松山市駅を中心にめぐる。観光モデルコース

松山観光の一大交通拠点。松山市駅

愛媛松山の観光といえば、道後温泉松山城が代表的な存在です。道後温泉本館を中心に、独特の雰囲気を持つ道後エリアと、巨大な松山城を中心にして発展した商店街などの松山城エリアは、松山市内の観光と商業の中心とも言える場所です。

また、このあたり一体には、愛媛県の県庁所在地として、愛媛県庁や簡易裁判所など、行政機能が集中するスポットでもあるのです。そんな愛媛県の経済と行政の中心的存在でもある松山は、路面電車がとおり、どこでも手軽に移動することができるコンパクトシティと言う表現がピッタリの街。

この路面電車の存在は、車よりも早く冒頭の松山城周辺や道後温泉一体といった、主要な有名スポットへのアクセスをスムーズにしてくれるのです。そんな路面電車の中心的な存在として知られ、ある意味松山市内の交通拠点とも言える場所が本日ご紹介する松山市駅です。

路面電車の始発、終点駅として知られ、上記松山城がある大街道駅や、道後温泉駅まで運行しています。更には、中心市街地市内のエリアと外の郊外のエリアとを結ぶ存在です。そしてこの松山市駅を中心にした観光スポットも同時にご紹介したいと思います。

松山市駅 観光 モデルコース

松山市駅は高島屋を始め四国最大の繁華街です。

かつては「松山駅」だった四国で最初の駅、「松山市駅」

ここでは、松山市駅の簡単な概要や機能、歴史についてご紹介しましょう。松山市駅は、市内の観光という点から見れば路面電車の始発駅としての利用が中心ですが、本来は、「松山市駅」としては3つの路線の駅としての機能がメインです。

その役割は、経済と行政が集約する中心市街地に、郊外からアクセスしやすくするという機能を持っているのです。四国で最初に作られた路線で、港である高浜港まで結ぶ高浜線、ベッドタウンでもある松前町や伊予市と松山を結ぶ郡中線、ミカンの産地として有名な東温市の横河原駅までを結ぶ、横河原線であり、その3方面の出発地点としての存在が松山市駅です。

その開設は四国で一番はじめに設けられた駅として知られ、現在のJR松山駅が開通する前から現在の場所にありました。そのため開設当初は、「松山駅」というシンプルな名前でしたが、国鉄が国鉄松山駅を開設するに及び、名前を変更しろという運動を起こされ、伊予鉄は仕方がなく現在の「松山市駅」という名称に変更した経緯があるとか。

初めて松山観光に訪れる人にとっては「松山駅」と「松山市駅」という二つの存在があることを知らない人も多いですが、観光では圧倒的に「松山市駅」の方を利用します。

松山市駅 観光 モデルコース

市内を走る路面電車の中心的な存在。

松山の主要観光を担う路面電車3つのルートの中心的存在

観光で多用する多用する路面電車は松山市駅からは3つのルートが通っています。第一が、松山市駅から道後温泉までの往復ルート。第二と第三のルートは松山城の周囲を回る環状線とも言える存在で、第二が松山市駅から大街道方面に向かい松山城をぐるっと回ってJR松山駅をとおり松山市駅に戻ってくるルート。

第三が、今度は逆に松山市駅からスタートし、JR松山駅前をとおり、松山城を回って大街道をとおり松山市駅に戻ってくるルートです。第一のルートは松山観光の代表とも言える道後エリア一体に向かうために便利な路線で、第二のルートは松山城の入口であるロープウェイ街道や、松山の一大商店街である大街道の入口でもある大街道駅までスムーズに向かうことができます。

ちなみに、この路面電車は、松山市駅を通らないルートとして、JR松山駅と道後温泉をむすぶルートと、本町六丁目と道後温泉をむすぶルートもあり、全部で5つのルートが存在するのです。

松山市駅 観光 モデルコース

松山市駅は路面電車の中心的な駅です。※伊予鉄の路線図

松山市駅の主要観光スポット。その見所をご紹介

これまでは松山市駅の観光における役割をご紹介してまいりましたが、ここからは松山市駅そのものや、松山市駅周辺の主要な観光スポットをご紹介してまいります。松山観光でメインとなる部分は松山城周辺や道後温泉一体などですが、この松山市駅周辺にも少なからず見所スポットがあるのです。また、松山市駅周辺は、市の商業の中心地でもある、これからご紹介する駅ビル高島屋や、商店街なども楽しめるエリアなのです。

松山市駅の見所、坊ちゃん列車の手動転回が見れる

松山市駅の見所の一つとして、上記の坊ちゃん列車の乗降駅であることから、その転回作業を見ることができます。坊ちゃん列車は明治時代に実際に走行していた蒸気機関車をディーゼルエンジンで復活させたタイプですが、現代の電車とは違い、先頭の蒸気機関車が客車を引っ張って運行するという種類になります。

そのため電車のように終点に到着したあとは、後方の車両が先頭に切り替わるということができません。通常は蒸気機関車は終点に着いてから折り返す際には、回転台で車両の向きを変え、客車に連結させる作業が行われますが、坊ちゃん列車の場合は小型ということもあり、手動でその回転作業と連結作業を行わなければならないのです。

この転回作業は実際に明治時代に行われていたもので、坊ちゃん列車に乗車するのと同時に是非見ておきたい松山観光の醍醐味とも言えるのです。この転回作業が行われるのは、終点である松山市駅と道後温泉駅などだけで、松山市駅はその作業を目の当たりにできる貴重なスポットでもあるのです。

松山市駅 観光 モデルコース

道後温泉駅とともに、坊ちゃん列車の回転が見れます。

四国最大級の百貨店、伊予鉄高島屋と松山市内が一望できる観覧車「くるりん」

松山市駅は、松山郊外と松山市内をむすぶ、重要な役割を果たしているため、必然的に多くの人が集約する機能を担っています。そうしたことから、松山市内の一大商業エリアを形成しており、その最大の拠点とも言える存在が、駅ビルでもある伊予鉄高島屋です。

この伊予鉄高島屋は、伊予鉄が高島屋と資本提携して運営する百貨店で、こうした由来から名称を伊予鉄高島屋とされているのです。その規模は売上高では四国最大の規模を誇るデパートとなっており、床面積は43000平米で1階から9階まで有り、その規模でも四国最大級とも言えます。

この伊予鉄高島屋はもちろん、高級ブランドからファッション、レストランまでなんでも揃う百貨店です。また最上階の屋上では「くるりん」と言われる高さ地上約85メートルにも及ぶ観覧車があり、松山城や松山市内を一望することができます。

松山市駅 観光 モデルコース

伊予鉄が運営する伊予鉄高島屋。屋上にある大観覧車がシンボルです。※出展:Wikipedia

松山駅前地下街「まつちかTOWN」と一大商店街「松山銀天街」

松山市駅は上記でご紹介した伊予鉄高島屋以外にも商業の中心地としての見所があります。それが一大商店街である銀天街と、銀天街へとつづく松山駅前地下街の「まつちかTOWN」です。この二つの商店街は実は松山市内を特徴づけている巨大商店街網の一角として知られ、なんと、その終点は松山城入口のロープウェイ乗り場まで続いています。

松山の商店街では戦後の闇市から始まった大街道が有名ですが、大街道は松山市駅から続く駅前地下街から銀天街を通り続いている存在。言うなれば松山市駅がその一連の商店街のスタート地点とも言えるのです。そんなスタート地点とも言える松山駅前地下街「まつちかTOWN」は、上記でご紹介した伊予鉄高島屋の地下からアクセスが可能で、さまざまな飲食店や喫茶店などが広がる地下商店街です。その長さは日本で二番目に短い地下街として知られるスポットです。

松山市駅 観光 モデルコース

伊予鉄高島屋まで地下で繋がっている商店街まつちかTOWN

松山市駅 観光 モデルコース

飲食店からお土産までそろう地下街です。

そして「まつちかTOWN」の先にはエスカレーターでのぼる入口が有り、そのエスカレーターを上ると登場するのが松山銀天街です。松山銀天街は巨大なアーケード型の商店街で、上記の大街道商店街へと続く巨大商店街の代表格。

そこにはファッションからグルメ、飲食に至るまであらゆるお店が連なっており、歩くだけでも楽しい商店街となっているのです。例えば、歩いてめぐる観光ルートの一つとしてもこの松山銀天街を通り、そのまま大街道商店街を抜け、ロープウェイ商店街を通って松山城までいくということも可能です。

松山市駅周辺はそんなショッピングに最適な空間が広がっているのです。ちなみに、松山市駅から大街道駅までは路面電車ではわずか8分で行くことができますが、この「まつちかTOWN」から銀天街を抜け、大街道商店街まで歩いて回ることも可能です。

この場合は約20分ほど。さまざまなお店が立ち並ぶ巨大アーケード商店街を散策しながら巡って回るという楽しみ方もあります。

松山市駅 観光 モデルコース

まつちかTOWNから銀天街へと抜けられる。

松山市駅 観光 モデルコース

銀天街は大街道商店街までつづき、ロープウェイ街道をとおって松山城まで行くこともできます。

正岡子規ゆかりの子規堂も外せない

これまでご紹介してきた松山市駅の見所観光スポットはショッピングが中心でしたが、松山を代表する人物である正岡子規ゆかりの観光スポットがあるのです。それが愛媛県の史跡にも指定されている子規堂です。子規堂は松山市駅の主要な側の反対側、南口にある場所で、歩いて3分ほどの場所にある正岡子規にちなむ観光スポットです。

入館料は50円で見て回れる記念館で、正岡子規が17歳まですごした住居を再現して作られているのです。また正岡子規と親友でもあった夏目漱石に関する原稿や文学資料なども展示されており、他の正岡子規ゆかりの観光スポットとセットで訪れるとより一層文学の街松山の観光を堪能することができるでしょう。

正岡子規ゆかりのスポットでは道後観光の見所スポットの一つでもある道後公園の目の前に松山市立子規記念博物館があるので、セットで見ても面白いでしょう。

松山市駅 観光 モデルコース

正岡子規ゆかりのスポット子規堂

まとめ より一歩松山の地元を感じられる入口

松山市駅は、これまでご紹介してきたとおり、松山市内の主要観光スポットにアクセスする路面電車の一大拠点として、また松山郊外から松山市内へとアクセスするための一大交通拠点として重宝されています。また松山市駅周辺は四国最大級の百貨店である伊予鉄高島屋や、松山の一大商店街である銀天街などその商業と経済の中心として多くの人に愛用されています。

そのため従来の道後観光や松山城周辺という楽しみ方とは一風変わった、松山の地元を感じられる観光ルートとして楽しんでみてはいかがでしょうか。商店街を散策後は、松山市駅から路面電車にのって道後温泉へ直行するなど、楽しみかたは無限大です。

予約バナー松山大街道