道頓堀のおススメ観光スポットと回り方

道頓堀。大阪の繁華街の代表

商人の町大阪の代表的な繁華街が道頓堀です。また同時に大阪を代表する観光名所として知られ、国内に限らず海外からも数多くの観光客が訪れます。また、くいだおれ人形やカニ道楽本店のように、道頓堀は、関西の食が一同に会する場所でもあります。

かつて江戸時代には天下の台所といわれた大阪ですが、その流れを今も引き継ぎ、そして巨大な食の観光スポットとして知られるのです。

また道頓堀は、その名の通り、道頓堀川の場所として知られ阪神タイガースが優勝した際にはファンが飛び込む場所としても有名です。この道頓堀川の周辺はとんぼりリバーウォークとして水の都としての風情が感じられる一体なのです。

そんな大阪観光の最大の名所である道頓堀の見所をご紹介しましょう。旅の最大の楽しみである食のメッカであり、大阪観光の代表とも言える場所は、一度は訪れておきたい観光スポットなのです。

大阪 観光スポット 道頓堀

道頓堀の歴史

道頓堀の名前は、この川を整備し開拓した人物からとられています。それが戦国時代の商人である安井道頓と言われる人物です。大阪が発展するきっかけとなったのは、豊臣秀吉が天下を取ってこの地に巨大な城を築城し始めてからですが、現在の道頓堀のあたりを整備し開拓したのが安井道頓です。

安井道頓は、自ら私財を投じて開拓し、その後大阪夏の陣で豊臣方に味方し討ち死にしました。しかし、その開拓した功績からこの堀に名前が付けられることとなったのです。江戸幕府は豊臣家滅亡後に新たに大阪城を築き、大阪城代を置くことで西国の中心とし、それに従って各諸藩も大阪に藩邸と蔵屋敷を設けました。

また大阪は大阪湾からそのまま水路で、大阪城の周辺まで入ることができるデルタ地帯であったことから、各藩が自らの物産を船を利用して大阪まで運び、この地で売るという経済体制が作り上げられました。このように各地の物産が集まることから江戸時代を通じて“天下の台所”といわれ、歌舞伎や人形浄瑠璃といった大衆娯楽も設けられるようになったのです。道頓堀はいわばその中心的な存在だったのです。

道頓堀は江戸時代から食と演劇の町

道頓堀の歴史でもご紹介したように、道頓堀は江戸時代から繁華街としての中心であり、天下の台所としての存在や、今でも続く演劇の中心として栄えたのです。ちなみに天下の台所としては諸藩の物産が集まるだけではなく、大阪近郊からも多くの特産品が集まりました。

例えば泉州の水茄子や玉ねぎ、河内の千両茄子、紅ずいき、空豆、石川小芋など、摂河泉の三カ国はものなりがよく多くの食材が集まったのです。

また、道頓堀に歌舞伎や人形浄瑠璃が出来ましたが、その賑わいは江戸にも勝るもので、江戸三座、浪花五座といわれるほどで、弁天座、朝日座、角座、中座、竹本座と5つの演劇座が存在したのです。

道頓堀は、さながらブロードウェイのような存在感で、この演劇の流れは現在の大阪松竹座、国立文学劇場、なんばグランド花月などに引き継がれているのです。

大阪 観光スポット なんばグランド花月

道頓堀の見所

それではここから道頓堀の見所についてご紹介しましょう。道頓堀は、上記でご紹介したように、食と演劇のメッカとして江戸時代から栄えてきましたが、その流れは現代の道頓堀にもそのまま活かされています。ここではそんな道頓堀の見所をご紹介します。

関西の食が一大集結。くいだおれの町

道頓堀の最大の見所が、くいだおれの町という点でしょう。冒頭でもご紹介したように、くいだおれ人形やカニ道楽など、関西の食が一同に集結する場所なのです。お好み焼きやたこ焼き、串カツなど、大阪名物といわれるグルメから、焼きそば、ラーメン、寿司など、あらゆる食が登場します。

御堂筋から堺筋までの通りには数えきれないほどのお店が立ち並び、大阪名物のグルメを堪能できることでしょう。

大阪 観光スポット 道頓堀 大阪 観光スポット 道頓堀 大阪 観光スポット 道頓堀

巨大看板と大阪ならではの雑踏の街並み

道頓堀の見所の一つが、巨大看板と大阪ならではの雑踏とした街並みです。冒頭でご紹介したかに道楽の看板や、巨大なグリコの看板、くいだおれ人形などは、今では大阪を象徴するキャラクターとして、多くの人に知られています。

また、道頓堀の街並みは、これ以外にも色とりどりの看板が立ち並び、さながらテーマパークのような雰囲気を楽しむことができるのです。

大阪 観光スポット 道頓堀 大阪 観光スポット 道頓堀

リバーウォークと川ぞいの夜景

道頓堀は、夜になるとさまざまな看板が光り夜の繁華街としての姿を現しますが、道頓堀ならではの姿として楽しめるのが、とんぼりリバーウォークといわれる道頓堀川沿いの遊歩道と景色です。とんぼりリバーウォークは、平成16年に作られたおよそ2kmの遊歩道で、歩いて散策できるだけではなく遊覧船にも乗ることが出来ます。

また周辺には多くのお店が立ち並び、水の都ならではの風景を楽しめます。

大阪 観光スポット 道頓堀

 道頓堀とセットで回りたい観光スポット

道頓堀は道頓堀川沿いをベースにした御堂筋から堺筋までの繁華街ですが、その周辺には多くの商店街があり、難波の町が広がっています。また、さきに道頓堀の歴史でご紹介したような道頓堀の魅力の一つである演劇を引き継いだなんばグランド花月なども道頓堀から歩いてほど近い場所にあります。ここでは道頓堀とセットで回りたいおすすめ観光スポットをご紹介しましょう。

 

心斎橋筋商店街

道頓堀がある一体は、難波の中心地で、その周辺は一大商業エリアとして多数の商店街が存在します。その最大のものとしてあげられるのが心斎橋筋商店街です。心斎橋筋商店街は「東の銀座」、「西の心斎橋」と称されるほどの一大繁華街として知られ、ファッションから食、あらゆる小売店がそろいます。

またその規模も長大で、道頓堀川から長堀通りまで続きます。そのアーケード商店街には、ZARAやユニクロ、H&Mといった大手アパレルチェーンから、多数のファッション、アクセサリのお店が登場します。また飲食店もさまざまな種類が登場し、更には化粧品、ドラッグストア、書店などなんでもそろいます。

 

法善寺横丁

道頓堀は、多くのお店が登場するメインの通り以外にも、さまざまなお店が登場します。そのうちの代表的なスポットが法善寺横丁です。法善寺横丁は、浄土宗のお寺である法善寺の周辺の通りで、独特の雰囲気のある横丁です。

もともとお法善寺は1637年に現在の場所に移って以来、地元の人々に親しまれてきたお寺で、千日念仏を行ったことから別名千日寺といわれ、難波を代表する商店街である千日前の名前は、この法善寺の別名からつけられました。

こうしたことから千日前は法善寺の門前町ともいえる存在です。そしてこの法善寺の周辺、境内の内部まで含めた通りが法善寺横丁といわれ、隠れた名店が存在しています。

大阪 観光スポット 法善寺横丁 大阪 観光スポット 法善寺横丁

千日前商店街

先ほど法善寺横丁でもご紹介しましたが、法善寺の門前町として発展した商店街が千日前商店街です。もともとその始まりは豊臣家が滅亡した大阪夏の陣に由来しており、1615年に豊臣家が滅びた後、この地に墓地を築いたことが由来しています。

当時は千日墓地といわれていましたが、道頓堀の発展と共に、飲食店や芝居小屋などが登場し、法善寺の門前町として発展を遂げました。その後近代に入ってからは難波駅の開業と共に一気ににぎわうことになり、ミナミの入り口として多くの飲食店やお店が登場します。

大阪 観光スポット 道頓堀 千日前

なんばグランド花月

道頓堀は江戸時代に歌舞伎座など多くの芝居小屋が出来た演芸の町ですが、その流れは今も町の至るところに引き継がれています。なんばグランド花月は、その代表的な存在といえるでしょう。よしもとクリエイティブエージェンシーが運営するこの劇場は、「お笑いの殿堂」のキャッチのもと、日本のお笑いの中心ともいえる存在です。漫才や芸人のコンクールである『M-1グランプリ』や『R-1ぐらんぷり』の準決勝の大阪会場としても知られ、多くの芸人が登場する場所です。チケットを購入しリアルな漫才やお笑いを目の前で楽しめます。

大阪 観光スポット 道頓堀 なんばグランド花月大阪 観光スポット 道頓堀 なんばグランド花月 大阪 観光スポット 道頓堀 なんばグランド花月 大阪 観光スポット 道頓堀 なんばグランド花月

国立文楽劇場

道頓堀は歌舞伎以外にも人情浄瑠璃が盛んだった場所として有名です。その人形浄瑠璃のための劇場として建てられたのが国立文楽劇場です。文楽とは、大阪の文楽座の流れを引く人形浄瑠璃で、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」にも掲載される無形文化財にも指定されています。人形と浄瑠璃を使った人形劇であり、日本を代表する伝統芸能の一つです。ここ国立文楽劇場は、その人形浄瑠璃の本場の地として、楽しめます。

 

大阪松竹座

もう一つ道頓堀の周辺にある劇場として楽しめるのが大阪松竹座です。こちらは道頓堀の劇場である「道頓堀五座」(浪花座、中座、角座、朝日座、弁天座)には含まれませんが、歌舞伎や演劇などの劇場として楽します。またこの大阪松竹座はもともと映画館として作られたもので、日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館としても知られました。

なんば駅周辺

道頓堀はなんば駅にも近い場所にあります。なんば駅は周辺は、先にご紹介した千日前商店街など多くの商店街があるだけではなく、商業ビルも多数存在します。大阪高島屋が駅ビルですが、それ以外にも新たにできた、なんばCITYでは多数のお店が入るショッピングモールとして楽しめます。また、駅前には映画館であるTOHOシネマズもあり、エンターテイメントの中心として楽しめます。

大阪 観光スポット なんば 大阪 観光スポット なんばシティ

 

まとめ

道頓堀は、大阪観光の中心として、食と芸能という二つの点からバリエーション豊かな感呼応が楽しめます。食では、くいだおれに象徴されるように、大阪を代表するお好み焼き、たこ焼き、串カツといった多数のグルメが登場します。また、芸能の分野ではお笑いの殿堂であるなんばグランド花月や、国立文楽劇場といったスポットが楽しめます。更に周辺には心斎橋筋商店街や千日前商店街、難波駅周辺と、数多くの商店が立ち並びきっと充実したものになることでしょう。

カンデオホテルズ大阪なんば