大三島の観光ルートと回り方

 大三島:しまなみ海道最大の景勝地、国宝の島

サイクリングのメッカとも言えるしまなみ海道。その全長は46.6kmにも及び、四国の今治から、広島の尾道までの間に登場する瀬戸内海の島々は見所がたっぷりです。

このあたり一体は、瀬戸内海そのものが国定公園に指定されていることから、海と山の景勝地として美しいスポットが数多く存在します。多くのサイクリストたちも、この美しい絶景と穏やかな瀬戸内海の眺めを楽しむために訪れると言われています。

しまなみ海道には、今治から尾道の間に数々の島が横たわりますが。中でも最大の見所スポットが大三島です。大三島は愛媛県今治市に属する大きな島で、その大きさは県内最大です。また、今治市の観光エリアとして、貴重な歴史的スポットが楽しめる場所です。

また、古くから「神の島」、「国宝がある島」と言われて来ており、古来は漁業なども禁止されていた地域としてしられています。

この大三島はしまなみ海道の中でも一際見所が多いスポットで、サイクリストの聖地がある多々羅エリアや、大山祇神社がある一体など、観光スポットも多数存在します。本日はこの大三島の観光スポットと回り方をご紹介いたします。

サイクリストも、車のドライブでも海の景色が楽しめて、歴史的にも文化的にも価値ある観光スポットが楽しめる大三島をご紹介します。松山 大三島 観光スポット 大山祇神社

大三島の二大観光エリア

大三島の観光スポットは大きく分類すると二つのエリアに集中しています。第一がサイクリストの聖地や道の駅、展望台などがある多々羅エリア。

第二が、神の島の由来にもなり、多数の国宝を所有する大山祇神社のあるエリアです。大三島の観光スポットはおもにこの二つのエリアに集中しており、周辺と二つのルートにアクセスする途中にいくつかの観光スポットが登場します。

基本的なアクセスの仕方としては、しまなみ海道の出入り口である大三島インター付近にある多々羅エリアから周り、そこから大山祇神社のエリアにアクセスするルートがベストです。

また大山祇神社の観光が終わったら、海岸線を通り瀬戸内海の景勝を楽しみながら、大三島インターチェンジに向かってもいいでしょう。その間、ところミュージアムや、今治市伊東豊雄 建築ミュージアムといった観光スポットも登場します。

多々羅エリアの観光スポット サイクリストの聖地

しまなみ海道の大三島インターチェンジを降りてすぐ登場するのが多々羅エリアです。この多々羅の観光スポットは、道の駅多々羅を中心に、サイクリストの聖地である碑や、多々羅展望台、村上三島記念館、多々羅海水浴場やキャンプ場などが集中しているエリアです。

基本的に、サイクリングや車の運転などの疲れを癒すため道の駅多々羅で休憩し、各スポットをまわることをおすすめします。

松山 大三島 観光スポット

道の駅今治市多々羅しまなみ公園

道の駅多々羅は正式には道の駅今治市多々羅しまなみ公園といい、休憩所やレストランなどがついた公園として楽しめます。

公園では瀬戸内海の穏やかな海と多々羅大橋の絶景を見ることができます。この多々羅しまなみ公園はしまなみ海道のサイクリングを楽しむサイクリストの聖地があり、ドライブとともに多くの人々が休憩する場所と言えるでしょう。

またレストランでは、幻の高級魚と言われるマハタ料理を食べることができます。

松山 大三島 観光スポット松山 大三島 観光スポット 松山 大三島 観光スポット

道の駅今治市多々羅しまなみ公園の利用案内

  • 住所:〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口9180-2
  • TEL0897-87-3866
  • FAX0897-74-0663
  • 営業時間:9001700
  • レストラン:10001600(ラストオーダー 1500
  • 休業日:年中無休
  • 駐車場:普通車300台・大型16台・身障者3
  • アクセス:西瀬戸自動車道「大三島IC」を降りてすぐ

村上三島記念館

村上三島記念館は多々羅しまなみ公園の目の間にある記念館で、日本の書家として有名な村上三島の記念館です。

村上三島は「現代書道の巨匠」と呼ばれる人物で、ここ大三島出身の人物としてもしられています。この村上三島記念館では村上三島の遺作850点を含む3800点もの作品が収蔵されており、優雅なひとときを楽しむことができます。

村上三島記念館の利用案内

  • 住所:〒794-1402今治市上浦町井口7505
  • TEL0897-87-4288
  • 午前9時~午後5
  • 観覧料:一般:500円 学生:250
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)、1229日から翌年12日まで

多々羅展望台

村上三島記念館のすぐ上にあり歩いてアクセスすることができるのが多々羅展望台です。

この多々羅展望台は目の前に展開する多々羅大橋の巨大な姿と、瀬戸内海の島々が見渡せる絶景を堪能することができます。また春の季節にはさくらの名所としても知られ、絶景とさくら両方が堪能出来るのです。

多々羅展望台の利用案内

  • 所在地:今治市上浦町井口7505-7
  • 休日:無休
  • 料金:無料
  • 駐車場:10

多々羅キャンプ場・海水浴場

多々羅エリアには海水浴場とキャンプ場も存在します。多々羅しまなみ公園から車で数分、徒歩15分ほどの場所にあるのが、多々羅キャンプ場と多々羅海水浴場です。

こちらのキャンプ場では、目の前の海水浴場とセットで楽しむことができ、夏の海を満喫することができます。シャワー、水洗トイレ、炊事棟なども完備し、エアコンがついているコテージもあります。

多々羅キャンプ場の利用案内

  • 所在地:今治市上浦町井口7523番地
  • TEL0897-87-3855
  • FAX0897-87-3854
  • 駐車場:有(80台)・無料
  • キャンプ使用料は別途

大山祇神社エリアの観光スポット:国宝満載

大三島を代表する観光スポットとしてもっとも有名な存在が大山祇神社です。上記の多々羅公園エリアから車で約13分ほどの場所にあります。大山祇神社は日本全国に400社存在する三島神社の総本社として知られ、古来から敬われてきた神社です。

とりわけ歴史の上では山の神・海の神・戦いの神として尊崇され、歴史上の多くの人物たちが、自らの武運長久を祈願し多数の武具を奉納したとされています。

その中には、源義経や弁慶といった源平合戦で戦った有名人物や、鎌倉幕府を築いた源頼朝、南北朝の動乱を戦った護良親王、戦国時代、尼子家再興のために戦った山中鹿之助など、歴史好きにとっては目を見張る武具ばかりが展示されています。

また近現代に入っても戦いの神としての尊崇は変わらず、伊藤博文や山本五十六などが参拝をしました。そんな大山祇神社を中心に数々の文化財が収められている大山祇神社国宝館や海事博物館といった見所スポットが存在します。

また、周辺には道の駅しまなみの駅や、今治市大三島美術館、大三島藤公園などが存在します。

松山 大三島 観光スポット 大山祇神社 松山 大三島 観光スポット 大山祇神社

大山祇神社、宝物館、海事館

大山祇神社は既に前述したとおり、日本全国にある三島神社や大山祇神社の総本社で、古来から多くの武将の尊崇を集めてきた神社です。

歴史上の人物たちが奉納してきた武具の多くは、そのほとんどが重要文化財に登録されており、社殿・武具等の文化財としてなんと、国宝が8件、国の重要文化財が76件にも登ります。その構成は神社の本殿や拝殿、門などがある境内と、数々の文化財が収められている宝物館、海事館で分かれています。

境内では本殿と拝殿が国の重要文化財としてその豪壮な姿を目の当たりにすることができます。一方、国宝館では奉納された甲冑、太刀、大太刀、薙刀、弓などが見られ、中でも国宝である源義経奉納の赤糸威鎧や、源頼朝の紫綾威鎧、河野通信の紺糸威鎧、後村上天皇奉納の大太刀など、合計8つの国宝はほかでは見ることができません。

また、それ以外の武具も国の重要文化財に指定されており、見ごたえがあります。一方海事博物館では、昭和天皇が海洋生物研究のために使用した御採取船「葉山丸」の展示がされております。松山 大三島 観光スポット 大山祇神社 松山 大三島 観光スポット 大山祇神社 松山 大三島 観光スポット 大山祇神社 松山 大三島 観光スポット 大山祇神社

大山祇神社の利用案内

  • 所在地:愛媛県今治市大三島町宮浦3327番地
  • 紫陽殿・国宝館、海事館:開館時間:8:30-17:00、無休
  • 料金:大人 1,000円 大学・高校 800円 中学・小学 400円(国宝館・海事館共通)

今治市大三島美術館

今治市大三島美術館は、大山祇神社の目の前にある美術館で、数多くの日本画が展示されている美術館です。

その数は約1000点にも上り、こちらの分館として、後にご紹介するところミュージアム大三島、岩田健母と子のミュージアムが存在します。こちらの今治市大三島美術館も大山祇神社の周辺として楽しめます。松山 大三島 観光スポット  大三島美術館

今治市大三島美術館の利用案内

  • 所在地:今治市大三島町宮浦9099-1
  • TEL0897-82-1234開館時間
  • 利用時間:午前9時~午後5
  • 観覧料:一般:500円 学生:250円、団体割引(20人以上):2割引
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)1227日から1231日まで

道の駅しまなみの駅御島

大山祇神社と今治市大三島美術館の間にあり、休憩や車が停められるスポットが道の駅しまなみの駅御島です。

こちらの道の駅は「愛媛マルゴト自転車道」のコース沿いにあり、車だけではなくしまなみ海道のサイクリストたちが休息出来る場所として利用できます。松山 大三島 観光スポット 大三島道の駅

道の駅しまなみの駅御島の利用案内

  • 所在地:〒794-1304愛媛県今治市大三島町宮浦3260
  • 営業時間:8:30 – 17:00
  • 年中無休

松山 大三島 観光スポット 大三島藤公園

この道の駅しまなみの駅御島にある公園が大三島藤公園です。大三島藤公園ではその名前のとおり藤が咲き誇る季節には見ごたえがある公園で、300mの擬木藤棚を始め、バラやさくらといった花も見ることができます。

大三島藤公園の利用案内

  • 所在地:愛媛県今治市大三島町宮浦9100-1
  • 駐車場:約50(無料)
  • 入場料:無料
  • 無休

大三島の海岸、ドライブの観光スポット

大三島の観光スポットは、これまでご紹介してきたとおり、サイクリストの聖地である多々羅公園エリアと、大山祇神社の二つのエリアですが、この二つのエリアを結ぶ海岸線にも数々の観光スポットが存在するのです。

大山祇神社から多々羅公園近くの多々羅インターチェンジまで海岸線を通って戻れば、途中で美しい瀬戸内海の眺めを楽しめる、観光スポットが登場します。

海水浴場から美術館、そして歴史的に貴重な日本最古の水軍城まで、その見所は盛りだくさんです。

台海水浴場、台キャンプ場

大山祇神社から車で10分ほどの場所にあるのが台海水浴場と台キャンプ場です。この台海水浴場とキャンプ場も、瀬戸内海の海特有の穏やかさと白い砂浜を持ち、のんびりとした時間を過ごすことができます。

こちらの施設は夏限定で運営されており7月1日から831日までが利用可能です。

台海水浴場と台キャンプ場の利用案内

  • 所在地:〒794-1305 愛媛県今治市大三島町台
  • TEL0897-82-0577
  • 営業時間:71日~831

ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島は実業家の所敦夫氏が寄付によって開設した美術館です。こちらは先にご紹介した今治市大三島美術館の別館として利用でき、現代彫刻の作品を堪能することができます。

こちらは美術作品だけではなく館内にあるオープンテラスを利用することもでき、瀬戸内海の絶景を堪能できます。松山 大三島 観光スポット ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島の利用案内

  • 所在地:〒794-1308今治市大三島町浦戸2362-3
  • TEL0897-83-0380
  • 開館時間:午前9時~午後5
  • 観覧料一般:300円 学生:150円、団体割引(20人以上):2割引
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)1227日から1231日まで

今治市伊東豊雄 建築ミュージアム

ところミュージアムのすぐお隣にあるのが、今治市伊東豊雄 建築ミュージアムです。こちらは建築家である伊東豊雄氏の作品が展示してある美術館で、ところミュージアムを寄贈した所敦夫氏が伊東豊雄氏に作ることを提案してできたと言われています。

こちらの今治市伊東豊雄 建築ミュージアムでも多くの作品とともに、美しい瀬戸内海の景色を堪能することができます。松山 大三島 観光スポット  伊東豊雄 建築ミュージアム

今治市伊東豊雄 建築ミュージアムの利用案内

  • 所在地:〒794-1308愛媛県今治市大三島町浦戸2418
  • TEL 0897-74-7220
  • FAX 0897-74-7225
  • 開館時間:9:00–17:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)※年末(12/27~12/31)
  • 観覧料:一般…800円、学生…400
  • 団体(20名以上)、65歳以上は2割引
  • 高校生以下または18歳未満無料
  • 障がい者とその介助者1名無料

今治市岩田健母と子のミュージアム

上記、ところミュージアム大三島と今治市伊東豊雄 建築ミュージアムから車で10分ほど行った場所にあるのが、今治市岩田健母と子のミュージアムです。

今治市岩田健母と子のミュージアムは、上記の今治市伊東豊雄 建築ミュージアムの伊東豊雄氏が設計した美術館で、「母と子」を主な題材にした岩田健氏の作品が展示されています。松山 大三島 観光スポット  岩田健母と子のミュージアム

今治市岩田健母と子のミュージアムの利用案内

  • 所在地:〒794-1309愛媛県今治市大三島町宗方5208-2
    TEL0897-83-0383
  • 開館時間:午前9時~午後5
  • 観覧料:一般:300円 学生:150円、団体割引(20人以上):2割引
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は原則翌日振替)1227日から1231日まで

甘崎城跡

最後に大三島インターチェンジ付近にある海の見所スポットが、甘崎城跡です。甘崎城跡は、日本最古の水軍城として知られる城跡で、その最大の特徴は、潮の引いた時に歩いて渡れるというのが特徴です。

その歴史は非常に古く、西暦671に遡ると言われ、天智天皇の時代に唐軍の侵攻に備えて築城されたとも言われています。

その後南北朝時代から戦国時代には有名な村上水軍の通行税徴収の拠点として機能し、有名な村上通康が城主を務めたとも言われています。

現在も年に数回だけ潮が上がる時に歩いて渡ることが可能で、その貴重な姿を見ることができます。

まとめ

これまでご紹介してきたように、大三島の観光の特徴、歴史、文化、自然の絶景とほかでは味わうことができない非常に独特のものを堪能することができます。また、サイクリングの聖地としても知られており、瀬戸内海ならではの美しい景色をサイクリングやドライブで楽しむことができます。しまなみ海道のおすすめスポットです。今治市の観光スポットの一つとしてお楽しみください。

予約バナー松山大街道