戒壇院。鑑真和上にゆかりの地、奈良時代の建築が見所

太宰府観光には欠かせないスポット

太宰府天満宮は福岡の、九州の代表的な観光スポットとして有名ですが、その周辺にも実は隠れた名スポットがあるのをご存知でしょうか。太宰府周辺は天満宮そして、天満宮へ続く表参道と見所満載ですが、参拝の後には別のオススメ周遊ルートがあるんです。

そのルートが太宰府駅から出発して、観世音寺、戒壇院、太宰府政庁跡と巡るルートです。ゆっくりと散歩がてらに回ってもいいですし、手っ取り早くみたい人はレンタサイクルという手もありますよ。レンタサイクルは大宰府駅で貸してくれる大変便利なサービスです。

1日500円(電動アシストつきは800円)でレンタルすることができ、暖かい季節にはサイクリングをしながら周辺の観光スポットを回ることができますね。本日ご紹介する戒壇院も太宰府駅から自転車でたった5分の距離に。となりに位置する観世音寺と、ちょっと先の太宰府政庁跡とセットで見ることをオススメします。

本日は鑑真和上にゆかりの地、戒壇院をご紹介します。

戒壇院

奈良の東大寺とともに天下三戒壇の一つ

ここ太宰府市にある戒壇院ですが、その創建は極めて古く天平宝宇5年、761年と言われています。隣にある観世音寺とセットで見ることをオススメしましたが、元々は観世音寺の一部でした。

その開祖は日本の歴史では知らない人がいないかの有名な僧侶、鑑真和上です。もともとは出家した人が、正式の僧侶になるため戒律を授かるための施設。実はかの有名な奈良の東大寺と、栃木の下野薬師寺とともに、天下三戒壇と言われています。

鑑真和上は奈良時代、今の中国である唐から日本に帰化した高僧で、日本における律宗の開祖で余りにも有名。時の天皇である聖武天皇の勅願によって観世音寺の境内に今の戒壇院が建てられました。これでもわかるとおり、奈良の東大寺が中央、栃木の下野薬師寺が東、そして太宰府付近の観世音寺が西の僧侶を養成するための拠点として興隆をつづけていました。

戒壇院

天下三戒壇の一つ

戒壇院

奈良時代の建造物です

戒壇院

巨大な杜の雰囲気がたっぷり

重要文化財とともに奈良時代の情緒たっぷり

このように戒壇院は奈良時代というその成り立ちの古さや、建物の古さから、何とも言えない歴史を感じさせてくれる場所になっています。

その内部には建物や弊と相まって、その歴史的情緒を感じさせてくれる歴史的遺物が多く残っています。たとえば圧巻の本堂ですが、本堂内の本尊盧舎那仏坐像は平安時代末期の作で、国の重要文化財にも指定されています。また、戒壇には唐、天竺、大和、すなわち仏教に馴染み地である、昔の時代のインド、中国、奈良の土が収められているとか。

また、本堂そのものも福岡県の指定有形文化財です。さらに本堂の手間に位置する、鐘楼は1701年元禄14年に寄贈されたものですが、こちらも県指定の重要文化財。そして、本堂や歴史を感じさせる壁と同時に、戒壇院のシンボルとも言える巨大な菩提樹は太宰府市の天然記念物です。

戒壇院

重要文化財の本堂

戒壇院

梵鐘も重要文化財です

まとめ

このように戒壇院は、奈良時代の情緒をたっぷりと残したお寺です。当時の建築物を堪能したい方には、絶対オススメの観光スポットです。太宰府天満宮とその周辺に訪れた際には、ちょっと足を伸ばして、観世音寺や太宰府政庁跡とともに訪れてみてはいかがでしょうか。奈良時代ならではの本堂や壁面、そして圧倒的な迫力の菩提樹と、当時の趣さながらの建築物があなたを迎えてくれることでしょう。

戒壇院

奈良時代の情緒たっぷりです

アクセス

戒壇院は太宰府駅から自転車で約5分ほど、徒歩で回れば20分ほどの距離にあります。太宰府天満宮に参拝の跡には散歩やサイクリングにオススメです。ちなみに大宰府駅は、カンデオホテルズ福岡天神カンデオホテルズ ザ・博多テラスがある天神駅からアクセスが便利。

西鉄福岡(天神)駅からは約20分の場所にありちょっと足を伸ばせばついてしまいます。西鉄福岡(天神)駅から大牟田線で西鉄二日市駅までいき、西鉄二日市駅で西鉄太宰府線に乗り換えるという方法。ちなみにレンタサイクルで回った場合、太宰府駅で借りた自転車を西鉄二日市駅で返却することもできます。

太宰府政庁跡周辺まで自転車で回れば、そこからは西鉄二日市駅に行くのもそれほど変わりません。

戒壇院はこちらでず

太宰府の観光の回り方ならこちらの記事がおススメです。