佐野に伝わる郷土料理、耳うどんが楽しめる野村屋本店

佐野のもう一つの郷土料理 耳うどん

栃木県佐野市といえば、一般的に佐野ラーメンが有名ですが、実は佐野には古くから伝わるもう一つの郷土料理があるのをご存知でしょうか。正確には佐野市仙波町に古くから伝わる料理で、耳の形をしたうどん、耳うどんです。

もともと佐野市仙波町では、この耳うどんをお正月に食べるのが習慣となっていたとかで、なんと江戸時代後期からその習慣があったとか。耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、それを食べることで、自分の家の話を悪い神様に聞かれることがなく一年間は悪いことが起こらないという言い伝えがあります。

いわば魔除けとして食べられるようになった郷土料理で、現代でもこの地に伝わり親しまれています。そんな耳うどんですが、佐野では明治からつづく老舗のお店があるんです。それが本日ご紹介する野村屋本店。創業明治40年のこのお店では遠隔地からも名物の耳うどんを食べようとお客さんが訪れる場所。佐野に来たら是非一度は食べてみたい料理です。

佐野 耳うどん 野村屋本店

耳うどんの老舗、野村屋本店へのアクセス

野村屋本店はJR両毛線の佐野駅から徒歩で約10分ほどの場所にあります。また、駐車場も広いため車でのアクセスにも最適です。カンデオホテルズ佐野からは車で約12分ほど。すぐさまアクセスすることができます。

野村屋本店はこちらです

すいとんのようにもちもち、おせちのような贅沢さ

野村屋本店の耳うどんは、さまざまなバリエーションの耳うどんがあります。今回は最もベーシックな耳うどんをいただきました。まさにお正月のおせち料理のようなイメージで、すいとんのような食感をしたもちもちの耳うどんに、かまぼこやカニ、伊達巻のようなものまで入っています。

もともと正月の残り物を処理するというところからたべられていましたが、贅沢そのものです。汁も関東風の濃い醤油味で普通のうどんとは違う楽しみがあります。ここ野村屋本店では、通常の耳うどん以外に味噌煮込みの耳うどんや、カレー煮込み耳うどん、田舎風耳うどんなど、多くの耳うどんのバリエーションを楽しめます。また、それ以外の通常のそばやうどん、ご飯ものもありますのでオススメです。

佐野 耳うどん 野村屋本店

耳うどんです

佐野 耳うどん 野村屋本店

まさに耳のよう

カンデオホテルズ佐野