静岡の動物園なら日本平動物園

170種類800点以上にものぼる動物が見所

歴史や文化がいっぱい詰まった静岡市の観光スポット。とりわけ静岡市の観光では徳川家康ゆかりのスポットが数多く存在し、家康が埋葬されたとされる久能山東照宮はその代表とも言えるでしょう。

この久能山東照宮は、海岸沿いの石段からのぼることができますが、通常は日本平にあるロープウェイから行くのがベストです。この日本平はこのロープウェイだけではなくドライブコースにもなっている、景観スポットの一つで、静岡の景観の特長とも言える富士山の景色を楽しみながらドライブすることができるのです。

この日本平にはまた、もう一つ欠かすことができないファミリースポットが存在するのです。それが本日ご紹介する日本平動物園です。静岡を代表する動物園として知られ2005年に一躍有名になった直立するレッサーパンダ「風太」が生まれた動物園としても知られます。

また動物円としては40年以上を超える歴史をもち、2013年にはリニューアルオープンもし、新たな展示方法を楽しむことができます。ちなみに日本平動物園で見ることができる動物の種類は170種類800点以上にものぼっており、13ヘクタールにも及ぶ広大な自然豊かな環境のなかでさまざまな動物に触れ合える場所として有名です。

静岡 観光スポット 動物園静岡 観光スポット 動物園

日本平動物園へのアクセスと周辺の観光スポット

日本平動物園は冒頭でご紹介したとおり、久能山東照宮へ向かう日本平ロープウェイのすぐ近くにあります。日本平動物園から日本平ロープウェイまではその距離わずか車で10分程の距離であり、日本平のドライブや、久能山東照宮の観光とセットで訪れることも可能です。

また日本平動物園は東静岡駅まで車で10分、静岡駅までは20分ほどで行くこともできます。静岡駅周辺では駿府城や静岡浅間神社といった観光地と組み合わせてもいいかもしれません。

さらには日本平動物園は、清水港からも近く清水港の新鮮な魚介類を味わえる寿司横丁が有名なエスパルスドリームプラザまで20分ほど、世界遺産にも登録され、富士山との景色が美しい三保の松原までも30分ほどで行くことができるのです。カンデオホテルズ静岡島田からは東名高速道路を通って35分でアクセス可能です。

日本平動物園の利用案内

  • 開園時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)
  • 休園日 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日まで
  • 料金:一般610円(団体490円)、小中学生150円(団体120円)
  • 駐車場:普通車610円、バス1540円

日本平動物園は既に冒頭でご紹介したとおり170種類800点以上もの動物を目の当たりにすることができます。アジアゾウやアムール虎、ライオン、オラウータンやキリン、サイやアメリカバイソン、ペンギンといった動物園でお馴染みの動物たちから、レッサーパンダやオオアリクイなどの珍しい動物も見ることができるのです。

とりわけ、二本足で立つレッサーパンダとして有名になった「風太」もここ日本平動物園で生まれたほど。またオオアリクイは国内の保存事業で日本平動物園は随一の繁殖成績をおさめているのです。

このように単純に動物を展示するだけではなく、静岡県を中心にした地域で積極的な保存活動を行っているのも特長と言えるでしょう。

 静岡 観光スポット 動物園静岡 観光スポット 動物園

日本平動物園は2013年のリニューアルによって新しくなりましたが、最大の特長は「ふれあい動物園」や「フライングメガドーム」「ふしぎな森の城」といった新たな施設が新設されることで、子供達が何度来ても飽きることなく、さまざまな動物たちと触れ合えるような構造になったのです。

静岡 観光スポット 動物園

まとめ

日本平動物園はさまざまな動物たちと触れ合える動物園として、多くの人々に愛されています。またその立地条件からも静岡を代表するような観光スポットと一体となって利用することができます。

とりわけ同じ日本平にあり、わずか10分で行くことができる日本平ロープウェイや、久能山東照宮などとセットで利用するといいかもしれません。

特に子供と一緒に観光するには、水族館や恐竜館として利用できる三保の松原近くの東海大学海洋科学博物館や東海大学自然史博物館と一緒に、おすすめです。

 予約バナー島田