法隆寺のおすすめスポット。見所と回り方

法隆寺。奈良の一大観光スポット

数々の世界遺産が登場する奈良。そんな奈良の観光の中でも、一大観光スポットとして有名なのが法隆寺です。法隆寺と言えば、聖徳太子ゆかりのお寺として、小学生から馴染み深いお寺として、多くの人が耳にしたことがあるお寺です。

また、「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の正岡子規の俳句にも登場するこのお寺は、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産に登録されました。また、法隆寺と聞くと、お寺の本堂のみをイメージしますが、その規模はかつての巨大な伽藍のまま残されており、東伽藍と西院伽藍に分けられます。

その広さはなんと18万7千平方メートルにも及んでおり、金堂や五重塔など、多数の歴史的建造物が登場します。こうした貴重な文化財が残されていることから、日本国内だけではなく、世界各国からも数多くの観光客が訪れるスポットなのです。

本日は、そんな奈良を代表する観光スポットである法隆寺のおススメ、見所と回り方をご紹介しましょう。きっと奈良観光の中でも思い出深い観光スポットになることでしょう。

奈良 観光スポット 法隆寺

法隆寺の歴史。1400年前からほとんどの建物が残る

法隆寺が創建されたのは、今から遡ること1400年以上昔、西暦607年のことだったと言われています。時は推古天皇の時代で、日本は天皇を中心とした朝廷の支配体制がようやく確立し始めていた時代でした。当時、仏教が中国から伝来し、その仏教を国の柱としてお寺を建てる動きが始まりました。

聖徳太子は当時、飛鳥からこの斑鳩に移り住み、ここで斑鳩寺を建てたのが始まりです。その後法隆寺は670年に全焼したという記録がありますが、700年ごろには各建造物が再建され、それ以降は全てが焼失火災はおこらず、ほとんどの建物が残されているのです。

 

聖徳太子ゆかりのお寺

法隆寺は聖徳太子のゆかりのお寺として有名です。聖徳太子は、推古天皇のもと、時の権力者である蘇我馬子と協力し、日本に仏教を根付かせ、朝廷の制度である冠位十二階の制を整えるなど、を行いました。また当時の中国である隋に遣隋使を派遣するなど、海外との外交関係によって文化や制度を持ち込むことも行ったのです。

聖徳太子は、今回ご紹介する法隆寺以外にも日本全国に多くのお寺を建立したことでも知られており、例えば、大阪の観光スポットである四天王寺も聖徳太子が創建しました。

他にも中宮寺や、広隆寺、法起寺など、仏教の拠点となるお寺を作ったのです。中でも、今回ご紹介する法隆寺は、聖徳太子が住んでいた場所なども残されており、最も関わりが深いお寺なのです。

 

法隆寺の回り方。巨大な伽藍を巡る方法

法隆寺は冒頭でもご紹介したように、東院伽藍と西院伽藍という二つのエリアに分けられており、その広さは18万7千平方メートルにも及びます。そのため、すべてを見て回るには、1時間から2時間ほどかかります。ここでは、法隆寺のおススメスポットをご紹介する前に

伽藍の全体図と回りかたをご紹介しましょう。

奈良 観光スポット 法隆寺

最初は西院伽藍が登場

下記が法隆寺の地図と全体図ですが、まず初めに南大門をくぐって最初に登場するのが西院伽藍です。この西院伽藍がいわば、最大の見所スポットといわれるエリアで、金堂や五重塔、大講堂といった国宝に指定されている歴史的建造物が登場します。

 

大宝蔵院には国宝の仏像が登場

また、中心となる大講堂の境内の左右には、それぞれ文化財が置かれており、中でも大宝蔵院では、百済観音をはじめとした国宝の仏像群が展示されています。

奈良 観光スポット 法隆寺 大宝蔵院

聖徳太子ゆかりの東伽藍

お次に西院伽藍から東に進むと登場するのが東院伽藍です。この東院伽藍は、聖徳太子が住んでいたかつての斑鳩宮といわれるエリアで、こちらでも国宝級の建造物が多数登場します。

 

このように、法隆寺は大きく分類すると西院伽藍、東院伽藍、大宝蔵院と、その見所といわれるエリアは3つに分けることが出来ます。また、このエリアは全て境内の中で行き来することが可能で、建物や通路を囲む塀や道など、現代では見ることが出来ない独得の雰囲気を味わうことが出来るのです。

奈良 観光スポット 法隆寺 東伽藍

法隆寺のおススメ、見所スポットたち

ここからは法隆寺のおススメの見所スポットをご紹介しましょう。それぞれで圧巻の歴史的建築物を目の当たりにできます。

 

南大門。国宝で法隆寺の入り口

法隆寺の観光で一番初めに登場するのが南大門です。この南大門をくぐった先に、西院伽藍や東院伽藍が登場します。この南大門は、いわばお寺の総門ともいえる入り口で、法隆寺の南大門も国宝に登録されています。

法隆寺では、数多くの建物が火災で焼失後、すぐに再建された西暦7世紀前後のものですが、この南大門は、室町時代の1435年に焼失してしまい、その3年後の1438年に再建されたものです。つくりは八脚門といわれる造りで、再建され現在の場所に移されたものです。この南大門も独得の雰囲気が漂います。

奈良 観光スポット 法隆寺 南大門 奈良 観光スポット 法隆寺 南大門

西院伽藍の見所スポット

法隆寺の南大門をくぐり、最初に登場するのが西院伽藍です。この西院伽藍はいわば法隆寺のメインともいえる場所で、国宝、世界遺産である建築物が登場します。

 

中門。国宝で西伽藍の入り口

まず初めに、西院伽藍の入り口ともいえいる門が中門です。この中門は飛鳥時代に建てられた建築物で、巨大な大きさを誇っています。正面の大きさは四間二戸で西院伽藍の回廊の南側に設けられているのです。

この中門は今回の取材時には修理中で2018年までかかるようですが、こちらは本来でれば法隆寺の伽藍の入り口ともいえる門で、その迫力と存在感で圧倒されます。こちらには門内の左右に日本最古といわれる金剛力士像が建てられており、8世紀の初めに作られた仁王像が登場します。

奈良 観光スポット 法隆寺 中門

中央の工事中が中門です

金堂。国宝、西院伽藍最古の建物

西院伽藍の境内の中に入ると、広い空間が登場しますが、二つの建物が建てられています。それが金堂と五重塔です。この二つの建物はならんで建てられていますが、金堂は西院伽藍最古の歴史的建造物です。こちらも飛鳥時代、創建間もない時代に建てられたもので、入母屋造で二重仏堂の建物です。

金堂ももちろん国宝で、内部には、中の間、東の間、西の間があり、釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来を本尊としています。

このうち釈迦如来像と薬師如来は国宝で、阿弥陀如来像は、重要文化財です。このほか、四天王像、毘沙門天像、吉祥天像がありいずれも国宝です。二階は外観のみの建物となっており、美しい姿が目の当たりにできます。

奈良 観光スポット 法隆寺 西院伽藍 金堂

五重塔。国宝で世界最古の木造五重塔

金堂の隣に建てられているのが五重塔です。こちらの五重塔は現存する世界最古の木造五重塔として知られています。法隆寺の五重塔の最大の特長が、階層によって屋根の大きさが小さくなっていく点にあります。

一階の屋根の大きさから、最上階の五階の屋根の大きさは半分になっており、美しい姿が特長的です。五重塔の内部には、東面・西面・南面・北面それぞれに塑像が配置されておりいずれも国宝です。

奈良 観光スポット 法隆寺 五重の塔

大講堂。平安時代に再建された国宝

法隆寺の西院伽藍では、内部に五重塔と金堂が、そして正面には大講堂が設けられています。この大講堂も国宝ですが、こちらは平安時代である925年に焼失してしまい、そのご990年に再建された建物です。

こちらにも国宝である薬師三尊像と重要文化財の四天王像が安置されています。

奈良 観光スポット 法隆寺 奈良 観光スポット 法隆寺

回廊も国宝

法隆寺西院伽藍は周囲を回廊で囲まれています。この回廊の南側は中門、北側には大講堂がつながっており、この回廊も国宝に登録されているのです。この回廊は金堂などと同じ時代に建立されたもので、各建物を結ぶ廊下として使用されていました。また、回廊の建設された時期も場所によって異なっており、当初へ平安時代まで大講堂は回廊の外にあったとされています。

奈良 観光スポット 法隆寺 西院伽藍 回廊 

三経院と。鎌倉時代創建の国宝

西院伽藍の外にも法隆寺ならではの歴史的建造物が登場します。西院伽藍の西側に建てられているのが三経院と西室です。この二つの建物は鎌倉時代に入ってから作られた建物ですが、国宝に登録されています。

三経院は、聖徳太子が注釈されたとされる3つの経典にちなんでつけられた建物です。重要文化財である阿弥陀如来坐像持国天・多聞天立像も安置されています。

奈良 観光スポット 法隆寺 三経院

西円堂。国宝の宝物庫

三経院と西室の更に奥に登場するのが西円堂といわれる八角形の建物です。この西円堂も鎌倉時代に作られた建物で国宝です。

小高い丘の上に設けられており、その役割は宝物庫としての役割です。堂内にはなんと1万点以上にも及ぶ刀剣、甲冑、弓、鏡などが奉納されており、薬師如来像を祀っているのです。

奈良 観光スポット 法隆寺 西円堂

聖霊院。国宝で聖徳太子を祀る堂

西院伽藍の東側にも、見所の建物が登場します。それが聖霊院です。この聖霊院は、法隆寺を創建した聖徳太子を祀るお堂です。鎌倉時代に創建された建物で、こちらも国宝に登録されています。

この聖霊院では、国宝である聖徳太子像をはじめ、聖徳太子の長子である山背大兄王など、聖徳太子ゆかりの一族の像を祀っています。

奈良 観光スポット 法隆寺 聖霊院

東室。飛鳥時代の国宝で、僧が生活していた建物

聖霊院の後ろには、東室といわれる建物が存在します。この東室は、飛鳥時代に作られた国宝で、実は法隆寺で働く僧たちが生活していた建物とされています。

基本的にお寺で働く僧侶たちは、当時はお寺で生活を行っており、こうした僧が生活する住居のことを僧坊といいました。この東室は貴重な僧坊建築として目の当たりにできます。

奈良 観光スポット 法隆寺 東室

食堂。国宝の食堂

ここでは僧が生活する住居であった僧坊以外にも食事をとるための食堂も設けられています。この食堂も国宝に指定されており、奈良時代の建築物です。

奈良 観光スポット 法隆寺 食堂

 

大宝蔵院。百済観音をはじめとした巨大な宝物殿

法隆寺では、仏像や玉虫厨子など、数々の国宝が収蔵されていることでも有名です。こうした法隆寺に存在する代表的な文化財を集めて展示してある場所が大宝蔵院殿なのです。こちらの建物は、現代に入ってから(1998年)作られたものですが、ここでは数々の国宝、重要文化財が展示されています。

最も代表的な作品が百済観音である観音菩薩像です。百済観音像は日本で作られた木造の仏像で、国宝です。その他国宝では、唐から伝来した九面観音、夢違観音、地蔵菩薩像などが登場します。

またここでは、国宝として歴史の教科書などにも登場する玉虫厨子が展示されています。厨子とは仏像や経典、位牌などを収めておく仏具のことですが、玉虫厨子は飛鳥時代に作られた作品でかつて金堂に安置されていました。

透かし彫りの彫金にくわえ、玉虫の羽を敷き詰めた独得の装飾からこの名前が付けられており、文化工芸品として非常に価値があるものです。

奈良 観光スポット 法隆寺  大宝蔵院大宝蔵院

東院伽藍の見所スポット

お次にご紹介するのが法隆寺の東院伽藍です。東院伽藍は西院伽藍から歩いて5分ほどの場所にある一大スポットです。この東院伽藍は、かつて斑鳩宮といわれた場所に作られている伽藍です。

斑鳩宮が荒廃していた跡に伽藍が建設されており、ここでも貴重な国宝級の建物が目の当たりにできます。中でも、聖徳太子が幼少期に暮らしていたとされる建物も登場します。

 

斑鳩宮とは

東院伽藍が建設されていた場所は、かつて斑鳩宮といわれた宮殿です。聖徳太子が暮らしていたとされる宮殿で、西暦601年に建設されました。現在は法隆寺の一部となっていますが、もともとは初めに聖徳太子が斑鳩宮を建設し、その伽藍として法隆寺が作られたのです。

聖徳太子がなくなった跡は、その息子である山背大兄王の一族が住んでいましたが、政争によって蘇我入鹿に焼き払われ、一族は自決に追い込まれたとされています。その後、再建されましたが荒廃し、東院伽藍が作られたと言われています。

 

聖徳太子が幼少期を過ごした場所

東院伽藍の特長はもう一つ、聖徳太子が幼少期を過ごした場所という点もあります。斑鳩宮が建立され、聖徳太子の宮殿として聖徳太子が一族で生活していた場所でもありますが、もともとこの場所で幼少期を過ごした場所としても知られています。

例えばのちにご紹介しますが、重要文化財に登録されている絵殿、舎利殿は、聖徳太子が2歳の時に合掌した舎利から出たという伝説があります。いずれにしてもこの東院伽藍は、聖徳太子ゆかりの場所として楽しむことができます。

 

夢殿。東院伽藍に残る国宝

東院伽藍の最大の見所が入ってすぐに登場する夢殿です。この夢殿は、八角形の建物で奈良時代に建設されたと言われています。先にご紹介した通り、斑鳩宮は、聖徳太子の一族が滅ぼされた後は荒廃していましたが、奈良時代に時の高層である行信が斑鳩宮の荒廃ぶりを嘆いて、聖徳太子を供養するために東院伽藍を建設。

聖徳太子を祀る建物として夢殿を建てたのです。内部には聖徳太子の等身大像ともいわれている救世観音像が安置されており、聖徳太子を祀る象徴ともいえる建物です。

また、建物そのものは奈良時代のものですが、鎌倉時代には大修理をうけ、昭和の時代にも大修理が行われました。八角形で8本の柱が立ち、内部では他にも国宝である観音菩薩立像、東院伽藍を建立した行信坐像、平安時代に東院の復興に尽力した道詮坐像が祭られています。いずれも国宝の文化財です。

奈良 観光スポット 法隆寺 夢殿

絵殿・舎利殿

夢殿の隣に建てられているのが絵殿、舎利殿です。絵殿、舎利殿は先にもご紹介しましたが、聖徳太子ゆかりの建物です。聖徳太子が2歳の時に東に向かって合掌を行った際に、その手の中からお釈迦さまの遺骨といわれる舎利が出現したという伝説がある建物で、舎利殿はその舎利が安置されているとされています。

こちらの建物は鎌倉時代に作られたもので重要文化財に登録されています。一方絵殿は、聖徳太子の生涯を描いたとされる絵巻が収蔵されています。この「聖徳太子絵伝」の障子絵は聖徳太子の生涯を描いた最古の絵巻ものとされており、のちの皇室に献上され、東京国立博物館に収蔵されているのです。

奈良 観光スポット 法隆寺 絵殿 奈良 観光スポット 法隆寺 絵殿

伝法堂。聖武天皇夫人の住宅

お次にご紹介する伝法堂は、聖武天皇の夫人であった橘古那可智の住宅であった建物で、仏堂として改造されています。こちらの建物も国宝として登録されています。

橘古那可智は奈良時代に権勢をふるった橘諸兄の姪にあたる人物で、通称橘夫人ともいわれた人物です。貴重な奈良時代の住宅遺構として目の当たりにできます。また、ここでは公開はされていませんが、多数の仏像が安置されているお堂としても知られており、貴重です。

 

東院鐘楼。こちらも国宝

東院にも西院と同様に鐘楼があります。この鐘楼も国宝に指定されています。建立された時代は鎌倉時代で法隆寺東院伽藍の隣にある中宮寺ゆかりの鐘楼です。

 

法隆寺へのアクセスと利用案内

奈良の観光エリアは、大きく分けると奈良駅周辺の一体と、奈良南部の橿原エリアに分けることが出来ます。法隆寺がある場所は、ちょうどその中間に位置している一体エリアで、基本的には車で回るのがおススメです。奈良の中心部である奈良駅周辺からは車で30分ほどで行くことが可能です。

また、カンデオホテルズ奈良橿原がある橿原駅周辺からも車で30分ほどで行くことが可能です。一方、法隆寺には電車とバスでアクセスすることが可能です。電車でアクセスする場合には、JR大和線、法隆寺駅で下車後、徒歩で20分、バスで5分ほどです。

JR大和線は、大阪のJR天王寺駅から21分、JR大阪駅から快速31分、JR奈良駅から13分でアクセス可能です。

法隆寺の利用案内

所在地:〒636-0115 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

電話番号:0745-75-2555

拝観時間:午前8時~午後5時(11月~2月は16時30分まで)

拝観料金:個人1500円、小学生750円

 

法隆寺と一緒に見たい周辺観光スポット

法隆寺は斑鳩地方の最大の観光スポットであり、ちょうど奈良の主要観光スポットである奈良北部の観光スポットと、奈良南部の橿原地方との中間地点にあります。そのため、両方のエリアとの組み合わせで回ると、より一層旅が充実したものになることでしょう。

また、法隆寺周辺にも同じく聖徳太子ゆかりのお寺があるので、そちらもセットで見てみてもいいでしょう。

 

法起寺

最初にご紹介するのが法起寺です。法起寺も聖徳太子ゆかりのお寺として知られています。因みに聖徳太子は7つのお寺を建立したと言われており、法隆寺をはじめ法起寺も聖徳太子が建立した聖徳太子建立七大寺の一つに数えられています。

また法隆寺の近くにあるのはこの七大寺の中では法起寺とお次にご紹介する中宮寺になります。法起寺も「法隆寺地域の仏教建造物」の一部として世界遺産に登録されています。

法起寺そのものは聖徳太子が没してから数十年後に建てられたお寺で、聖徳太子の子供であり、法隆寺の東院伽藍にあった斑鳩宮に住んでいた山背大兄王が開基とされます。そうした点から、法起寺は現在の法隆寺東院伽藍の北東に設けられました。

現在、創建当初の伽藍は失われていますが、三重塔が残されており、創建当時の伽藍配置も開明されており、ほぼ法隆寺とおなじような形式だったと言われています。三重塔は日本最古の三重塔といわれており、706年に完成した建物で、高さ24メートル、国宝に登録されています。のちにご紹介する薬師寺の東塔以外では、日本最大の大きさとされています。

法起寺は法隆寺東院から車で6分ほどの場所にあります。こちらも合わせて見られると聖徳太子ゆかりの場所として楽しむことができます。

 

中宮寺

聖徳太子ゆかりのお寺としてもう一つ挙げられるのが中宮寺です。中宮寺は、法隆寺東院に隣接するお寺で、こちらも聖徳太子建立七大寺の一つとされています。もともと創建当初は、現在の場所から東に400メートルの場所にあったとされ、16世紀末に現在の場所に移転しました。

創建されたのは法隆寺と同時期の607年ごろであったとされ、開基は法隆寺と同じく聖徳太子だといわれています。その作りは大阪にある四天王寺と同じような伽藍配置であったとされ、金堂が北にあり、塔が南にある伽藍配置です。

また、区画は現在は東院の隣にありますが、かつては東西130メートル、南北165メートルもの規模を誇っていました。

 

薬師寺

奈良の観光スポットを代表するお寺の一つが薬師寺です。薬師寺は法隆寺と同じくユネスコから世界遺産に登録されているお寺で、法隆寺からは車で20分ほどで行くことができます。奈良の主要観光エリアである奈良北部と、法隆寺へアクセスする途中で立ち寄ってみてもいいでしょう。

薬師寺は、その名の通り本尊に薬師如来を祀るお寺で、天武天皇が開基とされるお寺です。もともと天武天皇の時代に、飛鳥地方の藤原京に薬師寺は置かれていましたが、平城京へ遷都が行われた際に、現在の場所に移ったとされています。

その建立の切っ掛けは持統天皇の病気平癒を願って作られたものですが、天武天皇はお寺の完成を見ることなく崩御されました。その後伽藍の整備は持統天皇、その後の文武天皇の時代に引き継がれ、698年に完成されたとされます。

平城京へ移転したのが710年ですが、その後薬師寺も現在の場所に移されました。薬師寺の最大の見所はその壮大な伽藍ですが、何といっても国宝に指定されている巨大な東塔です。薬師寺の東塔は、奈良時代に作られた唯一の塔で、高さはなんと34.1メートル、日本に現存する五重塔としては、第4番目の高さを誇ります。

因みに1位は東寺の五重塔、2位は興福寺の五重塔、3位が醍醐寺の五重塔です。その伽藍の広さは広大で、入り口に入ると東に東塔、西に西塔、真ん中には巨大な金堂があります。金堂の奥には大講堂と食堂があり、朱塗りの建物と絢爛な装飾は圧倒的な迫力を誇っています。

薬師寺は薬師如来をまつっているお寺で知られていますが、薬師三尊像も国宝です。ちなみに、金堂や大講堂、西塔は現代にはいってから再建されたものですが、その巨大さには圧倒されることでしょう。こちらの薬師寺も世界遺産としておススメなスポットです。

薬師寺

唐招提寺

薬師寺から車で数分の場所にある唐招提寺もおススメです。唐招提寺も薬師寺や法隆寺と同様、ユネスコの世界遺産に登録されている一大観光スポットです。法隆寺が豪壮、薬師寺が豪華絢爛なイメージとは別に唐招提寺は、森に囲まれた美しいお寺です。

この唐招提寺は遣唐使で知られる鑑真が建立したお寺として有名です。鑑真はもともと唐の時代の僧侶ですが、奈良時代に聖武天皇からの要請に応じて日本に来日した僧侶です。日本は当時、中国から本格的に仏教を導入し、国の統治の指針として仏教をすえ、日本各地にお寺を建立していました。

そのさい、お寺の僧を養成するための制度や仕組みも唐から輸入したのです。そのために呼ばれたのが鑑真なのです。鑑真は戒壇院といわれる僧に戒壇を授ける機関を設けました。日本では、東大寺、大宰府にある観世音寺、栃木県下野の薬師寺がそうです。

この3つのお寺は天下三戒壇と呼ばれました。その後、鑑真は晩年をこの唐招提寺で過ごしました。記録では、天武天皇の第七皇子であった新田部親王の旧宅跡を朝廷から譲り受け、唐招提寺を建てたと言われています。その伽藍の大きさはもともと東西255メートル、南北245メートルにも及ぶ巨大なもので、金堂などは鑑真の没後に建立されたと言われています。

その後平安時代に一時衰退しましたが、鎌倉時代には復興されました。この唐招提寺にも多数の見所が登場します。第一に国宝である金堂があげられます。この金堂は奈良時代に作られたものとして、金堂としては唯一の現存する建物になります。

2000年に大修理が行われ、およそ9年かけて復旧が行われました。金堂と同じく国宝として知られるのが講堂です。公道はもともと平城京の東朝集殿を移築したもので、鎌倉時代にも改造されました。こちらも奈良時代の宮廷建築物として極めて貴重な存在で、堂内には多数の仏像が安置されています。

唐招提寺では他にも多数の国宝が存在します。金堂と講堂の東側にある鼓楼も国宝です。小さい2階建ての建物ですが、こちらは鎌倉時代に作られた建築物で、貴重です。さらに経蔵も国宝として奈良時代の倉庫建築が目の当たりにできるのです。

唐招提寺

まとめ

法隆寺は奈良の数ある観光スポットの中においても、日本の仏教建築の中でもかなり古いものを目の当たりにすることが出来ます。その歴史はおよそ1400年も昔の建物であり、南大門や西院伽藍、東院伽藍と多数の国宝が登場します。

また、法隆寺は聖徳太子ゆかりのお寺としてもしられ、聖徳太子とゆかりが深い建物が登場します。更にその今にも残るその巨大な伽藍は昔のお寺の規模がいかに大きかったかがわかることでしょう。奈良にある世界遺産の中でもおススメのスポットです。

法隆寺は奈良の観光スポットの中においても、主要エリアである奈良駅周辺の一体や橿原エリアのちょうど中間にあり、同じく世界遺産である薬師寺や唐招提寺などともセットで見るとより一層旅が充実することでしょう。