松山の公園特集

 観光スポットとしての松山の公園

四国最大の都市圏である松山市。愛媛県の県庁所在地としてしられ、一大商業都市としても知られます。また観光では道後温泉や松山城などミシュランガイドに掲載されるほどの価値あるスポットが存在し、古くからの歴史や文化などが混在する町としても知られます。

そんな松山の観光スポットには公園という切り口で楽しめるスポットが存在するのです。一般的に公園というと、広い芝生のあるというイメージですが、松山の公園スポットは歴史や文化が余すところなく詰まったスポットが存在します。

とりわけその最大のものが松山城に代表される城山公園です。巨大な松山城をまるごと公園として体感出来るこのスポットは松山観光の最大の目玉と言えるでしょう。また、道後温泉の隣にある道後公園も、かつてこの地を支配した守護大名河野氏の居城として、その遺構を散策できます。

さらに松山の公園には、こうした歴史や文化がつまった公園スポット以外にも、家族で楽しめる公園スポットが存在します。広大な芝生や子供たちが楽しめる大自然がある、えひめこどもの城や、自然と触れ合える松山総合公園、坊ちゃんスタジアムの愛称で知られる野球場や、武道場、プールなど各種スポーツ施設がそろう松山中央公園など、松山周辺にはさまざまな種類の公園が存在するのです。

今回は松山観光の一つの楽しみ方として、さまざまなスタイルの公園をご紹介しましょう。歴史や文化を体感するもよし、大自然をゆったりと散策するもよし、またご家族で楽しく過ごすのもよしと、松山の公園スポットはさまざまな利用シーンで重宝しそうです。

松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園 松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園松山 観光スポット 堀之内地区

城山公園:松山城本丸から二の丸庭園、堀之内地区まで

松山で最大の公園といえば、城山公園が第一に挙げられるでしょう。一般的には松山城という名称で知られていますが、この城山公園はかつての松山城をまるごと公園化したスポットなのです。

この城山公園ですが、大きく分類すると3つのスポットに分けることができます。第一が、いわゆる「松山城」と言われる部分で、ロープウェイで本丸付近までアクセスし、天守閣まで見学可能な部分です。

第二のスポットが松山城史跡二の丸庭園といわれるスポット。かつての藩主の邸宅や政庁などがあった部分で、美しい庭園として利用が可能です。

そして第三が松山城堀之内地区といわれる部分。こちらでは愛媛県美術館や市民会館などがあり、美しく整備されば公園は憩いの場としても利用が可能です。この3つのスポットからなるのがいわゆる城山公園といわれる場所で、松山観光の最大の見所と言えそうです。

松山 観光スポット 松山城 松山 観光スポット 松山城松山 観光スポット ロープウェイ街道 松山 観光スポット ロープウェイ街道

城山公園の最大の見所。松山城ロープウェイと天守閣

城山公園の最大の見所であり、いわゆる松山観光の定番中の定番がこの天守閣がある本丸一体です。こちらは本丸へはロープウェイかリフトでアクセスすることが可能で、ロー雨ウェイ乗り場までのロープウェイ街道とともに、最大の見所と言えるでしょう。

松山城は戦国時代の武将、賤ヶ岳の七本槍の一人加藤嘉明が築城し、江戸時代には松平家15万石の城下町として栄えた存在です。大天守を含む21もの建造物が国の重要文化財に登録され、国の史跡にも登録されているスポットです。

詳しくは、「松山の中心、巨大な城を体験できる松山城」でご紹介していますが、巨大な城郭建築と天守閣は見所満載のスポットとしてしられ、城山公園最大の見せ場となっています。

また、本丸までアクセスするロープウェイとリフトは、城山公園のもう一つの見所としてしられ、松山市内の美しい景色を堪能することが可能です。このロープウェイについても「松山城への入口、お土産がいっぱいのロープウェー街」でご紹介しておりますので、是非そちらの記事もご参照ください。

松山 観光スポット ロープウェイ街道 松山 観光スポット ロープウェイ街道 松山 観光スポット ロープウェイ街道 松山 観光スポット ロープウェイ街道松山 観光スポット 松山城

 城山公園にのこる美しい庭園。松山城史跡二の丸庭園

松山城史跡二の丸庭園は、かつての藩主の邸宅や政庁があった場所です。現在は史跡としてまた美しい日本庭園のスポットとしてしられ、本丸や天守閣とはまた違った城山公園の魅力を堪能することができます。

この史跡二の丸庭園では、防御用の巨大な大井戸(大きさはなんと東西18m、南北13m、深さ9m)が残されており貴重な歴史スポットとしても楽しめる場所なのです。また、恋人の聖地にも認定されるスポットで、美しい日本庭園をゆったりとめぐるといった楽しみ方もできます。

こちらの史跡二の丸庭園も「恋人の聖地にも認定、松山城二ノ丸史跡庭園」でご紹介しておりますので、詳しくはそちらをご参照ください。

松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園 松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園 松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園 松山 観光スポット 松山城史跡二の丸庭園

城山公園のウォーキングコース。フォトスポットでもある堀之内地区

城山公園の第三の見所が堀之内地区です。この堀之内地区はいわば城の三の丸に該当する部分です。この堀之内地区が完成したのは慶長10年、1605年といわれる古さで、こちらも本丸、二の丸と合わせて公園として整備されているエリアです。

この堀之内地区は非常に広大で、三之丸御殿跡や武家屋敷跡に始め、芝生でくつろげるやすらぎ広場や、犬の散歩やスポーツが出来るふれあい広場、愛媛県美術館、松山市民会館、県立図書館など、いわば堀の内部に、歴史と文化とスポーツと憩いの場が混在する一体が広がります。

また本丸などとは違い、フラットで平坦なエリアなため、手軽なウォーキングコースとしても整備されており、緑あふれる空間をゆったりと散策し歩き回ることができます。この堀之内地区は城山公園のなかで、最も現代的な公園らしい場所と言えるでしょう。

松山 観光スポット 堀之内地区 松山 観光スポット 堀之内地区 松山 観光スポット 堀之内地区 松山 観光スポット 堀之内地区

 道後公園:道後温泉すぐそば。かつての河野氏の居城

松山の公園スポットの中で、もう一つ歴史的な存在が道後公園です。この道後公園は、かつて湯築城と言われた城であり、河野水軍で有名な伊予国の守護、河野氏の居城であった場所です。現在は道後公園として整備されており、道後温泉エリアの代表的な観光スポットの一つです。

この道後公園は、かつての河野氏の城跡としての観光だけではなく、ピクニックスポットとしても有名で、広場になっている一体では天気のいい日などは多くの人が訪れお弁当を広げています。またお花見スポットとしてもしられ、桜の咲く季節には、温泉街の貴重なお花見スポットとして多くのお花見客が訪れる場所でもあるのです。

もちろん、歴史的な見所も満載で、入口には実際に道後温泉本館で長年に渡り使用されていた巨大な湯釜が展示されてあったり、河野氏の家臣団の住居跡などが再現された建物も残ります。

また城の本丸跡も小高い丘として手軽に登ることが可能で、頂上の展望台からは松山市内を見渡すことが可能です。道後公園では「道後温泉横の河野氏ゆかりの地、道後公園湯築城跡」でもご紹介しておりますので、そちらもご参照ください。

道後観光の貴重な一スポットとして楽しめることができます。

松山 観光スポット 道後公園 松山 観光スポット 道後公園 松山 観光スポット 道後公園 松山 観光スポット 道後公園

松山郊外の公園たち 隠れた穴場スポット

これまでご紹介してきた公園は、いわば松山市内の中心部に存在する公園です。城山公園は松山城エリアの巨大な観光スポットとして、道後公園は、道後温泉の歴史を味わえる観光スポットとして存在し、いわば、この二つの公園は松山観光の最も代表的な存在でもある公園です。

しかし、松山にはこうした観光スポットとしての公園以外にも家族で楽しめる大きな公園が存在するのです。これからご紹介する郊外に存在する公園たちは、大自然と広大な広場などが売りの公園で、小さいお子さんやお年寄りなど、多くの人が楽しめ、ゆっくりと過ごすことが出来るスポットです。

 

 松山総合公園:桜から椿、ドッグランまでそろう

松山総合公園は上記でご紹介した2箇所の公園とは違い、松山の中心市街地から離れた場所にある公園です。松山駅北西部にある大きな公園で、大自然や景色の眺めが堪能出来る公園です。見所は幾つかありますが、さくらの丘がありたくさんの桜の木が植えられています。

この桜の丘や花見広場はお花見の季節には美しい姿を目の当たりにすることができます。また、花では桜以外に椿園もあり、ドッグランなどもあります。更にはドイツの城の形をした展望台があり、松山市内の眺めを楽しむこともできます。

 

 松山中央公園:野球場からテニスコートまでそろうスポーツ公園

松山郊外にある公園のもう一つの存在が松山中央公園です。松山中央公園は通称、坊ちゃんスタジアムの名称で知られる野球場がある場所としてもしられています。もともと野球場は松山城の城山公園内に松山市駅球場として存在しましたが、戦後間もない1948年に移転され、現在の中央公園に坊ちゃんスタジアムとして利用されています。

この松山中央公園は野球場以外にもテニスコートや運動広場、野外運動場、武道館、多目的競技場、プールまでそろう一大スポーツ公園としてしられ、さまざまな目的で利用することが可能です。

また、この松山中央公園にある坊ちゃんスタジアムでは、松山に野球を持ち込んだ一人でもある正岡子規の名前、昇をもじった博物館、松山市野球歴史資料館 の・ボールミュージアムもおすすめのスポットです。

 

えひめこどもの城:大自然からボブスレーまでそろう

松山郊外の公園として最後にご紹介するのが、えひめこどもの城です。えひめこどもの城は、有名な砥部動物園の隣に存在する一大テーマパークで、公園としての利用もできます。とにかく広い敷地内には、子供たちが楽しめるさまざまなスポットが存在します。

広大な野外ステージや水遊びが出来る水路、ボート遊びが出来る池があるイベント広場や、陶芸や木工などが出来る創造の丘、更にはボブスレーやモノレールまで完備して楽しむことができます。

またこの、えひめこどもの城でもふれあいの森といった野鳥や動物の観察が出来る自然そのままの森が存在し、野外教育の場所や散策の場所としても利用可能です。こちらのえひめこどもの城は砥部動物園ともつながっており、セットで利用してもいいでしょう。

松山 観光スポット えひめこどもの城 松山 観光スポット えひめこどもの城 松山 観光スポット えひめこどもの城 松山 観光スポット えひめこどもの城

 まとめ

これまでご紹介してきたのは、松山の中でも最も中心的な公園です。もちろん公園としてはこれ以外にも小さい公園を含めれば多数存在しますが、観光スポットとして楽しめたり、家族で気兼ねなく過ごすことができ、価値ある時間を過ごすことが出来る公園たちは、上記でご紹介したスポットが中心と言えるでしょう。

是非松山観光のひとつの楽しみ方として公園を訪れてみてはいかがでしょうか。