松山観光のシンボル、一度は乗ってみたい坊ちゃん列車

松山観光のシンボル、坊ちゃん列車

松山城や道後温泉、夏目漱石や正岡子規に因んだ観光スポットが数多く存在する松山。歴史や温泉、文学の街として一度は訪れてみたい場所が目白押しですが、こうした松山観光で欠かすことができない移動手段が路面電車です。

路面電車がある街は札幌や函館、富山のLRT、東京の荒川などがありますが、ここ松山では一般的な路面電車とは違い、ここでしか乗ることができない大変珍しい路面電車があるんです。

それが坊ちゃん列車と言われる蒸気機関車をモデルにした路面電車。通常の路面電車での移動も、路面電車がない街の人々にとっては珍しい存在ですが、かつての蒸気機関車の形をした路面電車はここ松山でしか乗ることはできません。

本日は松山観光のシンボル、一度は乗ってみたい坊ちゃん列車をご紹介します。

坊ちゃん列車

坊ちゃん列車に乗るには

坊ちゃん列車は、松山市内を走る路面電車と同じ路線で乗ることができます。ただし、通常の路面電車とは違い、運行本数が決められており、乗車できる駅も決められています。

基本的な運行ルートは2種類で、第一のルートが道後温泉から大街道を経由して松山市駅までの往復ルート。第二のルートが道後温泉から大街道、JR松山駅前を経由して古町まで行く往復ルートです。

松山にはJR松山駅と松山市駅という2種類の駅がありこの二つは別々の駅なので注意が必要。通常の路面電車であれば、途中にある他の駅でも乗車できますが、坊ちゃん列車は、上記5つの駅、道後温泉、大街道、松山市駅、JR松山駅前、古町でしか乗車することができません。

降車に関しても上一万、南堀端の駅でしか降りることができないので注意が必要です。この坊ちゃん列車は基本的に2車両しかないため運行本数は限定されています。また車両点検などによって運行する車両の数が1両になる場合もあるため、詳しくは時刻表や駅に問い合わせてみるのがいいでしょう。

坊ちゃん列車の乗車駅でもある大街道駅はカンデオホテルズ松山大街道の目の前です。是非松山のホテルはカンデオホテルズ松山大街道をご利用ください。

ちなみに通常の路面電車は料金が160円ですが、坊ちゃん列車は大人300円、子供200円です。

大街道駅はこちらです

ディーゼルエンジンで蒸気もだす、明治時代そのままを再現

坊ちゃん列車は、かつて明治時代の松山に走っていた蒸気機関車で夏目漱石の小説、坊ちゃんにも登場してくることから、こうした愛称が付けられました。当時は18台もの蒸気機関車が石炭の黒煙を上げながら運行していましたが、現在はディーゼルエンジンで動くタイプのもの。

面白いのが、このディーゼルエンジンの坊ちゃん列車が煙突から煙に見立てた蒸気をだして走行しているという点です。環境に配慮しながらも、往年の姿をそのまま再現しているこだわりがうかがえます。こうしたこだわりは車両だけではなく乗員の制服にも反映されており、当時の駅員さんが着ていた黒い詰襟服で、明治時代の蒸気機関に乗り込んだ感覚が味わえます。

2種類の車両は、それぞれ機関車仕様となっており、明治21年製の1号と明治41年製の14号の2台。両方とも動力はディーゼルで、サイズや機能は全く一緒です。見た目では煙突や給水筒、蒸気溜加減弁などのデザインが微妙に異なり、ぱっと見はわかりません。

坊ちゃん列車

見た目は明治時代の列車をそのまま復元

坊ちゃん列車

内部の乗客席も忠実に再現

坊ちゃん列車

通常の路面電車とともに普通に走っています

坊ちゃん列車

ディーゼルで動くので環境にも安心

圧巻の人力転回作業

坊ちゃん列車は、車両や蒸気、乗員の制服に至るまで、文明開化の蒸気機関車を見せてくれますが、そのこだわりは列車の転回にも見て取れます。坊ちゃん列車で終点の駅まで行くと、往復するための車両の転回作業を行うのですが、それがなんと人力で行っているのです。

機関車本体と乗客が乗る列車を切り離した跡、機関車本体はジャッキのようなもので持ち上げ方向転換、その後位置を入れ替えて切り離した車両を再び接続します。車両の転回も移動も全て乗務員の方が人力で押してつなげている姿は圧巻でした。坊ちゃん列車に乗って終点まで行った際にはこの人力転回も見ることができます。

坊ちゃん列車

まずは車両を切り離し

坊ちゃん列車

ジャッキで持ち上げ人力で回転

坊ちゃん列車

手作業で行っています

坊ちゃん列車

その後客車を押して車両の後ろに持っていきます

坊ちゃん列車

再び合体

坊ちゃん列車

その後道後温泉駅のプレート前に移動です

松山市内の観光や移動には路面電車がオススメ

松山ではこの坊ちゃん列車に限らず路面電車が主要な交通手段として利用されています。運行本数も非常に多く、車両もバスのような従来型と、シャープな新型車両と2種類あります。

自動車の走る車道と普通に溶け込んで路面電車が走行していく様は、路面電車がない街に住んでいる人にとっては不思議な雰囲気。百貨店や商店街が立ちならぶ松山市駅や、松山城の入口やロープウェー街、萬翠荘などがある大街道、さらには道後温泉地域と、松山市内の観光スポットを回るにはこの路面電車がオススメです。

料金もどこまでいっても一律160円なので重宝しますね。

路面電車 

市内の移動には路面電車が超便利、オススメです

まとめ

松山は坊ちゃん列車や路面電車が走る街として、他の観光スポットと合わせレトロな感覚が味わえます。松山城や二ノ丸庭園といった江戸時代の建築物や、道後温泉の観光や坂の上の雲関連など明治時代の建物が多く残ることから、明治大正と現代がうまく溶け込んだ雰囲気を出しています。そしてその各地の観光スポットを結ぶのが路面電車と坊ちゃん列車だと言えるでしょう。松山観光のシンボルとして是非オススメです。

松山の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ

愛媛県の観光をもっと楽しむにはこちらの回り方の記事もどうぞ