天神の街の交通とショッピングの一大拠点、三越福岡

福岡天神の駅ビル、交通とショッピングの中心、福岡三越

福岡の中心地は、博多駅と福岡天神駅の二大スポットがあります。両地域とも福岡一、九州一の繁華街として知られていますが、多くの百貨店が立ち並ぶのもこの地域。特に福岡天神前には、本日ご紹介する福岡三越を始め、江戸時代より続く百貨店の老舗岩田屋本店や、昭和28年開業の大丸、ニューヨークの高級百貨店バーニーズニューヨークなど、百貨店街といっても過言ではありません。

天神の街はこのように、有数の百貨店チェーンがしのぎを削る地域でも。特に駅ビルともなっている福岡三越岩田屋本店は株式会社岩田屋三越が運営する同じグループでタッグを組む百貨店。大通りである渡辺通りを挟んで、大丸福岡天神店と向かい合い百貨店戦争を繰り広げています。

本日は、そんな百貨店街とも言える天神の代表的な老舗、福岡三越をご紹介します。福岡三越は福岡にある百貨店の中では比較的新しく、1982年オープン。当初は中洲にあり企業相手の拠点として知られていましたが、1992年から現在の位置に。天神を代表する百貨店となっています。

鉄道だけではなく、バスやタクシーの出発地でもある福岡三越は、天神や周辺地域に行く上でも欠かすことができないスポットです。

福岡三越

福岡三越へのアクセス

福岡三越は駅ビルである西鉄福岡(天神駅)の一部になっています。そのアクセスは中心市街地として、非常に便利。公共交通機関の拠点伴っているため、多くの地方から人が集まります。福岡市民だけではなく、九州中からも集まります。ちなみに飛行機で福岡に北人にとっても非常に便利な場所に。福岡空港から天神駅までは約11分。

すぐにアクセスできます。カンデオホテルズ福岡天神の最寄り駅でもあるため、徒歩でわずか3分ほど。カンデオホテルズ ザ・博多テラスからも歩いて8分程の距離にあります。まさに天神の中心的存在と言えますね。

カンデオホテルズ福岡天神から福岡三越はこちら

カンデオホテルズ ザ博多テラスから福岡三越はこちら

服からブランド、美術品までなんでも揃う

福岡三越は地下2階から9階までありとあらゆるものが揃った総合百貨店です。地下の食料品売り場から、婦人服、紳士服、ベビー、家具、までありとあらゆるものが勢ぞろい。もともとの成り立ちが三越福岡ティファニー館として始まり、専門店としてオープンした経緯がありますが、ティファニーは現在もう一つの商業ビルソラリアプラザに移転しています。

駅ビルという構成から公共交通機関の中心デパートにもなっており、2階が西鉄福岡(天神)駅、3階が西鉄天神バスセンター、4階がタクシー乗り場となっており、ここ福岡三越を起点にして地元の路線バスやタクシーにアクセスすることができます。また、高級百貨店らしく最上階である9階には催事場とともに岩田屋三越美術画廊が設置されており、日本画や陶芸など美術品の催事が催されています。

福岡三越

巨大な百貨店

福岡三越

スーパーブランドが入ります

福岡三越

なんでも揃います

岩田屋のグループとして展開

福岡三越の成り立ちですが、博多にある多くの百貨店と比べ、比較的新しい成り立ちをしています。その始まりは1982年と新しく、もともとは中洲地域にありました。当初は企業相手の店舗で、一般人向けの店舗開設は1992年のこと。三越自体は全国の主要都市に展開している大手百貨店ですが、福岡は唯一拠点を持たなかった地域。

初の一般顧客向けの店舗としてできたのが、現在の位置にある店舗で、当初は三越福岡天神ティファニー館としてオープンしました。この出店は、新宿のアルコット館のような専門店スタイルとしてのもの。その後、紆余曲折を経て三越伊勢丹ホールディングスとして岩田屋を子会社とする伊勢丹と合併し、さらに企業組織の再編を経て、現在は岩田屋手動の岩田屋三越によって運営されています。

岩田屋

まとめ

福岡三越は、天神の街の主要百貨店の一つとして、また駅ビルに直結した公共交通機関の拠点として多くの人々に親しまれています。鉄道と、バス、タクシーと全ての公共交通機関が揃っていますので、天神からほかの地域に行く際には、ここ福岡三越を中心にするといいかもしれません。また老舗百貨店らしくさまざまなお店が入り込みショッピングを楽しむことができます。

予約バナー福岡

予約バナー博多