一般にも開放、常滑のヨットハーバーの公園。NTPマリーナりんくう

常滑のマリンレジャーの一大拠点。NTPマリーナりんくう

焼き物の町として有名な常滑。常滑焼の名前でしられ日本を代表する焼き物産業の町として有名です。かつての焼き物の産業を残す焼き物散策道は映画のロケ地としても使用されるほどで、充実した街歩きの時間を提供してくれます。また常滑初の焼き物企業としてINAXがありますが、INAXのライブミュージアムでは常滑と焼き物のさまざまな体験展示を楽しめるミュージアムとして楽しめます。

そんな焼き物の町としてしられる常滑ですが、もう一つの観光の顔を持っているのをご存知でしょうか。それが海とマリンスポーツに関する顔です。常滑市は伊勢湾沿いにあることから、数々のマリンスポットを揃えているのです。海水浴場はもちろんのこと、ボートレースといった常滑ならではの観光スポットが控えます。そしてその中でも大変珍しいのが本日ご紹介するNTPマリーナりんくうです。

NTPマリーナりんくうは、一部一般の人にも開放されているヨットハーバーで、すぐ近くにある常滑りんくうビーチとともに、美しい海の景色を楽しめる公園としても利用することができるのです。ちなみにマリーナとはボートなどの船が保管されている海の駅のようなもの。ボートのレンタルや販売、給油、さらには教習なども行っており、マリンレジャーの拠点的な存在です。

NTPマリーナりんくう 常滑 マリンスポット

NTPマリーナりんくうへのアクセスと周辺の観光スポット

NTPマリーナりんくうは、中部国際空港セントレアのすぐ近くにあります。電車では名鉄線中部国際空港駅からわずか2分のりんくう常滑駅が最寄駅でりんくう常滑駅から徒歩5分ほどの場所にあります。車でのアクセスにも適しており、名古屋中心部の方からアクセスする場合にはりんくうICを降りてわずか3分の場所です。

周辺には上記でのべた常滑りんくうビーチやボートレース常滑といったそのほかのマリンレジャーのスポットがあり、同時に焼き物散策道やINAXライブミュージアムなど常滑のメイン観光である常滑焼に関する観光スポットがすぐ近くにあります。ちなみにカンデオホテルズ半田からNTPマリーナりんくうまでは車で約20分ほどでいくことが可能です。

NTPマリーナりんくうはこちらです

一般向けの海浜公園としても開放

NTPマリーナりんくうのNTPとは、名古屋トヨペットの略称で名古屋トヨペットが運営しているボートビーチです。冒頭でご紹介したとおりマリーナとは、ボートによるマリンレジャーの一大拠点で、ボートの販売やレンタル、免許の講習、給油などを中心に利用できるレジャー施設で、基本的にはボートオーナーの方のみが利用できる会員制のボートビーチです。

このNTPマリーナりんくうも、オーナー専用のラウンジなどがあり一般の人はラウンジに入ることはできませんが、ボートが並ぶ公園としても一般向けに開放されており憩いの公園として利用することが可能です。ちなみに周辺には海鮮系のレストランなどもあり公園の散策と食事などにも利用できる環境です。

NTPマリーナりんくう 常滑 マリンスポット

ボートが多数停泊している港です。

NTPマリーナりんくう 常滑 マリンスポット

ボートの販売やレンタル、免許の講習、給油などが受けられます。

NTPマリーナりんくう 常滑 マリンスポット

ヨットハーバーへは会員でないと入れませんが、外の公園は一般開放されています。

まとめ

NTPマリーナりんくうは、常滑のマリンレジャーの主要スポットの一つとして常滑りんくうビーチや、ボートレース常滑とともに利用することができます。ただラウンジやゲストハウスの利用はオーナーで会員にならなければ利用することができないため、一般公開の公園でゆったりすることも可能です。常滑は常滑焼を中心とした焼き物の町としても楽しめますが、中部国際空港セントレアを中心に海沿いのマリンレジャーの町としての顔も持っています。