、先にご紹介した今川家の軍師、太原雪斎が運営を行い、駿河を中心に今川家の領国には臨済宗が広まりました。

静岡 観光スポット 臨済寺

徳川家康が人質時代に過ごしたお寺。太原雪斎との関わりも

臨済寺にはもう一つ、歴史上の有名人のストーリーが残されています。その人物が徳川家康です。徳川家は三河の大名でしたが、家康の父広忠の代に、今川家の属国となりました。

その後、父松平広忠は家臣に暗殺され、少年であった徳川家康は人質として今川家で少年時代をすごしました。その人質時代を送ったのがこの臨済寺なのです。

臨済寺では手習いなどを行っていたと言われており、その際、幼い家康は今川家の軍師でもあり、この臨済寺の運営者でもあった太原雪斎から手ほどきを受けたとの話も残っているのです。

徳川家康はこの幼少期を過ごしたお寺を大切にしていたとされ、駿河が武田家の侵攻によって臨済寺が焼失してしまったのを徳川家の領土になった後に復興させていたと言われています。

静岡 観光スポット 臨済寺

今川氏ゆかりの建築物と歴代当主のお墓がのこる

臨済寺は今川家の菩提寺として、歴代今川家の当主たちの位牌が安置されています。今川家の歴代当主たちの菩提寺は各地にありましたが、そのほとんどがこの臨済寺に吸収されているためです。

今川義元と氏真母子をはじめ、6代当主である今川範政、7代当主である今川範忠、8代当主の今川義忠などが残されています。また有名な今川義元坐像や太原雪斎の像なども安置されているお寺です。

静岡 観光スポット 臨済寺

重要文化財の伽藍

臨済寺には伽藍も貴重な文化財として見所です。重要文化財の本堂は江戸時代前期に建立されたものとして、国の重要文化財に登録されています。また山門には、神仏分離により静岡浅間神社から移設された仁王像が配置されており、最後の将軍として知られる徳川慶喜揮毫の額が掲げられています。

禅宗のお寺らしく日本庭園は、国の名勝に指定されており、更には、徳川家康が竹千代として人質だった時代に手習いに使用していた大書院なども内部にあるお寺です。このように臨済寺は今川氏の歴史をかんじさせてくれる歴史的な建築物、文化財があります。

臨済寺の利用案内

所在地:静岡県静岡市葵区大岩町7番1号

電話:054-245-2740

営業時間:9時~16時

年中無休

臨済寺へのアクセス

臨済寺は、静岡市の中心部である静岡駅から車で約15分ほどの場所にあります。駿府城からは車で約8分ほど、静岡浅間神社からも約5分ほどで行くことがき、こうした歴史観光スポットとセットで回ることをオススメします。

駿府城や静岡浅間神社は徳川氏ゆかりのスポットとして歴史的にも建築物としても見ごたえがあり、臨済寺も徳川家康が幼少期に人質として過ごした場所としておとずれてみてはいかがでしょうか。

ちなみにカンデオホテルズ静岡島田から臨済寺までは東名高速道路をとおって38分ほどで行くことが可能です。

臨済寺の周辺観光スポット

臨済寺は静岡市の中心部にあり、その周辺には徳川家や今川家ゆかりの観光スポットが多数存在します。ここではその代表的な観光スポットである静岡浅間神社と駿府城公園、また周辺の景色が一望することができる静岡県庁展望台についてご紹介しましょう。臨済寺とセットで回るのにはおすすめのところばかりです。

静岡浅間神社

臨済寺から車でわずか5分ほどの場所にあるのが静岡浅間神社です。静岡浅間神社は駿河の国の総社として知られ、浅間神社と駿河国開拓の神とされる大己貴命を神とする神部神社と、安部川の守護神であった大歳御祖命を神とする大歳御祖神社の3つの神社が集まる神社です。

まさにこの地の守護神にふさわしい神社として知られ、朝廷や鎌倉幕府、駿河守護職であった今川家、その後駿河を支配した武田家、更には織田、豊臣、徳川と、多くの歴代領主たちから熱く尊崇されました。

特に臨済寺で幼少時代を過ごした徳川家康はこの静岡浅間神社を篤く崇敬しており、14歳の元服式はこちらで行ったほどなのです。

また、戦乱の再建にも力を入れ、奉納なども多く行った神社なのです。その見所はなんといっても重要文化財に指定されている建物23棟で、本殿や拝殿、回廊、中門など朱塗りの豪壮な建物が見所です。

 

駿府城公園

臨済寺や静岡浅間神社からもすぐの場所にあるのが、この地のシンボルともいえる存在、駿府城公園です。駿府城は、今川家の代からこの地の中心的存在として知られ、今川家の時代には駿府館が置かれ、徳川家康が駿河を統治して以来は、駿府城が築かれました。

その後、豊臣政権時代には徳川家は関八州に移動していたため、一時徳川家の手を離れますが、その後は徳川家の中心的なお城として、徳川家康の異母弟である内藤信成が城主に、更にその後は、家康の10男である徳川頼宣が城主に、そしてその後は徳川家光の弟、徳川忠長が城主になり、その後忠長改易後は天領として幕末には徳川慶喜の退隠先として、明治時代まで続きます。

現在の駿府城公園は、この幕末まで続いた駿府城のうちの本丸部分のみが残されているのみで、その周りを囲む外堀などは現在ビルが立ち並んでいます。

また、駿府城は天守閣が江戸時代に焼失したまま再建されておらず、現在は憩いの場として多くの人が利用しています。歴史的な見所としては、堀や石垣などがそのまま残されており、大手御門などは雄大な姿を目の当たりにすることができます。

駿府城

静岡県庁別館21階展望ロビー

駿府城公園の目の前にあるのが静岡県庁別館21階展望ロビーです。駿府城の周辺には静岡市の行政機関や静岡県の行政機関も集中しており、江戸時代以来、この地の政治の中心の姿をとっています。

その一方で、この静岡県庁別館21階展望ロビーは、周辺の観光地や駿河の国を一望することができる観光スポットとして利用することができるのです。眺めは駿河湾だけではなく富士山、更には眼下には駿府城公園など、雄大な景色を楽しむことができるのです。

静岡県 展望ロビー

まとめ

これまでご紹介してきたように臨済寺は、今川家ゆかりの観光スポットとして、また、徳川家ゆかりの観光スポットとして、非常に歴史深いストーリーが詰まったお寺です。

もともと駿河は今川家が守護大名として数百年にわたって統治し、その流れを徳川家康が引き継ぎ、幕末まで引き継いできた歴史がありますが、臨済寺はその象徴的な存在ともいえるでしょう。

また、その周辺には、今川氏と徳川氏ゆかりの駿府城や静岡浅間神社、久能山東照宮などの数々の歴史文化スポットが残されています。ぜひ、静岡の歴史がわかる観光スポットとして利用されてみてはいかがでしょうか。