水の大自然の体感スポット。八ヶ岳南嶺と清里の目玉「吐竜の滝」

八ヶ岳南嶺の大自然と水の美しさを堪能、吐竜の滝

高原地帯を堪能できる観光スポットとして有名な八ヶ岳。八ヶ岳は長野県から山梨県に至るまでの長大な山々の総称です。この八ヶ岳の周辺は高原や大自然が堪能できる観光スポットが目白押し。特にメインのスポットは八ヶ岳北嶺と南嶺で分かれていますが本日は八ヶ岳南嶺、すなわち山梨県の清里中心の観光スポット、吐竜の滝をご紹介しましょう。

清里といえば八ヶ岳南嶺を代表する高原観光スポットですが、ドライブコースである八ヶ岳高原ラインを中心にさまざまなスポットが存在します。中でも吐竜の滝は、清里の大自然と美しい滝の景色が満喫できる隠れたスポットとして有名です。吐竜の滝では岩からいく筋もの白い糸のような水が流れ落ちる独特の景色を目の当たりにできます。

また、この吐竜の滝一体は、水源として自然観察が堪能することができる散策コースとして楽しむことも可能です。八ヶ岳ならではの高原の涼しさもいいですが、森林と水源に囲まれた滝ならではの涼しい散策もこの八ヶ岳の目玉。ドライブがてらに立ち寄られて堪能してみてはいかがでしょうか。

長野 八ヶ岳南嶺 おすすめスポット吐竜の滝へのアクセス

吐竜の滝は八ヶ岳高原ラインから少し外れた場所にあります。電車で行くことは難しいので、車で吐竜の滝駐車場まで行き、そこから徒歩で10分ほど歩いてアクセスします。

ちなみに、ここ吐竜の滝の駐車場は、吐竜の滝単体だけではなく、水源を辿る散策コースのスタート地点としても使用することができ、八ヶ岳南嶺の大自然と水源を辿る散策を楽しむことができます。カンデオホテルズ茅野からは高速道路を使って約45分ほどで行くことができます。八ヶ岳北嶺は茅野市から諏訪市にかけてですが、南嶺の清里付近まで足を伸ばして堪能するのもオススメです。

高さ10メートル、幅15メートルの幻想的な滝の景色が見もの

吐竜の滝は駐車場をとめて、森の中を10分から15分ほどすすむと登場します。このあたり一体は川が流れ水源として知られるスポットであることや、大自然に囲まれていることから、とても涼しく、水の大自然を体感できます。

散策路自体はそれほど険しい道ではなく、子供でも歩ける平坦な道。小学生の遠足にも最適で多くの子供たちが訪れていました。森の中を進むと登場するのが、高さ10メートルもの高さから流れ落ちる吐竜の滝で、15メートルにもおよぶ幅から流れ落ちる幾筋もの滝は独特の風景を味あわせてくれます。

特に巨大な岩石と生い茂る木々で囲まれた滝の姿は、他の滝にはない吐竜の滝ならではのもので、竜が何匹も下る様を連想させます。

長野 八ヶ岳南嶺 おすすめスポット

貴重な階段水路や水路トンネルが見れる2時間の散策コース

この吐竜の滝は、滝自体を見に行くことでも充分価値がありますが、一方で、水源の散策コースとしても堪能することができます。この吐竜の滝駐車場をスタート地点にして、階段水路と言われるゴールまでの約4キロのコースは、村山六ヶ村堰疏水の散策コースとして知られ、江戸時代からつくられた灌漑用水、生活用水の用水路をみることができます。

ちなみに、六ヶ村とは、旧村山北割村、村山西割村、村山東割村,蔵原村、小池村、堤村の六ヶ所の村のことで、この六ヶ所にまたがる灌漑用水を見る2時間の散策コースです。吐竜の滝はその散策路の最初のスポットとしても知られ、美しい水の景色を味わえます。

この散策コースでは大自然に囲まれる部分から、今でも灌漑用水として使われる整備されたスポット、珍しい水路トンネル、急傾斜の階段水路、水路橋など、水が織り成す貴重な建造物と他ではなかなかみることができない用水路の姿を目の当たりにできます。時間のある方は、吐竜の滝から更に進んだ水路ならではの散策コースを楽しまれてはいかがでしょうか。

長野 八ヶ岳南嶺 おすすめスポット

まとめ 隠れた水源観光

吐竜の滝の見所は、新緑の始まる5月から始まり、紅葉が見頃となる10月下旬から11月中旬まで楽しむことができます。大自然と水路、滝が織り成す風景は八ヶ岳南嶺ならではのもの。

貴重な水の観光が楽しめます。また、ちょっと足を伸ばせば、江戸時代から灌漑用水路として整備された階段水路や水路トンネルの散策コースも堪能できるほど。八ヶ岳の高原がメジャーだとすれば、こちらの水源観光は隠れたオススメスポットと言えるでしょう。