福岡市赤煉瓦文化館

福岡市赤煉瓦文化館。明治時代の建築が見所

九州最大の都市である福岡の博多。博多は博多エリアと天神エリアという二つの一大都市エリアで分かれています。中でも天神エリアは商業の中心として、多くの若者が集まる繁華街としても有名です。数多くの百貨店や飲食店が立ち並び、常に流行の中心地である天神エリアですが、実は昔ながらの建築物や歴史や文化に関する観光スポットが数多く登場するエリアでもあるのです。

今回ご紹介する福岡市赤煉瓦文化館は明治時代から残る建築物として貴重な姿を目の当たりにできます。またレトロな雰囲気から現代の街並みにもマッチし、博多という町の奥深さを感じさせてくれることでしょう。

因みに赤煉瓦の建物と言えば、東京駅や横浜の赤レンガ倉庫など明治時代にちなむ建築物が有名ですが、今回ご紹介する福岡市赤煉瓦文化館はそんな東京駅にも関連する著名な人物が作った建築物なのです。

福岡市赤レンガ文化館

福岡市赤煉瓦文化館の見所

福岡市赤煉瓦文化館には多数の見所が登場します。第一にこの赤煉瓦の建物は日本の建築家として代表的な人物である辰野金吾が設計した建物です。更には貴重な内部の姿なども目の当たりにできます。

東京駅の設計者、辰野金吾が手がけた赤レンガの建物

ここ福岡市赤煉瓦文化館を作ったのは、有名建築家辰野金吾です。辰野金吾は明治時代を代表する建築家として知られ、いわば日本の近代建築の幕開けを作った人物です。彼はその生涯で数多くの建物をつくり、多くが現代にも残されている建物が存在します。まさに近代日本を象徴する建築家といえるでしょう。

辰野金吾はもともと佐賀藩の下級武士の子としてうまれ、14歳の時に明治維新を迎えます。その後現在の東京大学工学部の前身である工部省工学寮に18歳の時に入学、当初は造船を学ぶ予定でしたが、建築へ身を転じます。建築学科(当時は造家学科)を主席で卒業し、イギリスに留学します。日本に帰国後は東京帝国大学で教鞭をとるとともに、数多くの建築物を世に残しました。

例えば辰野金吾が設計した建物として代表的な存在が東京駅などがあげられます。また、国会議事堂も彼が設計を行いました。更に日本銀行本店をはじめとする日本各地の銀行や企業のビル、集会所なども手がけました。この福岡赤煉瓦文化館ももともとは旧日本生命保険株式会社九州支店として建てられたものです。建設されたのは明治42年、1909年のことで辰野金吾が54歳の時でした。

福岡市赤レンガ文化館

福岡市赤レンガ文化館

会議室や喫茶室の有料予約制で利用できる

この福岡赤煉瓦文化館は、もともとは、1909年に日本生命九州支店として建設されたものです。その後、太平洋戦争後にも残り、戦後も日本生命九州支社のオフィスとして使用されていましたが、1969年に建物が国の重要文化財として指定されるにおよび、日本生命が移転し、建物の管理は福岡市に譲渡されました。

福岡市はこの建物を福岡市歴史資料館としてオープンし、20年近く歴史博物館として一般の人々に公開し利用されていましたが、博物館機能が拡大するに及び福岡市博物館に移転しました。そして2002年から福岡市文学館として再開館したのです。

その最大の特長は、赤レンガと白い石材を組み合わせた英国スタイルの外装デザインと、アールヌーボー様式の内装と明治時代当時に流行した英国様式がふんだんに取り入れられたスタイルです。アールヌーボーとは、19世紀から20世紀にかけてはやった芸術活動で「新しい芸術」を意味しています。分野は建築だけではなく工芸品やグラフィックまで幅広く、パリから開始しました。

因みにアールヌーボーの成り立ちには日本の有名な浮世絵師葛飾北斎が影響を与えたと言われています。福岡赤煉瓦文化館は、外だけではなく内部の喫茶室や会議室などはどれも有料・予約制で利用することができます。

福岡市赤レンガ文化館

もと日本生命九州支店

アクセス

福岡市赤レンガ文化館へのアクセスは天神駅からのアクセスが最も便利です。天神駅からは徒歩でたった5分の距離に位置しています。もちろん、カンデオホテルズ福岡天神カンデオホテルズ ザ・博多テラスからも歩いて10分程度で行くことができます。カンデオホテルズにお立ち寄りの際にはぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

カンデオホテルズ福岡天神から福岡市赤レンガ文化館はこちらです

カンデオホテルズ ザ・博多テラスから福岡市赤レンガ文化館はこちらです

福岡市赤煉瓦文化館の利用案内

所在地:福岡市中央区天神1-15-30
TEL:092-722-4666
営業時間:9時~21時
定休日:月曜日(祝日のときは翌日)、年末年始(12月28日~1月4日)

福岡市赤煉瓦文化館のおススメ周辺観光スポット

福岡市赤煉瓦文化館は、福岡の一大観光スポットである天神エリアの中心にあります。その周辺にはさまざまな観光スポットが登場し、同じく明治時代の建築物である旧福岡県公会堂貴賓館や天神中央公園、警固公園や福岡美術館、中洲などが登場します。ここでは福岡市赤煉瓦文化館のおススメ周辺観光スポットをご紹介します。

天神中央公園

福岡天神を代表する公園が天神中央公園です。天神中央公園は福岡市赤煉瓦文化館から歩いて5分ほどの場所にある公園で大都会である福岡天神の憩いの場として利用することができます。この公園は東側に福岡市役所があり、南側にはアクロス福岡があり、中洲まで続く大きな公園で、総面積は31000㎡に及びます。

天神中央公園の最大の見所がアクロス福岡と一体化した巨大なランドスケープです。ランドスケープとは景観という意味ですが、近年ではランドスケープアーキテクトというように造園空間としての意味があります。天神中央公園はこの造園空間が楽しめる憩いの場としてさまざまな利用がされています。

中央には広大な芝生の広場があり、周囲には色とりどりの花々が植えられており、天気のいい日や暖かい日にはここで過ごす人の姿が多くみられます。また天神にはこれほど広い場所がなかなか少ないためイベントスペースとしても利用されたり、さまざまな催しものが開催されています。

天神中央公園

天神中央公園と二つで一つのランドスケープを形成する

天神中央公園の利用案内

所在地:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1
電話番号:092-716-6730
天神駅から徒歩約2分

旧福岡県公会堂貴賓

天神中央公園は芝生とランドスケープがあるエリアが中心ですが、中洲に近い那珂川沿いにも他にはない見所があります。それが旧福岡県公会堂貴賓館です。旧福岡県公会堂貴賓館も福岡市赤煉瓦文化館と同じく明治42年1909年に作られた国の重要文化財です。福岡市赤煉瓦文化館がアールヌーボー様式ならば、こちらの旧福岡県公会堂貴賓はフレンチ・ルネッサンス様式といわれる建物が特長です。

フレンチ・ルネッサンス様式とはルネッサンス建築のフランス版で、イタリアの文化復興を意味するルネッサンスの流れを受けた建築です。因みにルネッサンスではイタリアのフィレンツェから始まった運動で、ミケランジェロなどがその代表的な存在です。旧福岡県公会堂貴賓は土木技師である三條栄三郎によって設計され、もともと九州沖縄八県連合共進会の来賓接待所として建設されたものです。

いわば迎賓館としての役割を果たしており、そのさいには皇族の閑院宮熾仁親王が宿泊され、更には時の皇太子殿下も宿泊されました。また中国の革命家で有名な孫文も逗留したと言われています。その後この迎賓館は太平洋戦争注に福岡連隊の司令部が置かれ、戦後は高等裁判所、福岡県律水産高等学校、福岡県教育庁舎などに利用され、1984年に国の重要文化財に登録されたのです。

見所は外からのフレンチ・ルネッサンス様式の建物も見所ですが、こちらは内部に入ることが可能で、貴重な木造建物を見ることができます。1階には食堂や遊戯室、電話室、応接室などがあり、2階には同じく食堂や談話室、寝室、貴賓室、広間などがあり明治時代の貴重な迎賓館が登場します。更に内部では明治の迎賓館の雰囲気を楽しみながらお茶が飲めるカフェが利用可能で、他では体験できない空間を味わえます。

旧福岡県公会堂貴賓館

旧福岡県公会堂貴賓館の利用案内

所在地:福岡県福岡市中央区西中洲6番29号 
TEL:092-751-4416
開館時間 9:00-18:00
休館日:月曜日(月曜日が休日のときは翌日、及び12月29日から1月3日まで)
入館料:大人200円 、児童100円(15歳未満)

警固神社と警固公園

福岡天神の公園として天神中央公園と同じく代表的な存在が警固公園です。警固公園は天神駅前にある公園で、警固神社と隣り合わせで登場します。警固神社はもともと福岡城のあたりにありましたが、黒田長政が福岡城を築城するために現在の場所に移されたとされています。この警固神社と警固公園は周囲を駅ビルや百貨店に囲まれており、待ち合わせやイベント場所として利用されたり、冬の季節にはイルミネーションの一大スポットとして人気のエリアです。

警固神社

まとめ

今回ご紹介した福岡市赤煉瓦文化館は日本の建築界を築き上げた辰野金吾の代表作として貴重な姿を目の当たりにできます。これまでご紹介したように、辰野金吾が手がけた建造物は、国会議事堂や東京駅や銀行、企業のビル、専門学校や国技館、ホテル、など多数に上りますが、その全てが現存しているわけではありません。

その中には既になくなってしまっているものも多く存在します。その中において現存する福岡市赤レンガ文化館は国の有形文化財にも指定されている大変貴重な建物で福岡天神を代表する観光スポットの一つです。ぜひ福岡にご訪問の際には一見の価値ありの観光スポットです。

予約バナー福岡

予約バナー博多