常楽寺。茅葺きの本堂と石塔が有名

北向観音とセットでみたい常楽寺

信州上田の名所としてしられる別所温泉。信州最古の温泉としてしられる温泉街ですが、日本古来からの寺社が並び立つ観光スポットでもあるのです。別所温泉は温泉街の中にさまざまな寺社があり、歴史的にも文化的にも非常に貴重な姿を残す町。

見所と言われる寺社は、国宝がある安楽寺や北向観音が存在しますが、その中の一つでもある常楽寺も有名です。常楽寺は北向観音の本坊でもあり、茅葺きの本堂が見所のお寺です。

創建されたのも北向観音と同じ825年という古さを誇っており、茅葺きの本堂以外にも重要文化財に指定される石塔などが見所です。この石塔は、本堂の裏手にあり、北向観音の霊像が出現した場所とされ、1262年に石塔が建てられました。

北向観音は天台宗の寺院で常楽寺も天台宗です。実質的には現在も北向観音の管理を常楽寺が行っています。ちなみに北向観音の見所は本尊である千手観音菩薩の霊木とも言われる天然記念物の愛染かつらの巨木で、常楽寺とセットで見られることをおすすめします。長野 上田 観光スポット 常楽寺 長野 上田 観光スポット 常楽寺

常楽寺へのアクセスと周辺の観光スポット

常楽寺は別所温泉街の見所スポットの一つです。常楽寺の周辺には国宝がある安楽寺や、同じ天台宗の北向観音があります。安楽寺から常楽寺までは徒歩で約10分ほど、北向観音からも徒歩で約12分ほどでいくことが可能です。

別所温泉へは車でのアクセスが最適ですが、別所温泉駅から常楽寺までも徒歩15分ほどでいくことが可能です。ちなみに別所温泉は上田城などがある上田市の中心部からは車で約30分ほどの距離に。

カンデオホテルズ茅野から別所温泉までは車で約1時間20分ほどでいくことが可能です。上田市内の観光とセットで訪れることをおすすめします。

常楽寺へ向かうルートは安楽寺を見たあと、細い路地を通って向かうルートになります。その距離歩いてわずか7分ほど。そうすると小高い丘の上に登場するのが常楽寺です。常楽寺の本堂は茅葺きの大変珍しい建物で、その大きさはなんと間口で18メートルにものぼります。

本堂そのものは江戸時代中期に建てられたもので、現在では上田市指定の有形文化財に登録されているほど。長野県内の天台真言宗のお寺の本堂の中では屈指の大きさを誇ると言われています。

実際に建てられたのは1710年代から1732年あたりといわれており、江戸時代中期以降の建築様式を濃厚に残すと言われています。

長野 上田 観光スポット 常楽寺 長野 上田 観光スポット 常楽寺

また常楽寺にはこの本堂の横手から裏手に続くとおりが有名です。このとおりは国の重要文化財に指定される石造多宝塔や石造多層塔、樹齢350年と言われる御船の松、石造六地蔵といった貴重な文化財が並びます。

長野 上田 観光スポット 常楽寺

まとめ

常楽寺は安楽寺や北向観音といった別所温泉の文化と歴史を感じさせてくれるお寺の一つとして見所が多数あります。北向観音とともに天台宗の寺院として古い歴史をもち、本堂や石塔などの文化財からは独特の雰囲気が伝わってくることでしょう。

別所温泉の貴重な歴史スポットの一つとして、温泉街の散策で回られてみてはいかがでしょうか。