八ヶ岳の山梨県立まきば公園。広大な緑の牧草地と動物とのふれあい

八ヶ岳南嶺を堪能できる県立まきば公園

夏の避暑地や高原地帯の観光スポットとして知られる八ヶ岳。諸説ありますが、八ヶ岳は八つの山が連なっているように見えることからこの一体の山々を総称して八ヶ岳と言われるようになったとか。

その広さは広大で、北は長野県の諏訪湖や茅野市にいたり、南側は山梨県の清里まで及びます。そんな八ヶ岳には周辺にさまざまな観光スポットがあるのをご存知でしょうか。北も南もそれぞれ高原や避暑地を堪能できるドライブコースがあり、北側の長野側ではビーナスラインが、南側の清里側では、八ヶ岳高原ラインがあります。

本日はそんな八ヶ岳の南側の観光スポットである、まきば公園をご紹介します。山岳の高原地帯では、牛や馬などの放牧に最適な地点として古くから知られ、この八ヶ岳の周辺にもさまざまな牧場が存在します。

本日ご紹介する山梨県立まきば公園もそのうちの一つ。県立八ヶ岳牧場の一部が公園として開放されさまざまな動物を見ることができます。

通常、牧場といってもなかなか中にまで入って見ることができないのが一般的ですが、この山梨県立まきば公園は、公園として整備されているので、暑い夏でも涼しく散策しながら牧場の動物に親しむことができる観光スポットです。

長野 観光 八ヶ岳南 まきば公園

山梨県立まきば公園へのアクセス

山梨県立まきば公園は、八ヶ岳南嶺の八ヶ岳高原ライン沿いにあります。八ヶ岳高原ラインは、高原地帯の風景や観光スポットを楽しめるドライブコースとして、知られ、清泉寮や吐竜の滝など、山岳地帯ならではのスポットが存在します。

まきば公園もそんな八ヶ岳高原ラインのコースにある欠かすことができない観光スポットの一つとして知られます。

カンデオホテルズ茅野はお隣の長野にありますが、高速道路を使っていくと、まきば公園までわずか40分ほどで行くことが可能です。カンデオを拠点にして清里付近のドライブを楽しむことも可能です。

 雄大な大自然を体感。南アルプスの高原と、牧場ならではの風景

山梨県立まきば公園は八ヶ岳高原ラインを通っていくと登場する名所赤い橋の東沢大橋の手前にあります。公園とはいえ、広大な八ヶ岳牧場の一部を使って開放されているため、牧場そのものの景色を堪能することができます。

ここではさまざまな動物たちが放牧され目の当たりで見ることが出来るのですが、最大の見所は雄大な八ヶ岳南嶺の絶景だと言えるでしょう。標高1400メートルもの高い場所にあることから、牧場からも南アルプスの高原ならではの山岳地帯の景色を堪能することができます。

駐車場から車をとめてすぐに登場するのが半ば展望台とも言える広大なデッキ。そこから眺める景色は、目の前には牧草が生い茂る牧場が広がり、遥か遠くには、雲を越す山岳地帯がひろがります。八ヶ岳高原ラインのドライブコースとは一風変わった、牧場から眺める雄大な高原地帯は開放感な大自然を味あわせてくれます。

長野 観光 八ヶ岳南 まきば公園長野 観光 八ヶ岳南 まきば公園

子供の動物ふれあい体験にオススメ。大自然で過ごす牧場ならではの動物

山梨県立まきば牧場は、前述のとおり、八ヶ岳牧場の一部を開放されて作られているため、牧場ならではの動物たちに出会うことができます。

広大な牧草地には、羊やヤギ、ポニーが開放され、自然と過ごす姿が目の当たりにできます。動物園では一定の決められた区画に動物たちが入れられているのを目にするだけですが、ここ山梨県立まきば高原では、極力自然に近い形で動物たちのありのままの姿が目の当たりにできるのが嬉しいところ。

特にありのままの動物の姿はなかなか目にすることができないため、小さいお子さんやご家族連れには最適。更にはここで開放されている羊などには無料で開放されることもあり、見るだけではなく実際に目の前で触れることもできます。

子供たちに自然を体感してもらう新しい体験を提供するにはこれほど最適な観光スポットはありません。

長野 観光 八ヶ岳南 まきば公園長野 観光 八ヶ岳南 まきば公園

まとめ 高原と山梨をまるごと体験

ここ山梨県立まきば公園では、これまでご紹介してきたような南アルプスの絶景や、動物や自然とのふれあい以外に、山梨県の特産を堪能することができるレストランも設けられています。

レストランでは高原ならではの高原野菜や、雄大な牧草地で育った牛の牛乳、山梨県産ワインと、大自然から生み出された山梨ならではの美味しい食事を楽しむことができます。

標高1400メートルの雄大な絶景と動物のふれあいを楽しんだあとは、新鮮な食事を楽しんで見てはいかがでしょうか。八ヶ岳をまるごと体験できるオススメ観光スポットです。

予約バナー 茅野