日本最古の梵鐘や仏像彫刻の宝庫、大宰府の観世音寺

国宝や重要文化財が数多く残る奈良時代のお寺

大宰府天満宮は九州の一大観光スポットですが、太宰府市には天満宮以外にも見所が盛りだくさん。レンタサイクルや散歩がてらにちょっと足を伸ばすと、実は貴重な文化財をたくさん見ることができます。

本日ご紹介する観世音寺もそんな貴重な歴史的史跡の一つ。

となりに位置する戒壇院とともに訪れることで、奈良時代の神社仏閣をそのまま体感することができます。

観世音寺が創建されたのは天平18年、西暦746年と非常に古く、かの有名な大化の改新を行った天智天皇が開基です。となりに開設された戒壇院とともにセットで見るのがオススメです。戒壇院は、奈良時代に唐から渡った有名な高僧、鑑真和上が設立した僧侶になるための戒律を授かる施設。

わざわざ都に上らなくても西日本の僧侶は観世音寺に行けば僧侶になれるという目的で建てられました。こうしたことから観世音寺は、奈良の東大寺と栃木の下野薬師寺と合わせて、天下三戒壇と言われています。

ここ観世音寺は、そうしたことから、数多くの重要文化財の仏像や、日本最古の梵鐘をみることができます。ちなみに宗派ですが今は観世音寺は天台宗で、戒壇院は臨済宗となっており別法人です。

大宰府 観世音寺

アクセス

観世音寺へは大宰府駅から徒歩もしくはレンタサイクルでのアクセスをオススメします。徒歩だと約20分ほど、レンタサイクルですと5分ほどで着く距離に。レンタサイクルは大宰府駅で借りることができ1日500円(電動サイクルつきだと800円)です。

大宰府の表参道と天満宮に参拝したあとは、駅前で自転車を借りて、観世音時、戒壇院、大宰府政庁跡とまわるのがオススメのルート。また大宰府駅は、福岡の中心地でもあり、カンデオホテルズ福岡天神や、カンデオホテルズ ザ・博多テラスがある西鉄福岡(天神)駅から約20分で行けてしまうほど近い場所にあります。

大牟田線で西鉄二日市駅までいき、太宰府線に乗り換えればひと駅で大宰府駅で行くことが可能です。

大宰府駅から観世音寺はこちらです

圧巻の梵鐘と迫力の仏像群

現在残っている観世音寺は、奈良時代以降の度重なる火災などによってほぼ近世に復元されたものとなっています。しかし、多くの国宝や重要文化財に指定されている仏像は残っており、本堂と横に建てられている宝物館で見ることができます。何よりも最大の見所は奈良時代に建てられた日本最古の梵鐘で、国宝指定。

京都妙心寺の梵鐘と兄弟鐘と言われており、大宰府に流された菅原道真公の詩にも出てきます。ちなみにこの日本最古の梵鐘は、環境省指定の「日本の音風景100選」に選出されるほど。圧巻の景色を見せてくれます。一方、写真撮影が禁止されていますが、国指定の重要文化財である数多くの観音像を目の当たりにみることができます。

その多くが平安時代の作で5メートルや4メートル規模の巨大なものも。観世音寺という名前にふさわしく九州随一の仏像彫刻の宝庫と言えるでしょう。

大宰府 観世音寺

観世音寺の本堂

大宰府 観世音寺

国指定の史跡です

大宰府 観世音寺

世界最古の梵鐘は圧巻です

大宰府 観世音寺

仏像が博物館に残されています

まとめ

この観世音寺は残念ながら創建当時の姿はほぼ残っていないと言われています。本堂や梵鐘は残っていますが、実はこの観世音寺は創建当初は東に五重塔、西に金堂がたち、南に南大門がある壮大なものでした。金堂は残っていますが、五重塔や南大門、中門は跡しかありません。

しかし本堂やその周辺は自社にふさわしく森に囲まれており、わずかながら当時のたたずまいを偲ぶことができます。となりに隣接する戒壇院とともに奈良時代のお寺に思いを馳せながら、数多くの仏像と、梵鐘を見ていただくとより一層味わい深い観光になるかと思われます。

レンタサイクルで訪れる場合には、大宰府政庁跡の途中に位置していますのでサイクリングの途中で立ち寄られてはいかがでしょうか。

予約バナー博多 予約バナー福岡