今治城。日本三大水城の一つ

今治城。瀬戸内海の海水を堀に利用した巨大な水城

今治城は、愛媛県今治市にある戦国時代のお城です。日本三大水城の一つに数えられる城で、その特長は瀬戸内海の地形を利用したお城で、瀬戸内海から引く海水を堀などに利用していることからこのように呼ばれました。

現在は本丸とその周辺を囲む堀だけですが、当時は三重の堀が設けられ、更には瀬戸内海から直接船で城に入ることができるといった珍しい構造をしていました。

現在もその名残を残し、天守閣から眺める風景はまさに水城そのものと言えるでしょう。本日はそんな今治市の観光スポットの代表的存在ともいえる今治城をご紹介します。

松山 今治 観光スポット 今治城

築城の名手。藤堂高虎が築いた名城

今治城は、戦国時代の武将で、築城の名手といわれた藤堂高虎が築いた名城です。藤堂高虎は戦国時代から江戸時代まで生き残った武将として有名で、その生涯では、数多くの城を築きました。

自らが普請を手がけた城の数は非常に多く、今回ご紹介する今治城以外にも、自らが大名として統治した伊賀の国の居城であった伊賀上野城、同じく領地であった伊勢の津城などがあげられます。また四国では、ここ今治城以外に、宇和島城、大洲城などの築城を藤堂高虎が手がけました。

また、他にも篠山城、膳所城、和歌山城といったお城が挙げられます。当時、戦国時代から江戸時代にかけて築城の名手として知られた武将は、熊本城を手掛けた加藤清正などが有名ですが、その手掛けた数は藤堂高虎に及びません。

ちなみに藤堂高虎の経歴は、まさに戦国時代を象徴するような経歴で、もともと近江の大名浅井家の足軽から叩き上げ、7たび主君を変え、最終的には徳川家の大名として、出世し、伊勢伊賀の32万石の大大名までのし上がりました。

そんな藤堂高虎の築城技術には一つの特長があるのです。藤堂高虎は数多くの城を手がけましたが、そのほとんどが、その土地の地形を最大限活かすことで、防御力を高めるという方法をとっているのです。今治城も、瀬戸内海に面している地形を利用し、海水を堀に利用するという大胆な構造がとられました。本日はそんな藤堂高虎が築いた名城、今治城をご紹介します。

藤堂高虎は築城後、伊賀に転封されましたがその名城は久松家に引き継がれ、内堀と石垣は江戸時代のままの姿を残します。現在は愛媛県の史蹟にも認定され、日本名城100選、日本三大水城の一つにも数えられる程なのです。

松山 今治 観光スポット 今治城 松山 今治 観光スポット 今治城

 

 今治城の見所

今治城には様々な見所が存在します。築城の名手といわれた藤堂高虎の苦心がうかがえる構造物も残されており、お城としての様々な魅力が存在します。ここでは日本三大水城の一つ、今治城の見所をご紹介しましょう。

 

水城としての美しい姿

今治城の見所の一つが、水城としての美しい姿です。現在は、本丸と二ノ丸の構造ですが、今治城は正方形をしており、その周辺を堀が囲っています。瀬戸内海沿岸という地形を生かしたその構造にあるとされています。創建当時は、瀬戸内海から直接海水を引き込み海からも城に入ることができる海上交通の要衝として機能していましたが、海水を堀に利用しているのは現代でも変わっていません。

この二の丸の周囲を囲む堀の姿は、まるで美しい湖のような佇まいを見せてくれて、城としての機能と同時に景色としても日本三大水城の名にふさわしい姿を目の当たりにしてくれます。

松山 今治 観光スポット 今治城

 江戸時代当時の櫓、鉄御門などが再建

江戸時代に作られたお城の多くは、明治維新による廃城令や、火災などによってその構造物の大半が失われていました。今治城の構造物である堀や石垣、更には櫓なども明治2年の廃城令によって棄却され、その後の火災で、焼失したものになるのです。

しかし、今治城の石垣と内堀は江戸時代そのままの姿を残しており、焼失してしまった西の丸の山里櫓や鉄御門、多聞櫓などは江戸時代に建てられていた当時の姿が再建されているのです。

松山 今治 観光スポット 今治城

今治の町と瀬戸内海が見渡せる天守閣の絶景

上記でご紹介した山里櫓や、鉄御門、多聞櫓などは江戸時代の姿を史実に基づいて再現していますが、天守閣は残念ながら復元されたものではなく、今治城の天守閣が移築されたと言われている亀山城をモデルとして建てられたものです。実は今治城には天守閣が存在したかどうかはわかっておらず、実際の天守閣の遺構が見つかっていないのです。

また、亀山城に移築されたという記録も、文書などでしか確認されていないことから、今治城の天守閣は完全な模擬天守なのです。もともと藤堂高虎は、伊予今治6万石の小大名でしたが、関ケ原の戦いの功績が認められ伊勢・伊賀に転封することになりました。そのさい、居城である伊賀上野城を築くため、今治城の天守閣を解体して持っていき、家康に献上したと言われています。

その後亀山城に使用去れたともいわれており、確かなことが遺構などからわかっていないのが現状です。しかし、亀山城も同じく藤堂高虎が築城した城であることから、少しでも当時の雰囲気を再現し味わってもらうということから作られました。

この天守閣は入場料が一般が500円、学生が250円、高齢者が400円、高校生以下は無料で入ることができ、内部は博物館になっています。また、博物館として以上に見所なのが、天守閣の最上階からの眺めです。今治城の天守閣からは、今治の町や瀬戸内海などが見渡せるだけではなく、しまなみ海道で有名な来島海峡大橋などの絶景が堪能することができます。

また、天守閣から下を見下ろすと、今治城の水城としての構造がわかり、かつて海の水をそのまま城作りに活かし、海上からも船で入場することができたという当時の姿が忍ばれます。また、夜間にライトアップされる天守閣の姿は、昼とは違う、美しい幻想的な姿を目の当たりにしてくれます。

松山 今治 観光スポット 今治城 松山 今治 観光スポット 今治城 松山 今治 観光スポット 今治城 松山 今治 観光スポット 今治城

今治城の利用案内

所在地:〒794-0036 愛媛県今治市通町3-1-3

TEL:0898-31-9233 

FAX:0898-31-9235

料金:大人500円、学生250円、65歳以上400円、高校生以下無料

開館時間:午前9時~午後5時

休館日:12月29日~31日(定休日なし)

駐車場:あり無料。第一駐車場56台、1時間100円、第二駐車場観光バス用500円

今治城へのアクセス

今治城へのアクセスは車でいくのが一番オススメです。しまなみ海道(西瀬戸自動車道)からくる場合は今治北インターチェンジから約15分、カンデオホテルズ松山大街道からは松山自動車道から今治小松自動車道に乗り換え、今治湯ノ浦インターチェンジから約20分の場所にあります。

電車とバスでのアクセスでは予讃線「今治駅」からせとうちバス「今治営業所行き」で約7分で到着します。

 

今治城の周辺観光スポット

今治城は瀬戸内海に面した場所にあり、しまなみ海道の入り口にあることから、周辺に様々な観光スポットが登場します。

中でもしまなみ海道は、今治城がある一体から広島県尾道市まで結ぶ島々を結ぶ街道で、サイクリングの聖地として知られています。ここでは今治城の周辺にあり一緒に回りたい観光スポットをご紹介します。

 

しまなみ海道の観光とセットで

先に述べたように、今治城はしまなみ海道の観光とセットで訪れるのもおすすめです。しまなみ海道は、全長およそ60キロにも及ぶ瀬戸内海の島々を結ぶ街道ですが、その四国側のスタート地点が、今治城のすぐ近くです。

近年では海外からもサイクリングで訪れる人が多く、サイクリストの聖地としても知られるエリアです。またしまなみ海道の途中には戦国時代、この一帯で覇を唱えた村上水軍の根拠地である能島、来島、因島や、大山祇神社がある大三島など、さまざまな観光スポットが登場します。

こうしたしまなみ海道の観光スポットの一つとして、今治城を加えてみてもいいでしょう。

 

来島海峡展望台

今治城からも車で15分ほどの場所にあり、しまなみ海道でお馴染みの来島海峡大橋が一望のもとに見渡すことができる場所が、来島海峡展望台です。来島海峡展望台は、今治市の先端にある展望台で、日本三大急潮の一つである来島海峡の渦潮を見ることができるスポットです。

また、目の前にはしまなみ海道へと続く来島海峡大橋の大迫力な絶景が登場します。更に、ここには来島海峡大橋を建てるときの技術的な展示もされており、さまざまな楽しみかたができます。

松山 今治 観光スポット 来島海峡展望台 松山 今治 観光スポット 来島海峡展望台

野間馬ハイランド

今治市にはこの地域ならではの非常に珍しい馬がいます。それが野間馬です。野間馬は江戸時代、1635年に、松山藩主である久松家の分家である久松定行によって作られた馬です。日本に古来から住んでいる在来の馬で、おとなしく小柄ながらも丈夫で力が強いということから、農耕用に使用されてきました。

その後明治時代に入り、農耕用には徐々に機械が使用されることで数が減少し、一時期には絶滅の危機に瀕したこともあります。その後日本の在来種として大切にしようということから保護され、現在はこの野間馬ハイランドで育てられ触れ合うことができるのです。

野間馬ハイランドはまた、馬以外の動物などもおり、小動物などもいることから子供たちの憩いの場として利用することができます。

松山 今治 観光スポット 野間うまハイランド松山 今治 観光スポット 野間うまハイランド松山 今治 観光スポット 野間うまハイランド

まとめ

今治城は瀬戸内海をわたるしまなみ海道の愛媛側の観光スポットとしてオススメです。サイクリングだけではなく車の駐車場も完備していますので、瀬戸内海のドライブやサイクリングがてらに訪れてみてはいかがでしょうか。

もちろん、しまなみ海道以外の観光でも外すことができないポイント。今治タオル美術館などとともに、今治を代表する観光スポットです。

 

松山の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ

愛媛県の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ

予約バナー松山大街道