瀬戸内海の絶景を堪能できる、糸山公園と来島海峡展望台

来島海峡の絶景が堪能できる

今では海外からも多くのサイクリストがあつまる「しまなみ海道」。日本で初めての海峡を横断できるサイクリングコースとして有名です。その距離は四国の今治から広島の尾道までを結ぶ全長70キロ。五つの大きな島をまたいで大橋がかけられていますが、そのうちの一部、今治から大島南までの間の海峡は来島海峡と言われる海峡で、日本三大急潮の一つに数えられえるほど。

サイクリングをしながら巨大な瀬戸内海の渦を体感するのも一興ですが、今治にはそんな雄大な来島海峡を堪能することができるスポットがあるのをご存知でしょうか。それが本日ご紹介する糸山公園と、来島海峡展望台です。瀬戸内海や今治の町が見渡すことができる展望台からの景色はまさに絶景。

巨大な海峡と来島海峡大橋が大迫力の景色を目の当たりにしてくれます。この瀬戸内海は船舶の運行が盛んな場所ですが、中でも大型船舶の航行が多いのが来島海峡。巨大な橋と海峡を通る船の景色はサイクリングとはまた違う楽しさを提供してくれます。

糸山公園 来島海峡展望台

糸山公園と来島海峡展望台へのアクセス

糸山公園と来島海峡展望台の場所ですが、ちょうど高速道路の西瀬戸自動車道、通称しまなみ海道の海峡入口付近に位置しています。しかし、しまなみ海道の入口である今治北インターからは少し離れているので注意が必要です。ちなみに今年の8月にオープン予定のカンデオホテルズ松山から今治まではおよそ車で1時間30分ほどの場所に。松山を拠点にして愛媛北部の今治や新居浜を観光するという手もあります。

糸山公園と来島海峡展望台へはこちら

360度パノラマが体験できる展望台と糸山公園

糸山公園と来島海峡展望台は一体となっており、公園からも展望台からも来島海峡と大橋の雄大な景色が堪能できます。糸山公園には駐車場が無料で完備されていますので車でのアクセスが便利。しまなみ海道の起点となる今治側のスポットからの眺めは決して他ではみることができない魅了でいっぱいです。

ちなみに糸山公園には景色をみることができるだけではなく糸島海峡大橋に関する資料館や売店、お土産屋さんがありますので休憩にも最適です。一方、来島海峡展望台は糸山公園から徒歩で数分の場所にあります。

なだらかな山を登るとそこには360度のパノラマ風景が広がる頂上展望台が。公園から見る景色とはまた、一味違った瀬戸内海の絶景をみることができます。この展望台は糸山公園から直ぐなので、是非足を伸ばしてみましょう。

糸山公園 来島海峡展望台

来島海峡が一望できる

糸山公園 来島海峡展望台

巨大な来島海峡大橋が目の当たりに

糸山公園 来島海峡展望台

売店と大橋のつくりがわかる展示館も

糸山公園 来島海峡展望台

来島海峡を建設する秘密がわかります

糸山公園 来島海峡展望台

かなり詳しくわかります

糸山公園 来島海峡展望台

山道を数分登ると展望台が

糸山公園 来島海峡展望台

360度パノラマが見れる展望台です

糸山公園 来島海峡展望台

さらに雄大な景色が広がります

糸山公園 来島海峡展望台

愛媛側の景色も堪能

日本で一番速い潮の流れと渦潮が見所

この絶景を提供してくれる来島海峡ですが、日本三大急潮の一つです。ちなみに日本三大急潮とは、鳴門海峡、関門海峡、そしてこの来島海峡の三つのこと。急潮とは潮の流れが早く、満潮と干潮時に大きな渦潮ができるのが特徴。中でも一番流れが速いのがここ来島海峡で、昔から「一に来島、二に鳴門、三と下って馬関瀬戸(関門海峡)」と言われるほど。

渦潮を見る遊覧ツアーなども人気です。その凄さは、糸山公園から見ても来島海峡の潮の流れは急なことがわかります。こうしたことから、この来島海峡はかつて水軍の地としてえさ変えました。有名な村上水軍の根拠地で、伊予の大名河野氏の家臣として知られています。

糸山公園 来島海峡展望台

すぐ間近の島々も見渡せます

糸山公園 来島海峡展望台

わかりにくいですが、渦が巻いています

まとめ

糸山公園と来島海峡展望台は、しまなみ海道の入口として、日本一潮の流れが速いとされる来島海峡と、巨大な来島海峡大橋を堪能することができる名スポットです。満潮時と干潮時には渦潮を見ることもできるかもしれません。サイクリングやドライブでしまなみ海道を楽しむ方法もありますが、一風景として楽しむには糸山公園と来島海峡展望台がベストスポットです。

松山の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ

愛媛県の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ