「天下の台所」で大阪の食を堪能できる観光スポット

大阪観光の楽しみ「食」

大阪観光の楽しみのひとつは、その豊富な「食」のスポットです。「大阪の食い倒れ」という言葉に象徴されるように、大阪には食べきれないほどの美味な食事が存在し、現代にも愛される様々な食文化を生み出す根本ともなったのです。

現在は世界にも知られる「お好み焼き」や「たこ焼き」さらには揚げ物の代表ともいえる串カツ。また「しゃぶしゃぶ」や「懐石料理」まで生み出したといわれています。大阪はこうした日本を代表する「食」以外にも、海産物や野菜、B級グルメなどの食品の販売では、さまざまな見所スポットが存在するのです。

本日はそんな、大阪の「食」と現代にも続く「天下の台所」を堪能できる観光スポットをご紹介しましょう。旅の楽しみの大きなモノのひとつが「食」や「お土産」ですが、大阪は、その分野で数百年の歴史を持つ懐の深さが味わえるのです。

大阪 観光スポット くいだおれ 大阪 観光スポット くいだおれ

 大阪の食い倒れを生み出した「天下の台所」機能

現在へと続く大阪の「食」の豊富さは、江戸時代の都市としての機能に由来します。大阪は現在でも東京に次ぐ大都会ですが、かつて江戸時代には「天下の台所」と称されるほど日本全国の物産が集まった場所でした。もともと大阪は、戦国時代を終了させ天下を統一した豊臣秀吉の本拠地として栄え、日本全国の大名が屋敷を持ち、日本の首都として発展しました。

この大阪の殷賑ぶりは、大阪夏の陣で天下を取った江戸幕府にも引き継がれ、各藩の藩邸や蔵屋敷が置かれ、経済と商業の中心地として栄えました。大阪は西日本の中心という地理的条件に加え、水の都と称されるほど、内陸部に水路が張り巡らされている地形から、大阪城周辺に設けられた蔵まで、船で物資を運搬しました。

こうした都市としての機能から「天下の台所」といわれ、日本全国の物産品が集まったのです。ちなみに「天下の台所」を象徴する場所は、中之島で、日本全国の諸藩は、各地で産出した特産品や、地元で生産した工業品を海路大阪に運び込み、中之島に設けられた蔵屋敷に収蔵したのです。

中之島は現在は公園として整備され、美術館や重要文化財の建物が立ち並ぶエリアですが、大阪城の目の前という立地条件や、水路でたどり着けるということから「天下の台所」の主要な機能を担っていたのです。このように、歴史的に日本全国の物産が集まるという都市としての機能が、数多くの食文化を生み出し、現代でもその市場としての観光スポットが多数残されているのです。

大阪 観光スポット  大阪 観光スポット

大阪の食と物産が楽しめる観光エリア

これまでご紹介してきたように、大阪の「天下の台所」としての機能が楽しめるエリアが現在でも多数残されているのです。ここでは様々な食と物産の市場、商店街をご紹介しましょう。

 

 道頓堀 大阪食い倒れの象徴

天下の台所と大阪の食い倒れを最も象徴するエリアが道頓堀です。道頓堀は有名な食い倒れ人形や、かに道楽本店などがある一大繁華街で、400年の歴史を誇る商店街です。ここではお好み焼きからたこ焼き、串揚げ、寿司まで、ありとあらゆる食事処が勢ぞろいします。

まさに食事にお金をかけすぎて貧乏になるという「くいだおれ」を体現したような町といえるでしょう。道頓堀はもともと、戦国時代から江戸時代にかけての商人である安井道頓が整備、開拓した運河のことで、彼の名前から道頓堀と名づけられました。

その経緯は江戸幕府が大阪を整備するにあたり、市街地を拡張させるための治水事業として行われたもので、1615年に完成して以来、400年間の歴史を持つ繁華街となっているのです。こうした経緯から発展した道頓堀は、江戸時代には「食」以外にも、歌舞伎、義太夫、見世物などが立ち並ぶ一大ブロードウェイとして栄え、こうした演劇や演芸の文化が現在の吉本などに受け継がれているともいえるでしょう。

まさに道頓堀は大阪市街の発展と、天下の台所の集大成ともいえる一大繁華街なのです。大阪に来たら一度は訪れておきたい食のスポットとして、おすすめの場所です。

大阪 観光スポット  道頓堀 大阪 観光スポット  道頓堀 大阪 観光スポット  道頓堀 大阪 観光スポット  道頓堀

千日前。法善寺横丁からなんば千日前通り・道具屋筋商店街

天下の台所の雰囲気を残し、大阪の食が集まる場所としてあげられるのが千日前です。この千日前は、道頓堀の南東に位置する一体で、「法善寺横丁」や「なんば千日前通り」「千日前道具屋筋商店街」など数多くの繁華街があります。

「法善寺横丁」は道頓堀のすぐ南にある路地裏横丁で、法善寺水かけ不動を中心としたディープな一角として、一味違った大阪の繁華街を味わえます。ここでは隠れ家的な食事処が多く立ち並び、表の道頓堀の雑踏とは違う、奥深い雰囲気が楽しめます。一方、更に南にある「なんば千日前通り」では、大阪を代表するお笑いの吉本の劇場、「なんばグランド花月」があり、数多くの飲食店以外にも演劇や演芸としての大阪も楽しめる場所です。

また「なんば千日前通り」には道具屋筋商店街と呼ばれる一体もあり、昔ながら大阪の雰囲気を残し、立ち飲みや串カツ、など多数のお店が立ち並ぶ場所です。ここでは食だけではなく道具類なども購入することができます。

大阪 観光スポット  法善寺横丁 大阪 観光スポット  法善寺横丁大阪 観光スポット  千日前 大阪 観光スポット  法善寺横丁 大阪 観光スポット  法善寺横丁

黒門市場 食の宝庫といわれる商店街

黒門市場は、大阪の中心部である日本橋にある商店街・市場です。東成区の鶴橋市場、豊中市の豊南市場とともに食の宝庫と称されるほど、数多くの食品が集まる商店街です。大阪の主要通りである千日前通りから数百メートルの通りに、およそ180軒近いお店が立ち並びます。

鮮魚から生鮮果実、肉にはじまり、さまざまな食品のお店が軒を連ねています。また飲食店も20軒以上存在し、うどんやウナギ、寿司、ラーメンなど様々な食事が楽しめるのも魅力です。もともと黒門市場の始まりは、1800年代前半、江戸時代の文政年間とされ、本格的に市場として整備され始めたのが明治時代になってからとされ、その食の豊富さから海外からも人気のスポットとされています。

特に魚介類の食べ歩きスポットとしても知られ、安くてうまい海産物を豊富に楽しめることで人気です。こちらの黒門市場も「天下の台所」を象徴する観光スポットのひとつといえるでしょう。

大阪 観光スポット なんば 黒門市場 大阪 観光スポット なんば 黒門市場 大阪 観光スポット なんば 黒門市場 大阪 観光スポット なんば 黒門市場

黒門市場の利用案内

所在地:〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋2丁目4番1号

TEL:06-6631-0007

FAX:06-6643-6464

アクセス:地下鉄千日前線「日本橋駅」下車10番出口すぐ

大阪水上バス。天下の台所の由来がわかる

ここまでは、実際、現代でも多数の食が集まり「くいだおれ」が楽しめる大阪の「天下の台所」をご紹介してきましたが、この天下の台所の成り立ちや由来がわかる観光スポット大阪水上バスをご紹介しましょう。

大阪水上バスは、大阪城公園から利用することができる水上バスツアーで、中之島を一周する周遊ルートです。冒頭でもご紹介したように、天下の台所の成り立ちは、水の都としての立地条件を利用し、大阪城にすぐさま物資が搬入することができる中之島に各藩の蔵屋敷が築かれたことに由来しています。

日本全国の藩が船を利用して大阪湾に入り、そのまま川をさかのぼって中之島に設けられた蔵屋敷まで物資を運び込みました。大阪水上バスはそんな江戸時代の海上交易の雰囲気と共に、整備された中之島の景色を楽しむことができます。

ぜひ、天下の台所の成り立ちの一つがわかる大阪水上バスで歴史と風景を堪能してみてはいかがでしょうか。

大阪 観光スポット 水上バス 大阪 観光スポット 水上バス 大阪 観光スポット 水上バス

中之島。ビジネスと文化の拠点

天下の台所の機能の元となったのが、大阪の水路と共に、蔵屋敷が設けられていた中之島です。中之島東西約3キロに及ぶ小さい島ですが、江戸時代1615年に大阪の豪商淀屋常安によって開発が行われた島です。道頓堀が安井道頓によって大坂市街地の拡大のために開発されたように、中之島も大阪城が西日本の中心となるための物流拠点として開発されたものだといえるでしょう。

中之島の開発と同時に、幕藩体制下における各藩が、ここに蔵屋敷を設け、日本全国の物産が中之島に運び込まれ、大阪は商いの中心となりました。そんな天下の台所の中枢を担った中之島は、江戸時代以降も大阪のビジネスの中心地として機能し、現在でも日本銀行西日本支店や、三井物産関西支社、日立製作所関西支社など、日本を代表する企業や金融機関の拠点が置かれる場所です。

また、近年の中之島はビジネスだけではなく、文化拠点としても知られるようになり、国の重要文化財である大阪府立中之島図書館や大阪市中央公会堂(中之島公会堂)などがあるほか、大阪府立国際会議場や大阪市立科学館、国立国際美術館なども設けられ、芸術拠点として成長しつつあります。街並みも道頓堀の雑踏とは対照的に整備された美しい風景が楽しめる場所です。

大阪 観光スポット 中之島 大阪 観光スポット 中之島 大阪 観光スポット 中之島 大阪 観光スポット 中之島

まとめ

これまでご紹介してきたように、江戸時代から続く「天下の台所」としての機能が大阪には多数残されているのです。その見所は食い倒れに象徴される道頓堀の雑踏や、吉本のなんばグランド花月などの演芸として。

あるいは中之島のようなビジネスと文化の一大拠点として、さまざまな姿で進化を遂げているのです。「天下の台所」の機能と見所と歴史を味わうことが、大阪観光の醍醐味ともいえるでしょう。

カンデオホテルズ大阪なんば